後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【自治会_掲示板】
2016-02-07 Sun 18:09
越谷市平方の自治会より、アンオフィシャルな塗装依頼が来たぜ。

風雨にさらされ、掲示物をピン止めする板(ベニヤ、3㎜厚 と思われる)が劣化。
ケバケバ・ペリペリ・
画鋲が刺さらない/抜けちゃう。

と言う事で、安直に業者に見積依頼したら
「3万だ」 と言われたそうだ。

今期予算では無理、となって流れた案件だが、
「やれるよ…」 と後藤が言ったために再度実施の運びとなった。

研磨後
<いい感じにボロい>
―――――
<リンク>
【Christ's Church Co.Shigaya 越谷キリストの教会】
【Christ's Church Co.Shigaya の行なう事業について】
【Million House(百万家 ミリオンハウス)】
【銀カフェ】
【CCC 自習塾】
―――――

手抜き流・やり方:

H28年1月20日
①古釘などを抜く
②ワイヤブラシ、金ベラ、サンドペーパーなどで、古いペンキを落としていく
③ひび割れなどはパテ(今回はコーキング材)で目地埋め
④パテ(コーキング)乾くのを待つ

いい感じにボロい
<さびれた感じだぜ。平方の住民、たぶん平均年齢 65歳超えてる過疎地だからな…>

土台_コーキングしてみた
<木の脚部分とコンクリ土台の間に隙間が。コーキング、あまり保たないけどやってみたぜ>

ひび割れもコーキングしてみた
<ひび割れもね>

同年2月7日
⑤もう一度サンドペーパーで表面を均し
⑥おもむろにローラーで塗る
⑦強風のためモタモタできず、ざっくり一度塗り
(乾燥速度が速く、塗り重ねようとするとムラになる故)

塗り後
<驚きの・素人赤さに!>

屋根部分
<屋根もこれで耐水性アップじゃね>

塗り後背後
<背面も赤いぜ>

アップ
<ま、目立つよね。目立ってナンボよね>

今後
⑧屋根・脚・外殻部分、乾燥した上から、もう一度同色で塗装
⑨現状、掲示物を貼っているヘロヘロベニヤは外殻より 12㎜位窪んでいるため、コンパネの切れ端を加工、下地を作る
⑩実際に掲示物を貼るベニヤ(コンパネ 6㎜厚)を、上下左右 30㎜ずつ余白を取ってカット
⑪そうです、古いベニヤの上から被せて貼っちゃうつもりです
⑫新ベニヤにオフホワイトを塗装、乾かして2回塗る
⑬新ベニヤを木ねじ(ステン)で止める

こうすれば新ベニヤ/コンパネがヘロヘロになったとき、ねじを外してもう1枚取り付けることは容易。
最悪、もう少し大きめにカットしたコンパネを貼れば、ねじ穴も隠れる。

最終段階は今週水曜に施工予定。雨降るなよ。

―――――

ペンキ塗ってみて分かる事:

「ペンキ塗り」は、以前の後藤にとっては未知のスキルだった。

「素人が手を出してはいけない領域」に、ペンキ塗りも属していた。

だが、松戸の物件でひたすら剥がして塗る、塗り重ねる、シーラントかけて塗る、等繰り返すうち、

「なんだよ、塗れるじゃん…」

と、素人思うようになってきた。

ま、素人塗りは後あと痛い目を見るのかもしれないが、
また塗ればいい。それが、素人の強さ。

何でも、最初から 100点満点目指していたら、おそらく挑戦などできない。

及第点の70、いや60点狙いでやっちまって、ともあれ場数を踏む必要がある。

そうすればいつしか、自分のスキルセットが増大し、
現場での応用力が付き、
ネットなどで公開されている情報を見ても、より多くを吸収できる。

あなたの住んでいる場所にも、
自治会があり、高齢者がおり、塗られるべき掲示板があるかもしれない。

そんなとき、「やれるよ…」 と言って、進んで助ければいいじゃないか。

やれる奴が希少な組織、企業、教会、地域コミュニティ…は、山ほどあるからさ。
あなたの助力が求められているぜ。
スポンサーサイト
別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【後藤の今日の戦禍】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 〈マイナス金利、何が起こる?〉>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。