後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【銀カフェ】
2014-09-10 Wed 19:22
1. 【銀カフェ】事業。通称“Silver Lounge”。

= 地域の方たちへ開かれた街カフェ事業 です。

誰でも気軽に立ち寄れる街角カフェ…

と言ってもコーヒーはインスタントです。しかもセルフサービス(笑)。
まあ、立ち話もナンですから、どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

―――――
<リンク>
【Christ's Church Co.Shigaya 越谷キリストの教会】
【Christ's Church Co.Shigaya の行なう事業について】
【Million House(百万家 ミリオンハウス)】
【銀カフェ】
【CCC 自習塾】
―――――


2. 銀カフェの働き

「日中の居場所」という働きに加え、
地域のご高齢者やかぎっ子世帯、
その他困難を覚える方たちへの支援をそっと行ないます。

詳しくは、以下のリンクをクリック!

銀カフェの紹介です。
<銀カフェのチラシ.pdf>

後藤の自己紹介です。
<後藤のチラシ.pdf>


3. 究極の狙い The Ultimate Goal

銀カフェの究極の狙い、試みとは、

ピンピンコロリ(生涯現役・瞬間昇天)

です。

ご高齢者たちが、そして後藤が年寄ってもうアカンという時までに、

ピンピンコロリを実践すること。
ピンコロへの理想的な至り方を研究、追及すること。

が銀カフェの存在意義、本質です。

また「後藤は絶対寝たきりになりたくない。」が本音です。
介護職員として現場を見てますからね…。


4. 銀カフェ = ピンコロ研究所がやること

①体力づくり

●ラジオ体操(方言Ver. あり。意味分からん)
●太極拳
●カラオケ(讃美 Sunday)
●朝ウォーク
●筋トレ
●素振り
●呼吸法(三戦)
●ソフト受身

②脳トレ

●漢検・英検・数検マスターズ開催
●カウンセリングをして貰います
●子どもに勉強を教えて貰います
●スピーチして貰います
●講座を開いて貰います

③防犯、防災

●地域見守り隊、やりませんか
●救急救命の講習受けます
●「想定の範囲内」を肥大させるシュミレーション/訓練
●相互安否確認(Buddy system)

④死学へのいざない

●まぁ、クリスチャンですから…
●死んだらどうなる?直面してみましょう
●死して屍 後を濁さず
●友人を作る
●やりたいことをやる

⑤もう一旗上げる

●銀カフェ!ライヴ(You tuber)
●“平方良くする”委員会
●<みな食>飯を一緒に食いませんか
●事務作業、お願いします
●助成金出願、書類作成一緒に願います
●ギルド参加、運営一緒に願います
●地域の子どもを面倒見る、ご協力感謝です


5. 何で思い立ったの??銀カフェ?

平方の物件、そのこれまでの役割と機能を思量し、
またその前を通る人々を見ていて、

「まあ、主ならこう用いるでしょう」という絵が示された。
そんな感じです。

これまでやってみたかったこと、
こんなことあれば、地域の人にも喜ばれるのでは…という貢献。
ブレインストーミングするまでもなく、
どんどんアイディアが浮かんできました。

それが多分、<上から示されている>証なのだと感じています。

あと、Christ's Church Co.Shigaya から徒歩2分にある、夢○ンドというパチンコ屋に、
日がな一日ご高齢者が座ってパチンコに興じています。

でもその顔には、面白みも、活気も、無いのです。

主はこう言われました。
『彼らの魂は、「俺の人生、こんなんじゃねぇ」と叫んでいる』

彼らのこれからの人生、その意義を、
再考し再定義する手助けをしなければ…。

「もう一旗上げよう!」
「だが今度は、自分の利益とか見栄のためでなく、
純粋に隣人のため、社会貢献のために!」

仲間と一緒に探して行こう。
そうして、健康で、豊かで、悔いの残らぬ…
人生をやり抜こう。

その為に、この場所は活かせる。
ならば主よ、私は喜んで差し上げましょう。

というか、この器はあなたの選びによって与えられたもの…。
全ては主から発し、全ては主へ還る。(All from God, All for God)
感謝して、喜んで、捧げましょう。


6. 銀カフェ(ピンコロ研究所)のモットー

(“いつもここから”の“かなしいときー”的に)

追求することー!
追求することー!

①面白いことー!
面白いことー!

②豊かになることー!
豊かになることー!

③他を利することー!
他を利することー!

以上。

そうすることで、
友人↑、幸せ↑、寿命↑。


7. But ウマが合わない人は必ずいる

どの組織にも、ウマが会わない人は必ずいます。
でも最早生計立てるためにやっているわけじゃないから、
嫌いな人と無理に共存する必要もない。できればそれは理想的だけれど。…

ということで、

①何か言われて怒ってしまうそうなときは、黙ってその場を去ること。
*怒りは狭心症、心筋梗塞の危険を高めるため。
去った方が勇気がある。去った方が器がデカイ。と覚えておいて下さい。

②その後、後藤に来て下さい。
部屋を分ける、曜日を分ける、活動を分ける…等で対応できるでしょう。

③去られた側は、「あ、何か悪いことを悪い言い方で言ってしまったんだな」と自省すること。
「言い足りない」とか「気が収まらない」とかの我侭で、血気盛んにならないこと。

双方の事由を聞いてから、その後の対応を決めて行きましょう。
スポンサーサイト
別窓 | Christ's Church Co.shigaya | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【イスラム国 と呼ばれているもの】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【Christ's Church Co.Shigaya の行なう事業について】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/