後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【救世主】
2015-06-01 Mon 23:01
「人はなぜ救世主(Messiah)を求めるのか」
というタイトルの本があった。

スンマセン。目次すら読んでいません。
ですが、その解は即与えられた。

ひねくれた後藤的表現である。

Q.「人はなぜ救世主を求めるのか?」
A.「人生の総括に於いて、
救世主にケツ持ってもらいたいから。」

上記字面のみでは余りに酷い。後藤の人格を疑われる。
仔細解説しよう。

ケツ持ち
<さらに誤解を招くイラストレーション>
―――――
<リンク>
【Christ's Church Co.Shigaya 越谷キリストの教会】
【Christ's Church Co.Shigaya の行なう事業について】
【Million House(百万家 ミリオンハウス)】
【銀カフェ】
【CCC 自習塾】
―――――


「誰かにケツを持ってもらいたい」

つまり自分の責任は回避して、
誰か別の、自分より優れた存在、権威、能力を持つ者…に、
自分の人生の負債を全て肩代わりしてもらいたい。

破れかぶれた己の生涯を振り返って、
どうにもならない状態を持て余して…

それでいて尚、
「神よ、いるなら救え」と希求する…。

その無責任・他者依存精神そのものが、

「人が救世主を求める理由」だ。

―――――

似て非なる?似たような?状況が、卑近にある。

社会保障制度と呼ばれるものだ。
俺たち団塊II以降は社会保障なんか、無いよ??

年金ありません。
生活保護ありません。

在ったとしても形骸化。

使えない。
使わせてもらえない。

(使うためには、フォントのめちゃくちゃ小っちゃな申請書に、
大量の情報を記載し、複数の官庁から押印貰って初めて審査へ…。
結局貰えるまで3年は掛かる。
しかも司法書士とか弁護士に代行頼むと、マージン抜かれる。
手元に実際に入るのは(今の価値の)2万円だけ。みたいな。)


途上国の政府とかよくやるよ。
おっとそれって日本人が得意の Non-tariff Barriers だ。


主は見せてくれた。

日本がそうなった時。
人々は抗議し、プラカードを上げ、
お互い孤立しながら、涙ながらに訴える。

「憲法第25条(*)は、一体どうした??」
「40年も積み立てたんだから、
せめて最低限の生活が維持できる位は、
年金が貰えるべきじゃないか??」

「政府が俺たちのケツを持ってくれるって、
そういう約束じゃないか??


(*憲法第25条:生存権について
「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」)


ブーーーーーーッッッッッ。

政府はそんな約束、守りゃしないよ。
無袖振無。当たり前じゃない。

―――――

対して、神は違う。
ちゃんと俺たちの信仰の通りに、
天の御国に向かえ入れて下さる。

でもね。
俺は思うんだ。

主イエス・キリストは、
俺たち弱い人間が、
救世主を求める動機さえ熟知していた。



自分たちの人生、
好き勝手やってきた。

取り返しのつかない事もした。
人を傷つけ、泣かせ、
踏みにじりさえしてきた…。

そんな俺たちの人生の幕引きに、
全能なる神が責任を負ってくれること…。

「ケツ持って」くれることだけを期待して、
「主よ。主よ」と言う。
そんな浅はかな人間の願い。

実に自己中心的な祈りの本質をも理解した上で、

イエスさん、
十字架に掛かって死んでくれたんだ。



俺たち全人類の彼岸への希望、
悔い改め、執り成し、赦し、
主にある栄光への凱旋…。

そんな「カンダタ的動機(*)」をさえ
受け止め、その肩に負って、
血みどろのゴルゴタへと歩んで下さったんだ。

(*カンダタ的動機=「俺さえ救われれば Okay です神さま!」



俺たち、自分の救いどうこうは置いといて、
まずこの一事を噛み締めるべきじゃないのか。

このドロドロの糞動機を知りながらも、
神の御子は「友」のために、いのち捨てられた。


聖いフリしながら、その実
「ケツ持ってくれ神さま」なんてオコガマシイ。
俺たち一体何様のつもりだ。

確かに、俺たち無知無力すぎて、
自分のケツさえ拭けねぇよ…。


だからこそ。だよ。
俺たちが今、できること。

神が恵み深い方であることを知り、
その広大無辺の愛をもっと知ること…。

主の命に従い、
神に喜ばれる生き方をすること。

主なる神の「友」として、
この苦界の世を一緒に歩むこと…。

今、この場所から…。
我らの死に至るその時まで。


それだけ。
じゃねぇか。
スポンサーサイト
別窓 | Christianityってなんですか | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【父への手紙】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【ダメ信仰ありマス】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/