後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【誰を探しているの】
2015-04-05 Sun 17:40
ヨハネの福音書に、こんな件がある。

イエスさま処刑後のエルサレム。
ユダヤ人の慣習により暫くは近づけず、
死後3日経った後、
別れを惜しみにマグダラのマリアが主の墓所を訪れた時のこと。

どう見ても、どう探しても、あったはずの主の身体が、ない。
他の弟子たちにも伝え、見てもらったが、どうにもならない。

ないものは、ない。
埋葬されたはずの主のお身体は、忽然と消えてしまった。…

泣き崩れるマリアに、声かける者があった。

『なぜ泣いているのですか。
だれを捜しているのですか。』


荒削りの十字架
<Happy Easter!! Ladies & Gentlemen, and others!!>
―――――
<リンク>
【Christ's Church Co.Shigaya 越谷キリストの教会】
【Christ's Church Co.Shigaya の行なう事業について】
【Million House(百万家 ミリオンハウス)】
【銀カフェ】
【CCC 自習塾】
―――――


気をつけて読みたいのだ。この部分。
何故なら、
私たち現代人が抱える多くの問題の解
を含んでいるのだから…。


①『なぜ泣いているのですか』
俺たちはなぜ、泣いているのか。

思い通りにならないことを無理に達成しようとし、
手に入らないものを追い、
怒りのまま報復し、
神のわざを自分の手で成そうとする

がゆえに…?

過度に期待し、
それが叶わないとガッカリし、
失望してしまうから…?

他人から裏切られたから…?

希望がないから…?

そんな自分自身に遣り切れない想いを持っていながら、
日々の暮らしで誤魔化し誤魔化し、
痛みも喜びも鈍磨させ、忘れようとして来たから…?


②『だれを捜しているのですか』
私たちは一体、だれを捜しているのか。

理想の伴侶を、捜しているのか?
理想の上司、
理想の先生、
理想の友人、
理想の子ども、

理想の…自分自身?


スマン。

そんな者はいない。

捜すほどに、失望Again。である。

―――――

俺たちの涙の根源、
私たちの終わらない探求…の中で、

後藤が気付かされたのは、

①「自分のやり方は往々にして、間違っていることがある」
ということ。

そして、
②「正しい方を捜すのが、早い」
ということ。である。


結論、超短く話すと、

「俺にはイエス様しか残らなかった…」

のである。

2000年前の死者、ではない。
今日も、生きておられる方。

ご自身、全知全能の神にして、
私たちの傍に来られ、共に立って下さっている方。

今この時も、父なる神に
我々の罪のとりなしをして下さっている方。

私たち一人ひとりに対して、
大いなる計画と希望を持たれ、
不完全な人間と二人三脚で、その成就を図られる方。

苦難に喘ぐ私たちが呼べば、
沈黙の中、応えて下さる方。
試練に打ち克つ力と知恵を、与えて下さる方。…



だから、あなたにも知って欲しいんだよ。

イエスさんは、
あなたにも直接触れられ、
語り掛けられ、
人生丸ごと、変えて下さる方だから。


―――――

そんなイエスさんの復活を祝う機会。

それがイースターだよ。

―――――


ヨハネ20:10~18
…それで、弟子たちはまた自分のところに帰って行った。

しかし、マリヤは外で墓のところにたたずんで泣いていた。
そして、泣きながら、からだをかがめて墓の中をのぞき込んだ。

すると、ふたりの御使いが、イエスのからだが置かれていた場所に、
ひとりは頭のところに、ひとりは足のところに、
白い衣をまとってすわっているのが見えた。

彼らは彼女に言った。
「なぜ泣いているのですか。」

彼女は言った。
「だれかが私の主を取って行きました。
どこに置いたのか、私にはわからないのです。」

彼女はこう言ってから、うしろを振り向いた。
すると、イエスが立っておられるのを見た。

しかし、彼女にはイエスであることがわからなかった。

イエスは彼女に言われた。
「なぜ泣いているのですか。だれを捜しているのですか。」

彼女は、それを園の管理者だと思って言った。
「あなたが、あの方を運んだのでしたら、
どこに置いたのか言ってください。
そうすれば私が引き取ります。」

イエスは彼女に言われた。「マリヤ。」

彼女は振り向いて、
ヘブル語で「ラボニ(すなわち、先生)」とイエスに言った。

イエスは彼女に言われた。
「わたしにすがりついてはいけません。
わたしはまだ父のもとに上っていないからです。

わたしの兄弟たちのところに行って、彼らに
『わたしは、わたしの父またあなたがたの父、
わたしの神またあなたがたの神のもとに上る』
と告げなさい。」

マグダラのマリヤは、行って、
「私は主にお目にかかりました」と言い、
また、主が彼女にこれらのことを話されたと弟子たちに告げた。
スポンサーサイト
別窓 | 神さまってどんなかた? | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【死人の中に 探す】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【直感 Vs. 事実】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。