後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【金は悪】
2014-10-31 Fri 23:53
金は悪。

金は収奪のシステムを内包する。
格差、貧富の差を広げる。

金は強欲、羨望、嫉妬、優越/劣等感、
傲慢、その手の負の感情しか生み出さない。

よって、「金持ちにはロクな奴はいない。」

「金を追ってはいけない。
若者よ。金よりもっと大事なものがある。」


俺たち大体、そんな風に意識付けられてきた。
時代劇を見てみよう。その地の富豪、○○問屋の大旦那は、大抵悪人だ。
お代官様と例外なくつながっていやがる。

そして「お高い饅頭」、
ボンビー美女「もっと近う寄れい」、
挙句「おぬしも悪よのう」だ。

でもさ、主はまた違ったビジョンを、俺に見せてくれるんだよ。

ピカソ作_母子

―――――
<リンク>
【Christ's Church Co.Shigaya 越谷キリストの教会】
【Christ's Church Co.Shigaya の行なう事業について】
【Million House(百万家 ミリオンハウス)】
【銀カフェ】
【CCC 自習塾】
―――――


●越谷市平方に住むシングルマザー世帯。子どもの三者面談で進路を問われた後、母親は独り、がっくり肩を落とす。息子の実力で行ける優良校、将来の希望の道を開く進路が、経済的理由で断たれてしまう…そんな危機感からだ。

息子は独力で、勉学に励みここまで成績を伸ばしたのに…。
高校進学すら叶わぬなら、大学なんて夢のまた夢。
あの子に必要なチャンスを与えることが出来ない。親が不甲斐ないばかりに…。

そんな事情を察した地域のジジババ、資金を募って奨学金を立てた。返済はあるけど、ま、社会人になってからの無利子返済でいいよ。お前さんの息子は地域の自慢でもあるからね。思いっきり勉強してくるといい。

母子抱き合い、喜びと感謝の涙がにじむ。

「隣人たちの持ち寄ってくれた愛によって、私たち救われました」
「ああ、私たちの苦しんだ苦しみは、
この平安のためでした」

そんな金もある。

●さいたま市見沼区にあるごみ焼却施設。後藤が持ち込む無理難題ゴミを、事も無げにガンガン処理してくれる。貧乏再生屋にとり大変心強い味方だ。

しかしH26年度12月一杯をもって、岩槻環境センターは閉鎖されてしまう。…

その焼却場は(後藤の「恐らく」だが)沢山の知的障碍者も雇用している。彼らは無口だったり、無愛想だったり、ともかく人海戦術だったりするのだが、年配の労働者の指示を聞きながら一生懸命手伝って下さったのだ。そんな素敵な場所が閉鎖されちまう…。

彼ら、再就職先とか決まってんのか。
父ちゃん母ちゃんからあまり離れることなく、通勤に時間がかかり過ぎないような場所、用意されてんのか…?

もはや市の決定事項だから、何とも出来ないのだが、せめてものお礼として、5万円を彼らの忘年会資金として寄付した。

「俺のわがままゴミのみならず、何千、何万もの人々の自己中ゴミを処理してくれてありがとう。」
「暑い、臭い、危険、重労働、埃っぽい…。そんな環境でも文句も言わずに働いてくれて本当にありがとう。」

誰も上手く表現できなかったかも知れないが、あなたたちのお仕事に感謝している人間がいます。
「ありがとう」をどう表わせばいいか分からずに、ちょっとビール代の足しぐらいにしかなりませんが、送らせて頂きました。

そんな金もあるんだ。


金は純粋な力。
それを意気金にするか死に金にするかは、俺たち次第。

俺たち、自問すべきだ。
その金の使い方は、

Gentle か?
面白いか?
皆が豊かになるか?


そうさ。単に人を喜ばすだけでなく、
感動させ、泣かせ、生涯忘れぬ深い感謝を、
人に対する慈しみを再認識する機会を、

金は与えることができる。

そんな金もあるんだ。

―――――
<参照聖句>
「ああ、私の苦しんだ苦しみは平安のためでした。」(イザヤ38:17)
スポンサーサイト
別窓 | 「この世の真理」とは | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<【仕事 再定義】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【当たり前のレベルを上げろ】>>
この記事のコメント
#685 母子と地域
泣ける。
2014-11-01 Sat 19:01 | URL | Y #mSDgsPPU[ 内容変更] | top↑
#687
ともに涙。
いい金の遣い方をしたいもんです。
2014-11-02 Sun 07:10 | URL | 後藤 秀孝 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/