後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【本日の作業報告】
2015-08-14 Fri 06:50
ボロネーゼ⑥号(=松戸市大金平5丁目物件の愛称)における本日(8月13日)の作業内容。

<本日テーマ>
①壁紙 剥がす(キッチン・洗面)
②風呂場 カビキラー(類似品)清掃
 タイル目地コーキング
 水性ペイントにて塗装
③玄関格子 サビ取り
④木 伐採

<振り返り>
後藤には恐怖があった。

「塗装について」恐怖 である。

だって、考えてもみてよ。
中々塗らないよね、普通に生きていると…。

自転車を自分で塗って、ムラがあって、
こっ恥ずかしい…小学生時代のトラウマもあり、

後藤は塗装に対してちょっと腰が引けていたのだ。

だが今回、ボロネーゼ⑥が課題を与えてくれた。

木_伐採後
<木も伐採完了>
―――――
<リンク>
【Christ's Church Co.Shigaya 越谷キリストの教会】
【Christ's Church Co.Shigaya の行なう事業について】
【Million House(百万家 ミリオンハウス)】
【銀カフェ】
【CCC 自習塾】
―――――


実は風呂場塗装は、大枝の物件で(有)リビングライフ社長と一緒に施工経験がある。
だがその際は、プロの指導付き。今回は単独施工だ。

風呂場天井_術前
<Before 塗り。カビキラー(100均 類似品)効果なし…>

ま、やってみましょう♪
まずはマスキングだ。

マスカーはダイソーで買ってきた。売ってるもんだね、ダイソーで…。

マスカーぺたぺた貼りまくり。
過去施工されたのであろうコーキング面は、粘着せず。

なので一部プラプラ状態で 素人マスキング、完了。

素人マスキング

床面は新聞がなかったので、剥がした壁紙を転用。
どうせゴミだから、最期に役立ってもらいましょう。


そうして塗装開始。

まずは刷毛で塗りにくい部分を塗る。
例えば角、縁、マスキング付近。

それからローラーで、ひたすら塗り捲ればよし。

だが実施してすぐ気付いた。

「塗料が足りない…」

ケチって 0.7Lしか買わなかったモンだから、1.5回塗り位で痛恨の終了。

驚きのムラ白さに!

ムラ白い1

ムラ白い2
<これが、素人施工の恐ろしさよ…>

…ええい、もう一回塗ります!


<気付き>
現場作業でいつも思わされるのは、

「正解はなく、あるのは複数の善後策である」ということ。

現場で言うなれば、

「ない物はある物で代用」
「ない物は作っちゃう」
のが肝要、


ということだ。

例えば、

ハタキがない → 棒とタオルで作っちゃう
床に敷く新聞がない → ゴミ壁紙で代用しちゃう
ヒモがない → アメの袋を裂いてヒモ代わりに
脚立がない → 道具ケースに乗る
縁台が壊れている → 縁台撤去後、U字溝を逆さにして台替わりに

というように。
現場では、誰でもやっている事。

―――――

この教訓は、Windows も教えてくれている。
正解に辿り着くルートが複数ある。

感覚的に「ここら辺にあるだろう」と Click away していくと、大概辿り着く。
最悪 Google さんに聞けば、分かる。

ともあれ探し続ける、行動し続ける。
正答そのものでなく、解決策を求める。


そんな姿勢が大切だ(特に素人施工には…)。

―――――

思うに、俺たちの受けてきた(学校)教育って、その視点を喪わせてくれる。

正解は一つ。
解き方も大概決まっていて、
型にはめて考え、型にはめて解く。

だが人生、長い目線で見れば、
そんな「型にはまった」「正解」探しのやり方ではダメなんだ。
(型通りの案件、諸問題のお仕着せ解法、なんてないからね…)

複数の善後策を模索しながら、
試して試してガッテン行かなきゃまた別ルートで…。

色々な人から指示を仰ぎ、
解決策・発想法を更に増やして対応力を上げていく…。

焦らず、弛まず、諦めず。
そうやって行けば、
きっとどんなゴールにでも辿り着ける。
自分も、お客さんも、値段と品質と納期と納得して、
契約握手できる策に必ず辿り着ける。(若しくは笑顔で GoodBye!)

ムラ白い浴室天井も、
もう一回塗れば何とかなる!


