後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【目に見えない = 信じない】
2014-08-29 Fri 23:30
弟子の一人、ピリポが無謀にも、イエスさまに

「父を見せてください。
そうすれば満足します(=信じます)」

(ヨハネ14:8)

と言ってしまったように。


私たち、ひとたび信仰の話になると、

「神サマ、また神の奇跡であっても、
目に見えるなら私、信じますから…」


と言って憚らない。


でも、俺たちの“目に見える範囲”って、どのくらい限定されているんだ?
逆に言えば、実際にあっても見ることができないモノって、
俺たちの身の回りにどれくらいある??

被爆量
    <By the way, 政府は・東電は、責任など負いませんよ…?>








例えば、気圧 一つとっても、だ。
計器で測る事はできるが、現物 kPa は目に見えないのだ。

*高齢者施設ではよく、こんなせりふを聞く。
「今日は気圧が高い/低いから、患者さんの容態がどうこう…」
気圧自体も目に見えない。だが、確かに存在している。
生身の介護職員が、それほど鋭く知覚できているかどうかは別として…。

例えば、電子通貨。あなたの頭上/鼻先を掠めて、今も何兆円という額が世界中を飛び回っている。
例えば、電磁波。PCから、携帯から、そして私たちの身体からも、電磁波が照射されているけれど。
例えば、放射線。3.11直後の原発事故で、雨に乗り放射性物質が降り注いだのはご存知の通り。だが一体どれだけの人が、自身の被爆量を把握しているだろう。…


そして何より、目に見えないモノのMVPは、

「私は今、ここにいる」と主張して止まない
「我」という存在である。

言い方/表現は様々。
「こころ」「人格」
「想い」「いのち」「魂」…

全て、「目には見えない。」
が、確かに俺のあなたの内にある。

生物学的な生命活動の兆候は機材で計れるとしても、

「“我を我”成らしめている“モノ”」は、

どんな科学的手法を駆使しても説明できぬ。
証明も評価もできぬ。

こころの電荷、
想いの温度、
いのちの価値、
魂の重さ、

そんなものは…。


―――――

(「悪霊」とかは信じてビビるくせに、)
眼前に、そして我らの内にあるモノには、
「見えないから信じない」と言ってきた私たち。

今こそ、浅慮な「先入観」「偏見」、
そして「直勘」とか「インスピレーション」とかいう
正確性を欠いた思い込みに頼るのではなく、

「神さま、
あなたは見えないし、
触れることもできないが、
本当に存在するのでしょうか。…」
「存在するとすれば、
今、私の置かれているところで、
あなたは私に
何を求められるのでしょうか。…」

と主なる神に尋ねる思いをもって、信仰に向き合って欲しい。


目に見えようと、目に見えまいと、

厳然たる真理はあなたの目の前にある。

大いなる神の愛は、
あなたが気付きさえすれば、
今も注がれているのだから。
スポンサーサイト
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【触れる】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【システムの中からは】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。