後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【備えなき 民】
2014-07-06 Sun 10:02
朝の通勤電車に乗っていると、痛切に思う。

携帯をいじる者。
ゲームする者。
週刊誌を読む者。
半眠の者。
資格の教本を睨む者。

そして、
不動産投資
神学
人事経営
金儲け…と本を読みふける者。



仕事に、
学業に、
趣味に、
Killing Timeに、…
ひたすら忙しい。

朝通勤
              <朝の通勤マジ辛いわ…>







後藤は思う。

我ら、
目の前の事物に忙しくすることで、
先の現実を直視しないようにしている。

のではないか。


将来への備えなくして、
漠然と今日一日を生き続けてゆく。

時代の奔流に押し流されながら、

使役され、
搾取され、
喰らい尽くされ、
生かされ果てた自分の人生を、


最期のひと時、我々は
どう振り返るのか。




金について考えただけでも、そうだ。
備えがない。心構えと覚悟もない。
Visionも、先見性もない。

そんな状態で掴めるものは、結局
ボーナスや
宝くじや
ギャンブルや
遺産相続なんぞで
転がり込む小金だけだ。

思い煩うばかりで、
備えのない民に、
潤沢なキャッシュフローは作れない。


我々の信仰も同様。
備え、心構えと覚悟。
Visionと、先見性。…

主への信頼と従順、
招命に突き動かされ、
世俗の価値観と異なる生き方・価値観を選ぶ人生へと。…

暗やみと暴風の中、
主と共に立つ信仰が求められている。

―――――

「機を見て敏」と言う格言がある。

41年生きて、思わされる。
この言葉の真意は、

「機」を見て「チャンス」と判断できる知恵と、
「敏」にその時その場で始動できる備え、
つまり日頃からの覚悟と物理的・経済的準備が必要だ。
ということ。


「俺にはでかい夢がある」という若者がいる。

「日頃どんな訓練をしているの?」
「準備は?」
「貯金しているの?」
というと、返事は芳しくない。


機会は、実績を問う。

その人の目標達成に向けた、
日々の倹しい努力と献身、克己を問う。


言葉だけでは、何も担保されていない。
あるのは Air だけ。

逆に、実績は担保である。



ということならば、
今ここから、誰であっても。…
夢の実現に向けて努力を開始することができる。
ということだ。

王の城壁を築くために、
レンガを一つづつ積むことは、
誰にでもできるのだから。


どうか主よ。
あなたの招命へと歩み進めていく信仰を、
我らの内に日々新しくして下さい。
スポンサーサイト
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【気付きノート】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【沁みてくる】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。