後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【Million House(百万家 ミリオンハウス)】
2014-09-09 Tue 22:54
1. Million House とは一体何?

シェアハウスであり、合宿所であり、
エンカウンターの場であり、教育機関であり、
投資家養成ジムであり、超人学園であり、
修道院であり、教会である…

2. Million House のざっくり目的因

①仲間たちと協働生活しながら、
2~4年で最初の200万円を貯めよう。
そして②その自己資金を元に、
独立に向けた資産形成を始めよう。

3. どんな方に向いている?

現状を打破したい人
自分でチャンスを生み出したい人
仲間を集めたい人
結婚したい人
親孝行したい人
“好き”を自分の事業にしたい人

言い換えれば、
金もコネも学歴も自慢できるほどではないが、

やる気と
人柄と
自立への渇望


だけはある…!

という方たち。

1F大広間_きれいに
  <これが本部基地の1F 大広間、ゴミ捨て後>
―――――
<リンク>
【Christ's Church Co.Shigaya 越谷キリストの教会】
【Christ's Church Co.Shigaya の行なう事業について】
【Million House(百万家 ミリオンハウス)】
【銀カフェ】
【CCC 自習塾】
―――――


4. Million House では、具体的に何をするの?

単純です。
できれば近隣で就職し、明るく・正直・勤勉に働いて稼ぎます。

勤め先に適正な待遇と希望があるなら、正社員登用を目指しましょう。
それがMH卒業への近道でもあります。


と言っても ブラック企業ばかり の昨今。

サボりた社員、勘違い上司や苦渋乙骨 otsubone が跋扈する職場にあって、

質実剛健
誠実寛容
不惑信仰


突き進めや主の道!!

周りがザコばっかりな時代だからこそ、
“いい人” は必ず目を付けられる。
“人格者” は絶対にのし上がる。



……と、それだけじゃないよ◎。

上記は、
“他人に使われる”、
“懸命に他人の金を稼ぐ”人間の思考です。
そこで止まっちゃいけない。


そうだ。俺たちは違う。

確かに、今は使用人の身。
それでいい。

だが、俺たちは“他人の金稼ぎ”をしながら、

実務能力、営業力、
クレーム対応、在庫管理、
資格、教養 Etc.…


をひたすら高める!

黒職場で凹んでも躓いても断罪されても、
仲間と一緒、神と一緒なら

絶対やり抜ける!


そして、

貯めろ!200万。
つなげ!勤続年数3年。
そんなあなたに銀行は金を貸す。


手持ち資金の200万円と融資とを併せて、
掴め!投資物件。
節税し、守れ!自己資産。


―――――

4’. <後藤から注釈>

上記、スンゴい極論ダイジェスト版 でお届けしました。

でもさ、本気で考えてごらん。

これまで

雇用主に酷使され、使い捨てられ…
天引き保険・税金で国の食い物にされ…
預金利息よりもATM手数料で搾取されてきた、

(もう十分だ!)

そんな生き方から。

自分の金を稼ぐ、
自分の資産を築く生き方へと、

俺たち、変えていかないか。


そうすれば、お金に対する考え方すら変わる。

それは、
困窮の中ですがる“生存必需品”としてのお金から、
自分の周りの人のために用いる
“ちょっとした気配り”“アンタに惚れた応援券”
としてのお金の捉え方へと。