<残りテーマ>
1F和室 壁傷モルタル+~塗装
木部変色 ニス塗り・塗装
便座 設置
壁紙 貼る(発注済。壁紙道場)
風呂場 塗装(二回目)
ベランダ 手すりサビ取り~塗装
コンセント・スイッチ類 取替え
押入れのライナー(滑らす面) 張替え
床・ドア木目 剥離部パテ+・塗り
外壁モルタルヒビ コーキング
玄関格子 油性ペイントにて塗装
床 ワックス掛け
雨戸袋 塗装
ハウスクリーニング
締めにバルサン×3(基礎通気口 閉)

<業者依頼予定>
キッチン 交換(見積もり 佐藤工務店)
ベランダ 交換(見積もり 佐藤工務店)
畳表 交換(見積もり 佐藤工務店)
ブレーカー交換

以上。
スポンサーサイト
別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<【本日の作業報告②】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【商魂!華僑の方々】>>
この記事のコメント
#707 後学のため
<浴室塗装について:プロの意見>
「ペンキ塗りと浴室塗装を履き違えるんじゃねぇ!!」

浴室の塗装はかなり技術・経験が必要になります。
単に塗れば良いというものではありません。

①下地補修
②下地調整
③塗装
④仕上げ

のそれぞれに的確な技術で対応できなければ、すぐに剥がれたり不具合が起こります。

下地素材は異なりますが「車の板金塗装」に近い技術になります。
(車の板金塗装ができる技術があれば、うまくいく可能性があります。その意味では大半の方にはできないということになります)

上記内容をもう少し詳しくお話ししますと

①下地補修

浴室はFRP、塩ビ鋼板、ポリプロピレン、アクリル樹脂(人大)等様々な素材でできています。それぞれ異なった傷み方をします。(たとえば、FRPは亀裂、塩ビ鋼板はサビ等)
それらの損傷に対して、きちんとしたパテ補修、サビ補修等ができなければ、塗装したところで損傷部分から剥がれます。

②下地調整

塗料を密着させるためには、洗い、脱脂、表面の粗し(研磨)、下地にあった「プライマー塗布」を行わなければなりません。
特に表面の粗しは丁寧に完ぺきに行わなければ、できてない部分から剥がれます。

③塗装

塗料は車の板金塗装用、FRP船の塗装用のものが良いです。(アクリルウレタン塗料等)
ホームセンターで売っている浴室のモルタル壁塗料では剥がれたり、すぐに劣化します。
基本的にFRPにぬれる塗料ではありません。アクリルウレタン塗料と比べ光沢もありません。

また、塗装方法は「スプレー式」がベストです。刷毛・ローラーでは、いかにも塗ったということがわかり、綺麗に塗れません。

※15年以上の有名なホテルの浴室の浴槽はかなりの割合で塗装されています。
きちんとした浴槽の塗装は一般の方が見ても塗装しているというのは分かりません。

④仕上げ

板金塗装と同じですが、「サンディング」「バフィング」で表面を磨きあげ、表面のざらざら(ブツ)をなくし、より綺麗な光沢が出るようにします。
塗装端部に「防かびコーキング」を行います。

以上が簡単に浴室の塗装手順を紹介した内容になります。

もともと傷んだ浴室に対する施工になりますので、色んな状況に対して対応できる技術がないと必ず不具合が出ます。

一人前の職人になるためには、親方について年間100室程度の現場をこなしながら3年はかかると言われるほど難しい技術です。(建築塗装/ペンキ屋さんとはまったく異なる仕事です)

プロが行う浴室塗装は、一般の方が見て「綺麗」という感覚だけをもたせて、塗装していると思わせるものではないのです。

一度塗装して失敗すると、完全に剥がさないとうまくいきません。
(剥がれは下地にくっついていないということですから、きちんと上記の①からやり直さなければ、うまくいきません。ペンキ屋さんのように上から重ね塗りをすれば良いというものではありません。厚塗りになると、今度は塗膜がひび割れてきます)

そういう意味では、素人が行うには余りにもリスクが高いと言えます。

(yc_allabout_takhiyoshiさん)

やべぇぇ~!!
こりゃ数年持つか?
それとも即剥がれて再施工か?見たいなレベルじゃねぇか…!
2015-08-14 Fri 08:23 | URL | 後藤 秀孝 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/