後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【比較/○○感】
2015-03-23 Mon 00:09
原理資本主義の根幹にあるのは「マネーの力」である。

ジョージはこう語った。
「市場原理主義によれば、全ての社会的活動と人間的相互関係を取引上の契約を基礎とした関係とみなし、単一の共通基準単位、すなわちマネーによって価値が決められるべきだと言う。」(ジョージ・ソロス、The Crisis of Global Capitalism、1998)


まんが「キングダム」でもやってたよ。

「人類は金の力(=権利)を知り、
金が他者と自分を比較する絶好のモノサシであることに気付いた。

人間とは業が深い。

他者よりももっと、裕福でありたい。
他者よりももっと、良い物で満たされたい。
他者よりももっと、重要であると認められたい。

その為にただ、より多くの金を求める。
となれば金はもはや手段ではなく、目的そのものとなる。


それを与えてやればよい。
人間など幾らでもコントロールできる」(呂不韋。大意)

呂不韋
―――――
<リンク>
【Christ's Church Co.Shigaya 越谷キリストの教会】
【Christ's Church Co.Shigaya の行なう事業について】
【Million House(百万家 ミリオンハウス)】
【銀カフェ】
【CCC 自習塾】
―――――


途上国で見てきた現実。カースト制度バリバリのインド(1994年)。

バラモン・クシャトリア・バイシャ・シュードラというカースト制度の下には、更に不可触民(ハリジャン)と呼ばれる層がある。

路上で「バクシーシ(喜捨くれ)」と言い寄ってくる乞食(差別語)がそれだ。

言い方が悪かった。スマン。だが後藤内に他に適切な誤謬がない…。

1994年くらいのインドでは、外国人旅行者がふらふら歩いていようモンなら、ハリジャンの子どもたち一団が付いて来たものだ。喜捨やオヤツ、ジュースの残りなどを求めて…。

身分制度…。

……
なぜか??
身分制度はあっても、なぜその欄外(枠下)に、さらに最低層(Poorest of poor)が置かれるのか…??


それは過去の王政が編み出した
「比較/○○感の戦略」に他ならない。

カースト下層のシュードラ(農民)たちは、あまり良い目を見ない。
だがそれでも尚「~~よりはマシかな」と思える存在が、自分たちの目の前にいる。それが不可触民。
上位カーストへの劣等感はあるが、
不可触民に対する優越感が(毎日、彼らの悲惨さを目にするために)勝るのではないだろうか。

