後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【最難関 二つ】
2015-11-08 Sun 22:25
ボロネーゼ⑥の復旧作業の中で、後藤が未経験ゆえに難関と思っていた箇所が二つ。

A. ベランダのサビ落とし・ペンキ塗りと、
B. 小型犬と思わしき小動物に引っかかれた土壁の処理。

貰った連休で何とか、形になってきた。

ベランダ_鉄部サビ
<見ての通り、このままだと大変印象が悪い>
―――――
<リンク>
【Christ's Church Co.Shigaya 越谷キリストの教会】
【Christ's Church Co.Shigaya の行なう事業について】
【Million House(百万家 ミリオンハウス)】
【銀カフェ】
【CCC 自習塾】
―――――


まぁ何だ、ともあれ古ペンキを剥がすわけだが、低レベルの後藤の装備が「鉄のヘラ」「ワイヤーブラシ」のみなので、ひたすら力でこそげ落とす。その作業、計 2.5日くらい。

南側ペンキ剥がし

大変な労力と時間のかかる作業。この時後藤は改めて、人類には、サンダー(“サンド(ヤスリ)を掛ける”小型回転器。ノコみたいにも使える)という便利な文明利器があるのを理解した。

ベランダ_下階から

やっぱこういうアングルで見たお客さんは、嫌な顔するよね。

サビ止め

ということで、古ペンキ・サビを剥がし終わったら、サビ止めを塗るのだ。

その上に、オフホワイト(白)

その上から明るい色を塗る。塗り斑無いように11月7日時点で約 1.5 回塗ってある。

―――――

1F 和室の土壁に関しては、複数の選択肢があったように思う。

①土壁はそのままに、その上にベニヤを釘で打ち付け、その上にクロスを貼る
(その際、ベニヤと柱の高さ/面を合わせ、柱ごとクロスを貼ってしまえば、一見洋室風の見た目に。)
②土壁の土を一旦削り落とし、新たに土壁(「京壁」という商品)を左官工事
③現行の土壁にシーラー(=下塗り用アクリル樹脂。砂材の固着化・塗料の載りを改善)を塗り、その上にペンキを塗る

今回色々検討したが、輸送能力のない、左官スキル Zero の後藤は ③を選択した。
ちょうどペンキ塗りのレベルが上がりつつあったので、その勢いが背中を押してくれたこともある。

ともあれ、こんな感じになりました。

土壁_シーラー2

シーラー、一度目の塗り。

シーラー2度塗り

シーラー、二度目の塗り。壁面、若干テカリというか、硬質の装いが出始める。

1F 和室の壁2

その上におもむろに、カインズホーム自社ブランドの水性ペンキ“オフホワイト(2L ¥1,980円)”を刷毛&ローラーで塗る。

ライトベージュ。いい色だぜ

まだひと塗り目だから(“素人は2度塗る”)、ちょっとムラがあるけれど。

1F 和室の壁

こんな風に、座敷犬と思しき小動物のやらかした傷はきれいにできそうだ。

―――――

その他:

洗面_ペンキ後

化粧版が経年劣化でボロボロになっていた所を、パテ埋め・サンドペーパーでヤスリ掛け・油性ペンキで塗り。

キッチン天袋_下部パテ&クロスの残り貼り

キッチンの天袋も下部の化粧版が剥離したりボロボロだったので、一旦弱っている箇所を剥がしてパテ埋め。こちらの場合は余っていたクロス(防湿・防カビ)を貼り付ける。四隅には剥がれ予防でボンドを塗りつけ。また壁側のギャップにはコーキング塗りつけ予定。


ま、後藤の連休中の進捗、こんな感じです。
スポンサーサイト
別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【重っさ】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【エア失敗者】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。