後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【十字架のイエス】
2014-12-07 Sun 21:06
辛らつな言葉や、悪意を込めた揶揄、非難を浴びたとき。

私は自分の傍らに、血を流しながら、重い十字架を肩に負って歩くイエスを見る。

今日も一緒に、私と歩んでくれている。

彼は無口に、
ただ十字架の重みと、
全身を走る痛み、
失われていく自分の体感覚、
流れ落ちる血…。

彼に投げかけられている罵声と嘲笑、
蔑みと唾棄に、耐えている。


それらを以って

『…分かっているよ』

と確かな応答をして下さる。

『あなたの痛み…分かっているよ。大丈夫』

Jesus

―――――
<仲間募集>
【Christ's Church Co.Shigaya 越谷キリストの教会】
【Christ's Church Co.Shigaya の行なう事業について】
【Million House(百万家 ミリオンハウス)】
【銀カフェ】
【CCC 自習塾】
―――――


そうなんだ。
(ちっちぇな…)という日々の悩みに、俯いて歩くとき…。
原因は、対人関係における、本・当・~に些細なこと、下らないこと…です。

でも主よ、あなたは、私の嘆きゲージの振り幅に合わせて、

十字架を再び負って、私に随伴して下さいます。


あなたは再び、あの血と恥と痛みの十字架を負って、
私のすぐ傍を歩んで下さいます。

ありがとう…ございます。

―――――

十字架の道は、
主にある信仰の歩みは…。

決して勇ましく、胸を張り、意気揚々と歩める道ではないんだ。

凹んで、疲れた体を引き摺りながら…。

血と涙と鼻水まみれの顔で、
その体には矢が突き刺さったままで…歩む道だ。



でもそこに、イエスさまが伴って下さる。

俺たちより遥かに、ひどい傷と苦悩を負ってね。……

―――――

惨めなクリスチャン…
= Under training.(訓練中)。

実はそれが、最良のとき。
主ともっとも深い交わりを持てるとき。…

―――――

上記のジレンマ/矛盾はすなわち、世の理解し得ぬもの…。

だがそこに、霊の成熟と人格の完成がある。
スポンサーサイト
別窓 | 神さまってどんなかた? | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【“反社会性”を、気安く語るな】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【噛みつき】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/