後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【直感 Vs. 事実】
2015-04-05 Sun 09:02
4月4日は小山市南部の不動産屋巡りである。

4月一杯で退去予定の方が出たので、改めて資料(図面、以前 AtHome 告知していた物件情報、写真、登記簿等のデータ)を持参して、駅前の不動産屋を中心に訪問する。

東部伊勢崎/宇都宮線で北上すること約1時間(乗り継ぎが悪いのよ…)、
ようやくテリトリーに入った。最初の標的は「野木」である。
小山・野木線ができるらしい
<小山・野木を結ぶ道路ができるようだ>
―――――
<リンク>
【Christ's Church Co.Shigaya 越谷キリストの教会】
【Christ's Church Co.Shigaya の行なう事業について】
【Million House(百万家 ミリオンハウス)】
【銀カフェ】
【CCC 自習塾】
―――――


が、電車を降りた瞬間に「嫌な予感」がした。

「駅前閑散~」という空気である。
車窓から探した「不動産屋の看板」もチラホラ Only …

そうだ。車社会の地方では、駅前など
「風通しのいいロータリー」
「タクシー乗り場」以外の何物でもない。

「コンビニ?なにそれ。」
という感じの駅さえある。

うん、差別発言だな。
でも事実なんだもん。…

ともあれ、一度降りた電車に、再び飛び乗ってしまった。
「まぁ野木は…いいかな別に」みたいな想いで、通り過ぎてしまったのだ。

次の駅、物件から最寄り駅である間々田では、数件の不動産屋さんとお話できた。

そこで言われたことは、
「間々田は賃貸のニーズは低く、住民の動きも殆どない」
「対して野木は、工業団地があったり大企業の支社があったりで、人は集まっている」
とのこと。
加えて、後藤の物件所在地は間々田-野木の間であり、
とりあえず幹線道路のアクセス良し。

改めて野木行きを決定した。

―――――

間々田で会った、K不動産のオーナー。
ご高齢の域に差し掛かり、店舗も「古き良き不動産屋」。

「土地」「戸建」「アパート」等、
手書きの物件情報がサッシのガラスに貼ってある。

後藤が持参したデータCDは、「コンピューターは挫折してしまって…」
ということで、渡すの辞退。
「これ大丈夫か…?」と思いつつ、その時は別れた。

だが、後藤物件の外観確認で現地に向かう途中、
「K不動産」の看板ばかりが立っている。

何じゃこりゃ?というくらい、
間々田は「K不動産」の支配地域なのであった。

地場産業の雄。

こんな化けモンみたいな長老が、在野に居る。

―――――

今回の訪問を通して痛感させられた。

「直感≠事実」
「安易な直感は、俺を事実から遠ざけてしまう」

ということだ。

直感、つまり感情の力は、強い。

「何となく嫌」
「何となく腹立つ」
「何となく行きたくない」
だけで、

人は買わなかったり、
入居しなかったり、
礼拝に来なくなったりする。

暗黙知レベルの直感は、
意味もなく、根拠もないが、
豪腕だ。

この「感情」の障壁を、俺たちは超えていかないといけない。

直感ではなく、数字や客観的な指標、事実をもとに、
判断できるようにならなければ見誤る。

そんなことを強く思わされた。

―――――

金持ち父さんより引用。

「デュー・デリジェンス(Due Diligence)」という言葉の意味を知っているかい?

簡単に言うと、デュー・デリジェンスというのは
どれが意見でどれが事実かを見きわめること だ。

お金に関することとなると、たいていの人は怠け者になるか、手っ取り早い近道をさがす。
そのためにデュー・デリジェンスを忘れてしまう。

また、間違いを犯すことを恐れるあまり、デュー・デリジェンスばかりやって結局何もしない人もいる。
デュー・デリジェンスに捉われすぎることを「分析麻痺」と呼ぶこともある。

大事なのは 事実と意見をふるいにかけ、
残った事実をもとに決定を下す
方法を学ぶことだ。

前に言ったように、たいていの人は近道をしすぎたり、
事実ではなくて意見、
それも多くの場合EやSのクワドラントからの意見を元に
大切な決定を下しているからお金に苦労している。

BやIになりたいなら、
事実と意見の違いを
はっきりと知らなくてはいけない。


*自分自身の直感も、「意見」に過ぎない。
何事も「事実」をしっかりと見極めて決断したい。
スポンサーサイト
別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【誰を探しているの】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【例年に続き…さくら】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/