ハリジャンを見て、他の階層の連中は安心する。
今の自分の境遇を(革命を起こすほど)憤って、嘆く必要は無くなる。…

そうして富む者、権威者、カーストを利用できる者らは枕を高くする。

―――――

お金アーマー(Armor 鎧)について。

手付け100+1万円を捻出するのに、給料日までの1週間ほどお金アーマーを脱いで生きる羽目になる。現在進行形。

ポッケに41円だけ入れて生きる中で恐ろしいのは、
お金の提供してくれる選択肢が全く無くなり、
何か一つしくじっただけで即アウト!になるだろうな。
という考えだ。

某ウィザードリィの裸忍者状態。

裸ゆえに最強。みたいな忍者だが、反面、
素肌(金0)はダメージを全く緩衝してくれない。

当たれば死ぬんじゃね?
常にそんな緊張感が漲るのだ。


また、お金アーマー0状態 = お金断食状態、で気付かされたのは、

お金断食(金ラマダン)
= 断酒、断砂糖状態である。
ということ。

言っとくがな。
く…く苦しい。

その苦しみの裏を返せば、現代っ子後藤は、
お金依存症 = お酒依存、砂糖依存症である。
ということ。なんだろうな。

断金状態で36時間も経過すると何が起きるかというと、
身体が無性に、酒や甘味を求めるようになる。

だが41円ではどんな甘いものも買えない。
身近な缶コーヒーも、スニッカーズも、コーラも買えないのだ。
選択肢はマジ、庶民の味方 ティロル/5円チョコくらいさ。…

それだけ浸っているのだな。酒や甘味に。
嫌でもそう気付かされるのだ。

コーラ飲みてぇ…。

究極の投資法
        <究極の投資法>
―――――

お金依存についてより深く考察していくと、

上記「ない時」も大変面白いテーマなのだが、
「持つであろう時」に妄想が暴走する(妄想暴走)件も非常に興味深い。

「この案件が決まれば、月収23万+11.9万+新規 26万くらいだな…」
「年収700~万台にようやく手が届く」
「返済15年なので毎月の手残り、約10万…。
プラス、従来の貯蓄、月額14万併せ、毎月24万円の純貯蓄となる。
年間で280万円。これで400万の借金をまず攻略してしまう。楽勝だ」

「…そうすればあんなこと♪こんなこと♪しまくるのにな♪」(暴走)

思えば弱い人間である。
「ない時」の不安恐怖、頼りなさ…にも増して、
「ある(であろう)時」の欲望エロス、
傲慢不遜…に簡単に呑み込まれる。


だから主イエス・キリストは「試された時」の処方箋を与えてくれていた。

それは「荒野の誘惑」エピソードの中で、明確に示されている。

「ない時」
『人はパンだけで生きるのではなく、
神の口から出る一つ一つのことばによる』


「ある(であろう)時」
『主なるあなたの神を拝し、
ただ神にのみ仕えよ』


俺たち現代人が、マネーの力に翻弄されるのを予め理解していた主は、
その誘惑の力、試みの豪腕に抗うに足ることばを残してくれていたのだ。

―――――
<参照聖句>

さて、イエスは聖霊に満ちてヨルダン川から帰り、
荒野を四十日のあいだ御霊にひきまわされて、悪魔の試みにあわれた。そのあいだ何も食べず、その日数がつきると、空腹になられた。

そこで悪魔が言った、「もしあなたが神の子であるなら、この石に、パンになれと命じてごらんなさい」。
イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによって生きる』と書いてある」。

それから、悪魔はイエスを高い所へ連れて行き、またたくまに世界のすべての国々を見せて
言った、「これらの国々の権威と栄華とをみんな、あなたにあげましょう。それらはわたしに任せられていて、だれでも好きな人にあげてよいのですから。
それで、もしあなたがわたしの前にひざまずくなら、これを全部あなたのものにしてあげましょう」。
イエスは答えて言われた、「『主なるあなたの神を拝し、ただ神にのみ仕えよ』と書いてある」。

それから悪魔はイエスをエルサレムに連れて行き、宮の頂上に立たせて言った、「もしあなたが神の子であるなら、ここから下へ飛びおりてごらんなさい。
『神はあなたのために、御使たちに命じてあなたを守らせるであろう』とあり、
また、『あなたの足が石に打ちつけられないように、彼らはあなたを手でささえるであろう』とも書いてあります」。

イエスは答えて言われた、「『主なるあなたの神を試みてはならない』と言われている」。

悪魔はあらゆる試みをしつくして、一時イエスを離れた。
(ルカ4:1~13)

―――――

PS。
思えば日本の生活保護制度も、当初の目的から外れて日本版「ハリジャン」を作り出している。ように思えるのだ。

「マネーの力」のみを指標にし、(原理)資本主義社会のルールに適応できない人たちを枠外に貶めて蔑む。紙面に「生活保護受給者」ネタが踊る度に、俺たち憤りやら不公平やら同情やらと同時に、「自分事でなくて良かった」と安堵している。いないか??

これまで話したとおり、
それは民衆を今の立ち位置で仮満足させ、
文句を言わせずコントロールする為の、レトロな手法だ。

俺たちが対比するのは他者ではない。
神の前の自分。
神の前の自分の弱さ、
愚かさ、欲深さ、
だ。


表面的なマネーの力、
他者比較の尺度に踊らされることなく、
主にあって本質を掴みたい。
スポンサーサイト
別窓 | Christianityってなんですか | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【加点法】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【飽きろ】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。