後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【The Biggest Question ever UNanswered】
2015-02-24 Tue 21:11
共感性が失われた時代。 だと言う。

他人を傷つけることを(あたかも)楽しむような人間。
同級・下級生を集団で虐めるよう仕向ける生徒。
介護対象者(=弱い存在)を虐めてしまう介護者。

それどころか、暴力で他人を殺してしまう人間すら、

今日マスコミで取り沙汰されている。

他人の痛みに対する共感性がなければ、
確かに無機質・無感動に振るえるモノなのかもしれない。暴力。


……

だがしかし

と、後藤の霊(良心…と読み替えても結構)は叫ぶのだ。
―――――
<リンク>
【Christ's Church Co.Shigaya 越谷キリストの教会】
【Christ's Church Co.Shigaya の行なう事業について】
【Million House(百万家 ミリオンハウス)】
【銀カフェ】
【CCC 自習塾】
―――――

その根拠は曖昧ではあるが、皆さん思い当たるだろう。

人間には、生まれてこの方:

●他人を悲しませると、自分も悲しむ
●他人を傷つけると、自分も傷つく
それだけでなく、
●他人が喜んでいると、自分も喜ぶ  
回路がある。

と感じている。


なぜだろうか。
正直、何の得にもならない 感情、情動反応だ。

なぜあの子を泣かせると、嫌な気持ちになるんだ?
なぜあの人をがっかりさせてしまうと、自己嫌悪に陥るんだ?

反面、
なぜ彼/彼女が独りぼっちでいるのを見ると、声を掛けようと思うんだ?
なぜあの人の喜ぶ顔を見ると、俺まで嬉しいんだ…?


なぜでしょうか。神よ…。
あなたが人間に、
そんな心理を植え付けた理由は、
一体何なのでしょうか?


―――――

上記 Q.の解は、後藤にはぶっちゃけ分からない。…

だが、一部 分かることもある。
そうした
「温かい感情」
「個人的感情」
の裏返しの姿、である。


それはつまり、
利益至上主義の経済的集団、
影響力を拡大する目的のイデオロギー集団、
より大きな政党を目指すだけの政治的集団、

などに見られるもの、である。

これら「集団」の何が悪いのか?

それが「集団的自我」である「集団」であること。
極論だが、それ自体が、悪い。


人類史上、利害の異なる個人たちが集まり、
同じ方向を向こう、同じ方角に歩もうとして、
どれほどのケースが成功しただろう。

結局は理解し合えぬ、相容れぬ人間たちが、

カリスマ社長や
アイドルグループや
起業家や
作家や
Kenjiや
牧師や
宗教指導者など

に一見賛同・従属したかに見えて、その実はどうだろうか。

皆さんご存知のとおりである。
「反応も受け取り方も、十人十色」
「実はね…」って皆言いたいと思っている。

その相容れぬ「集団的自我」は、何らかのインセンティブ(=馬鼻人参)で向きを整え、足並みを揃えさせねばならない。それが人類が現状、辿り着いている結論だ。

そこでは個人の
「良心」「善意」
「愛情」「憐れみ」等は度外視される。

目的遂行のためだけの
「型」「指揮系統」
「体面」「右向け右」こそが至上命令となる。

つまり(前稿“巨大化への渇望”でも述べたが)
「集団的自我」は多分に
「非人間的・非共感的な存在」に成り得る。と言うことだ。

―――――

それに対して、主イエス・キリストはどう語ったのか。

「大きな集団になれ」とか、
「世界覇権を!」
とは全く、言わなかった。

ただ、一個人として
「神を愛し」
「隣人を愛せよ」

と言った。

「集団的自我」に呑み込まれることなく、

「神の前にひとり」になれ。
「主の前の“あなた”を自覚しろ」とだけ、
言葉を変えて繰り返されたように思う。

『神を前にして、あなたはどうするのか』
『流された主の血のために、あなたはどう生きるのか』

神は、そんなことをいつも俺に問われるのだ。


同時に、
気付くことがある。

「神の前のひとり」を選択した今、

私の横には常に、
ただひとりの神、
主が寄り添っていて下さることに。…

スポンサーサイト
別窓 | 神さまってどんなかた? | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【楽勝】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【物言わぬ聴衆】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。