その為には、
どうやってもこの資本原理主義社会のシステムを知り尽くし、
制度に抗うことなく勝利する、知恵と実行力が必要だ。


そうだ。

“持つ者”は宜しくやっている。
今俺たちがこうしている間にも、
汗一つかかずに更に儲けているだろう。

“我、持たぬ者”
あなたにその自覚があるならば。

“…だが絶対成り上がってやる”
と強く念ずるのなら。


覚悟せよ。
アクセル踏みっ放しのこれからの人生を。

付いて来い。
俺たちは成り上がる。

―――――

5. 結局のところ、Million House は神と出会う場である

そのリミッター解除の状態にあって尚、
俺たちは自らを戒める。

何故なら、
仮に大きな資産を築いても、
♪たった一人で
大金の孤島に引き篭もる人生は
侘しく、悲しい♪…からだ。


だから俺たち、
自己中心のためでなく、
我らに与えられた資産、才能、技術、お人柄を、

我らの想いを超えたところにある、
大いなる意志、
永遠の同伴者である神のために用いることを。
決意する。


そしてその神の愛を通じて、
隣人たちのために余す所なく善用することを。
神に誓おう。



こんな目的因に寄り添える方たち。
将来の偉大なリーダーたち。
正義の資本家たち。
敬虔な信徒たち。


ま、やっちゃいましょう。
軽く始めてみましょう。

我ら、ただ主の御足の後を、
従順について行きましょう。


―――――

ここまで読んで頂き、誠にありがとうございます。

「俺向きじゃねー。」と思われた方、すみません。
今は向いていないのでしょう。お時間の無駄をご容赦下さい。


逆に少しでも
「一理ある…。」 と思われた方、おめでとうございます。
あなたの将来が主にあって、
豊かに祝福されたことを今確信し、祈ります。

6. というわけで、まあ

メールでご連絡下さい。npo.hop@gmail.com

Million House では、

まずは3日
続いて3週間
そして3ヶ月

と、試用期間の区切りがございます。

3ヶ月終了の段階で「新しい契約」への面接があります。

あなたの意志を再確認し、
困難に耐える覚悟を、自分自身に、仲間に、そして神に訴えましょう。

単なる被用者、労働者の立場から、
実行者、監督者、指導者の立場へと、


俺たち成り上がって行きましょう。



―――――

7. そして…

いつかあなたは、
「こんなところ出て行ってやる」
と叫ぶときが来るかも知れません。

そんな時は一人静まり、お祈り下さい。

「何のためにここに来たのか」
「俺のこれまでの進歩とは何だろう」


Count your blessings.
恵みを数えてみて下さい。

そして自分と、
神のため、隣人のために生きるのだと
再び強く噛み締めて下さい。

--- End of column. ---

<参照聖句>

目指せ!詩篇133:1。

【新改訳改訂3】
見よ。兄弟たちが一つになって共に住むことは、
なんというしあわせ、なんという楽しさであろう。


【口語訳】
見よ、兄弟が和合して共におるのは
いかに麗しく楽しいことであろう。

【NKJV】
Behold, how good and how pleasant it is
For brethren to dwell together in unity !


―――――
PS集:

Million House とは、
志しある個人が独立するための
仕組みを作る実験場/
草ベンチャー です。
草ベンチャーとは、まぁ、草野球みたいなもの。

これは、
各人が手間ひまを持ち寄って作り上げる、
時代の課題を解決する地域的な試みであり、

欧米の掲げる市場原理主義に立ち向かう、
世界規模の戦いに参加する独立部隊でもあります。


ですが、単純に、
様々な人が集まり、様々な価値観、想いの中での集団生活になります。
これまでの個人的生活とは違った、面白さと苦労があると思います。

そうです。集団生活において、
私たち人間の自己義・思い込みだけでは、
どんなに優れたルール作りも・活動も・使命も、
上手くいかなくなることを、歴史が証明しています。


でも私は期待しています。

関係者各位、一人ひとりが
リーダーであり、
責任者であり、
Gentle Host である。

主体者であり、発言者、行為者、実行者、
部隊を率いて戦う者であることに想い馳せるとき。

参加者が心から “Amen!(その通り!)” と言える
Vision に、みんなで辿り着ける筈だと。

しかも、それは既に在りました。
神が、人類史の初めから作り、公表してくれていた Vision です。
そこには、こう書かれています。

『わたしの好む断食は、これではないか。

悪のきずなを解き、くびきのなわめをほどき、
しいたげられた者たちを自由の身とし、
すべてのくびきを砕くことではないか。

飢えた者にはあなたのパンを分け与え、
家のない貧しい人々を家に入れ、
裸の人を見て、これを着せ、
あなたの肉親の世話をすることではないか。』(イザヤ58:6~7)


私たち日本人の多くが、「そうしたい」という優しさ、慈しみを持ちながらも、
様々な制約、怖れの中で、できていない現状があります。

でも、誰かが軽くやっていれば、実績があれば。
「うん、俺にもできるかも!」
「やってみよう!」
という人は、増えるのではないでしょうか。

そうして、
高齢者の、高齢者による、高齢者のための、銀カフェ。
勤労者の、勤労者による、勤労者のための、ミリオンハウス。
平信徒の、平信徒による、平信徒のための、教会。
が、全国の地域に拡散していくことを信じます。…



上記イザヤ書の続きに、主の約束が記されています。

従う者のためには、神がその力強い御手を差し伸べ、
護り導いて下さる旨、約束されているのです。

『そのとき、暁のようにあなたの光がさしいで、
あなたの傷はすみやかにいやされる。


あなたの義はあなたの前に進み、
主の栄光が、あなたのしんがりとなられる。』

(イザヤ58:8)

後顧の憂いをさえ、断ってくださる神。
……
じゃ、やるだけじゃん?

―――――
<参照聖句>

「わたしの好む断食は、これではないか。悪のきずなを解き、くびきのなわめをほどき、しいたげられた者たちを自由の身とし、すべてのくびきを砕くことではないか。

飢えた者にはあなたのパンを分け与え、家のない貧しい人々を家に入れ、裸の人を見て、これを着せ、あなたの肉親の世話をすることではないか。

そのとき、暁のようにあなたの光がさしいで、あなたの傷はすみやかにいやされる。あなたの義はあなたの前に進み、主の栄光が、あなたのしんがりとなられる。

そのとき、あなたが呼ぶと、主は答え、あなたが叫ぶと、「わたしはここにいる」と仰せられる。もし、あなたの中から、くびきを除き、うしろ指をさすことや、つまらないおしゃべりを除き、

飢えた者に心を配り、悩む者の願いを満足させるなら、あなたの光は、やみの中に輝き上り、あなたの暗やみは、真昼のようになる。

主は絶えず、あなたを導いて、焼けつく土地でも、あなたの思いを満たし、あなたの骨を強くする。あなたは、潤された園のようになり、水のかれない源のようになる。

あなたのうちのある者は、昔の廃墟を建て直し、あなたは古代の礎を築き直し、「破れを繕う者、市街を住めるように回復する者」と呼ばれよう。

もし、あなたが安息日に出歩くことをやめ、わたしの聖日に自分の好むことをせず、安息日を「喜びの日」と呼び、主の聖日を「はえある日」と呼び、これを尊んで旅をせず、自分の好むことを求めず、むだ口を慎むなら、

そのとき、あなたは主をあなたの喜びとしよう。「わたしはあなたに地の高い所を踏み行かせ、あなたの父ヤコブのゆずりの地であなたを養う」と主の御口が語られたからである。
(イザヤ58:6~14)
スポンサーサイト
別窓 | Christ's Church Co.shigaya | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【Christ's Church Co.Shigaya の行なう事業について】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【角の立つ】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/