後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
〈マイナス金利、何が起こる?〉
2016-02-02 Tue 19:34
マイナス金利、銀行へのダメージ:

中銀がマイナス金利の幅を大きくしていけば、(中略)それによって銀行など、俺たちの生活に関係する金融機関の収益も圧迫される。

銀行側としては、個人の預金金利もマイナスにしていきたいのはやまやまだが、そうなる(=預けておくと目減りする)と預金逃避など副作用が出てくる。銀行としては選択できない手だ。

別次元の銀行へのダメージ:
①日銀が銀行の持っている国債を、買いまくった
②その報酬として、銀行は〈日銀が刷った円〉を受け取った
③日銀の国債保有率、30%超
④発行されたての国債も、日銀が全部買っちゃう
⑤銀行が受け取った〈例の円〉、貸す当てもない(つまり、企業が増産・設備投資等する予定も意欲もない)ので、日銀に預けておく
⑥そこへ来てのマイナス金利
⑦せっかく日銀に預け塩漬けにしてやろうと思っていた〈例の円〉、預けているだけで金利を取られる金食い虫に
⑧日銀は銀行から「安全牌」の国債を取り上げ、「安全牌」の日銀預金も封じて、〈例の円〉を市中にばらまかざるを得なくした

タイミングも含め、これは狙って実行した確信犯罪だろう。梯子を外された銀行は、預金者にでもあたるしかなくなる。...


個人へのダメージ:

ただ、個人へのコスト転嫁は勿論やりますよ!
例えば、ATM手数料・住宅ローン金利の引き上げを検討する。
預金金利を下げる。定期組んでも、下げる!(*e.g.ソニー銀行は2月1日、年0・020%だった普通預金の金利を大幅に引き下げ、年0・001%に。10万円を1年間、普通預金に置いたままだと、1円しか利息がつかない。!)
口座管理手数料と称して、口座を持っているだけで手数料を課金する。

また中小企業への貸出を減らす。等。

こうして、日本国民にもマイナス金利のしわ寄せは来る。ふつーに。




ーーーーー

年金へのダメージ:

マイナス金利の副作用をもう一つ。黒田が喧伝するところの、〈ポートフォリオ・リバランスを促す〉について。

マイナス金利を受け、銀行、生命保険、年金機構など大口の機関投資家も、
国債一辺倒だった資産内訳を株、社債、金、不動産、新興国の国債、商品先物~リスク回避のオプション取り引きまで、多様化せざるを得なくなる。

だが、例えば今回のように、金融市場の暴落(2016.1月)があれば上記のような投資案件は@言う間に評価損になってしまう。

景気へのダメージ:

「年金機構が8兆円(/135兆)の損失」等、報道で叩かれたのは記憶に新しい。

そうしたニュースに対する国民の反応はどうだろう?評価益・評価損両面の公平な情報開示もなく、ただ年金が目減りしたとだけ告げられた民の反応は...。

①消費はますます減退、
②人々は貯金に励み、
③日本は更なる不景気へ...と言うシナリオが待っている。
「国民総不安社会」となるのを容認して、一体誰を儲けさせている?

ーーーーー

欧米でのダメージ:

既にマイナス金利を導入して久しい欧米で、上記のような事が既に起きている。
市民へのアンケート調査(ING)の結果は、俺たちの近未来予想図を示しているのだ。

①「銀行に預けていても、目減りしてしまう→じゃあ引き出して使っちゃおう」と言う馬鹿は殆どいない。
(*ロシア人なら、そう言って現物に替えるだろう。彼らは経験し過ぎている...国家経済の破綻を)

②「株式などの代替投資手段に資金を回す」のが唯一ポジティブであり、

③「安全な場所に移す」(タンスであれ、ケイマンであれ)
④「より多く貯金する」
というデフレ意見が多数を占めた。

INGのこのレポートは「マイナス金利政策は、人々にネガティブな反応を起こさせる」と結論している。

ーーーーー

円へのダメージ:

マイナス金利、また別次元の動機。

日銀のマイナス金利政策の意図は「円安誘導」にある。

と海外のメディアは詠んでいる。

筋書はこうだ。
日銀が国債の大半を買い占めてしまうため、
市場では国債が足りない、
買いたくても買えない、
という事態が出てくる。既に起きている。それが〈日銀の国債保有率30%超〉時点。

そうやって、銀行や年金ファンドなどを国債市場から追い出し、より高リスクの資産、株や社債(企業が恩恵)へ、そして海外の資産・債権へと運用資金を振り向けるように促す。則ち〈リバランス促し〉。先述の通り。

ここからがミソだ。
国債が買えなくなった機関投資家が、海外の資産債権を買う際に、

●円を売って
●相手国通貨を買い、
●その資金で投資する、

と言う事になる。円が売り浴びせられれば、円の相対的価値は下がる。

目立たなくしているが、この部分が実は本命の「円安誘導」ではないのか。と言うのが海外メディアの推理だ。

ーーーーー

再バブル 幻想ダメージ:

だが、異次元刷りまくった円紙幣が、

国内で既に飽和し、
かつ世界市場にも流出すれば、

いびつな形で○○バブルが演出されるだろう。それが黒田日銀の狙いだ。

ーーーーー

俺たちの分岐点:

俺たち団塊IIは、
バブル崩壊の理不尽なダメージを身体で覚えている。

今回の暴落の後/ほとぼりが冷めた頃、また「奴ら」はバブルを仕掛けて来るだろう。

バブル波に乗っかって儲けても、
下り時を誤らないようにしたいものだ。

...え、乗っからない?
ああ、それは選択肢にないんだ。

と言うか「散々食い尽くされて死ぬ」しかないので。座死待。

だから、今この瞬間に、決めて欲しい。そして、「一か八か」にならないだけの、自分教育を始めて欲しい。

10年後、20年後の人生が、
もし主の御恵みにより、
俺たちに与えられているのなら。

その実り度合いを決定するのは、今日の、あなたの決断だ。
スポンサーサイト
別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【自治会_掲示板】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 〈喫煙者、万歳!〉>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/