後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【Born this way, or born again God's way】
2014-08-21 Thu 23:53
ガガ子さんの歌に「Born this way」と言うのがあり、
そのオープニングを Tsutaya で聞いていてハッとした。

♪My Mama told me when I was young
We are all born superstars
子供の頃 ママはこう言った
「私たちは生まれたときからみんなスパースターよ」

She rolled my hair and put my lipstick on
In the glass of her boudoir♪
私の髪をカールさせて 口紅をぬってくれた
ベッドルームの鏡の前で


あなたが ガガ子が好きか?嫌いか?
(*PVはあまりに酷いので視ない方が良い…)

は置いといて、

Jonny Be Good しかり、Elvis “the king” Presley しかり。

誰か(=上記のみんな、お母さんだ)が
「あなたは将来立派な人になるわ」
「あなたは有名なバンドのリーダーになるわよ」

などと予言(…大言壮語?)してくれたお陰で、
(たとえ一時であれ)
「立派な人になっちゃう」 ケースがある。


真逆の諺では、
「盗人と呼べば、彼は盗むだろう」 がある。

ここに、我々がつい気軽にしてしまう
「レッテル貼り」の怖さと、
有用性
が秘められているように思う。

人を見た目で
         <多分赤だろ>





―――――

マイナスなこと、
非難、否定、
弱点、理不尽な責め、

を言われ続けていれば、
やっぱり悪くなってしまう。

そういう例が、実は
今日の紙面やCh面を騒がしているのではないか。


「バカ」「ロクデナシ」「嘘つき」「キモイ」
「お前なんか生まれてこなければ」…
などと心無い言葉を投げつけられてきた人々。

「そんな扱いしか望めないのだったら。
しかも、誰も守ってくれない。
ならば自分で、自分の尊厳を守るしかない…。」

だったら、その過程で
他人を傷つけようと、
2倍で返そうと、
破滅させようと…。


正当防衛。 じゃないか??

そんな、誰も頼ることのできない、
心傷ついた人々の過ちが、怒りが、
事件として世に噴出した。
ように俺には見える。

―――――

今度は逆の話。

例えば、祖母から
「○○ちゃんは天才ねぇ。」
と毎日誉められたとしたら。

「あなた、いい人ね…。」
「優しいのね」

と感慨深く、彼女から言われてきたら。

「デキるね、△△くんは!」
「期待しているよ!!」

と上司から言われ続けていたら。…

その人は一体、どうなっちゃうんだろ??!!

―――――

そう考えてみて、ふと思ったのだ。

紙面を賑わしてしまった「逮捕者」「殺人者」たちの人生に、
もし<プラスの声掛け>をしてくれる人が居たなら。

孤独・辛さ・悲しみの底に、たった一人でも、
我ら弱い者を肯定的に捉えてくれる方が居たなら。…

そんな善なる人たちとの関係が、
まだ一本でも残っていたのなら…。

近年のような異常犯罪や、
他人から奪ってでも…という詐欺、強盗の類は、
防げたのではないか…?

ふと、そう思うのだ。

言葉の親切がどれほど今の日本に必要なのか。
温かい、人を癒す言葉が求められているか…。


そこで、読者の皆さまにお願いである。

あなたの手と、あなたの声の届く範囲で、

世から背を向けられちゃったり、
一人で寂しくご飯食べてたり、
親からガミガミあらぬ叱責をされていたり…


そんな子ども・家族・友人・同僚らに、
是非とも慈しみと優しさの声掛けを
して下さいませんか。



<あなたが安心して暮らせる未来のため>、
とか、遠大なる下心 があっても全く構わない。

私たち一人ひとりのかける言葉が、
他人を、群れを、そして社会を…。
変えていくのだから。

我ら、大抵の場合、
「イケメン」と言えば「イケメン」になり、
「いい人」と呼べば「いい人」になるのだから…。

―――――

その究極 Ultimate は、
父なる神のレッテル貼り である。

『わたしはあなたの名を呼んだ。
あなたはわたしのもの。


あなたが水の中を過ぎるときも、
わたしはあなたとともにおり、
川を渡るときも、あなたは押し流されない。
火の中を歩いても、あなたは焼かれず、
炎はあなたに燃えつかない。


わたしが、あなたの神、主、
イスラエルの聖なる者、
あなたの救い主であるからだ。』

(イザヤ43:1~3)

『さあ、わたしの父に祝福された人たち。
世の初めから、あなたがたのために
備えられた御国を継ぎなさい。 』

(マタイ25:34)

そうだ。あなたに気付いて欲しい。

父なる神は今、この瞬間にも、

あなたの悲しみを、孤独を慰め、
あなたの痛みを癒して下さる。


あなたがその大いなる愛に気付き、
「神さま、受け取ります」と心を開きさえすれば…。


遅すぎることなど無い。
いつでも、誰でも、主を
信じるならば。期待するならば。…


Born again God's way に、
そうだ。我ら、生まれ変わるのだ。
スポンサーサイト
別窓 | 「この世の真理」とは | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【授業参観】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【Being 後藤】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/