後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
マウント・ラビニアの海岸で
2007-01-04 Thu 16:32
1月3日はポヤデー(満月祭)で、休日でした。妻と一緒にコルピティヤ(繁華街)に買い物に出たのですが、デパートすら休み。改めて、問答無用で都市機能をストップさせる、ポヤの恐ろしさを実感したのでした。

そこで久しぶりに、マウント・ラビニア(コロンボより南に約12kmのリゾート。熱海みたいな感じ?)に行ってみました。バスに揺られること約20分。するとそこは海の家が立ち並ぶ、ビーチリゾートです。海人の私にはたまらないロケーションなのです。

私がひとしきり泳いで、丘の妻と合流しコーヒーを頂いている時。足元の砂の中に、たくさんの貝殻が光っているのが目を惹きました。色も大きさも、形もさまざま。あるものは生前の形をそのまま残し、あるものは砕かれ、丸く削られて打ち揚げられた…美しい自然の芸術です。

貝殻の一つ一つに、豊かな個性があって。カーブの美しいもの、薄く軽いアーチを持つもの、螺旋の中心だけが残った複雑なもの、淡いピンク、オレンジ、茶色のもの、表面にでこぼこがあるもの、反対につややかなもの。これまで存在してきたどの個体とも違い、またこれから先も全く同じ芸術は生まれようがない…。

でも考えてみると、私たちも同じですね。同じ種族、同じ科目、同じ人類…だけれども、一人一人が外見も含め、「この世で唯一」なのです。ましてやその心理の深さ、思考の複雑さ、人生からの教訓…。そんなものを考えたら、誰一人として「没個性」なんて存在はいないと分かるでしょう。

「あなたの先に、あなたのような者はなかった。また、あなたのあとに、あなたのような者も起こらない(I列王3:12)。」というのは、ソロモン王にだけではなく、私たち全員に当てはまるのではないでしょうか。

だからこそ、その個性を大切に。「あなたはあなたのままでいいよ(マルコ9:50意訳。でも他人とも、お互いの個性を尊重しあって、共存する術も学ぼうね)。」と主イエスも言っていますから。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキング
Pass_To_Beach

海までの道のり
スポンサーサイト

別窓 | 「この世の真理」とは | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<パイナップル売りのおばさん | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 圧倒的な勝者>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。