後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【1:1】
2015-03-28 Sat 21:03
聖心会のマザー・バラ(Mother Barat)の逸話の中にこんなものがある。

「(1830年、革命の機運高まるフランスにて)7月31日になって、やっとパリは鎮まった。

ビロン邸に出入りする植木屋がコンフロン(リヨン傍の小さな街)を訪ねて来た。
スイス衛兵の襲撃で一時乱された聖心学院(=国王の加護を受けてきた。革命軍から見れば敵…)も、今は平常に戻ったということであった。

やっとのことで、古いガタガタの二輪馬車を借りることが出来たので、マザー・バラたちは、早速それでパリに帰ることにした。
―――――
<リンク>
【Christ's Church Co.Shigaya 越谷キリストの教会】
【Christ's Church Co.Shigaya の行なう事業について】
【Million House(百万家 ミリオンハウス)】
【銀カフェ】
【CCC 自習塾】

―――――

一行は一般市民の服装にショールをかけ、帽子をかぶって家を出た。
途中で突然、熱心な反王党派らしい男が、人目構わず馬車の御者代に飛び乗って、新しい憲法(=宗教弾圧含む)を称え始めた。

彼はふと振り返ってマザー・バラに「あなたは脚がお悪いようですね。それは大変だ。馬車ではヴァレーヌ街の近くまではいけませんよ。でもご安心ください。私は力持ちだ。あなたを抱えていってあげますからね」と言った。

人目に立たぬようにと普通の服装に着替えたのに、あまり効果はなかった。しかしこのような陽気な仲間が一緒だとパリの街へ入るのには好都合だった。彼は掛け替えのない道案内だ。バリケードを避けたり、道を開いたり、特に危険な場所では修道女を抱えたりしてくれて、大助かりだった。

(中略)

こうして一行は、アンヴァリッド街の近くにある(聖心)学園の裏門前にとまった。」


聖心会の学園裏門。

反王党派の陽気な男にとっても、その意味するところは、もう明らかであった。
彼女たちが誰なのかも。

でも、その後この陽気な力持ちが文句を言ったとか、暴力を振るったとかの記述はない。

一つ言えるのは、1:1でこの修道女たちと向き合い、助け、涙の感謝をされる中で、政治的な反目など吹っ飛んでしまったに違いない。ということ。…

―――――

もう一エピソードある。

1848年のパリ動乱の折、傷ついた労働者が次々と聖心学院へ運び込まれてきた。

傷の手当を受けていた男が、マザー・バラにこう言った。

「マザー、私が、教会に反対している反王党派であることをご存知ですか」

「いいえ、知りません。でも、あなたがどの党に属しておられるにしても、今けがをして苦しんでおられるのですから、私は、そのためにできるだけの治療や世話をしたいのです」
とマザー・バラは答えた。


困っている人を助けるのに、理由などいらない。

1:1で向き合う時、
私たちの霊は、良心は、きっとそう叫ぶ。

―――――

そうなのだ。

例え政治的・世俗的には対立し合っていても、
実際目の前で1:1で話し合い、配慮し合い、助け合っていけば、
結局は同じ人間であり、神に愛される兄弟姉妹。…

表面的には「敵同士」であろうとも、
一緒に活動することを通じて、
お互いを讃え、労い合うことができるはずだ。

―――――

その1:1の関係に思い馳せるうち、主の築かれた関係の奇跡が見えてきた。

実に、
どんな敵も悪人も罪人も、
主イエス・キリストと1:1で向き合い、
心注ぎだして思いの丈を述べれば…。

怒りも穢れも憎悪も包み隠さず打ち明けて、
神の赦しと恵みを祈れば、

主にある平安と、
救いが与えられる。

主は愛を持って我らの心に働かれて、
潔い悔い改めへと導いて下さる。

日常的に私たちが被っている仮面や覆い、
防具やアクセサリや他ガラクタなど、
主の御心を知っていく中で溶け去っていく。

キリストとの1:1の関係の中で、
主の愛の働きを止められるものなど何一つない。
スポンサーサイト
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【利回り】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【加点法】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。