後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
砲弾の音?
2006-12-22 Fri 20:00
12月1日、私が丁度、事業地であるハンバントタからコロンボに戻る道中でのこと。シンハラ人のドライバー、ダヌーシュカが突然ラジオのボリュームを上げ、「Bomb in Kollupitiya」と片言の英語で伝えてきました。その時、携帯がなり、コロンボに居た部下のグネさんからも同様の報告が。事の真相は、防衛庁長官補佐を狙った暗殺ミッションで、コロンボの中心部であるコルピティヤで自爆テロが発生したのです。
それ以外にも毎週のように、手榴弾やクレイモア地雷による政府高官の暗殺未遂事件などが起こっている現状で、首都も含めスリランカの治安状況は必ずしも良い物ではありません。また最近仕入れた情報によると、反政府組織であるタミール・イラーム解放のトラ(LTTE)が敵視して、「Wanted – dead or alive」リストの最高位に入っている役人が、実はごとう家から直線距離で100mtもないところに住んでいることが判明(確かに24時間スリランカ軍が警備してる)。いつドンパチあるか分からない状況が、あら、目の前にあったのね。みたいな感じです。

そんな状況下で、金曜夜に帰宅し、あら妻は教会に外出、食べる物もなく、疲れて汗臭い。故とりあえずシャワーを浴びていると、「ヒューン、バーン」と言う炸裂音が近隣で響き渡りました。その直後、「バンバンバン」と乾いた連射音が立て続けに起こりました。あらら、ついにこの辺も戒厳令かよ…。などと思いつつ、急いで服を着ると、いつでも動ける態勢を整えました。

お隣の大家のところにテレビがあるので、何か情報が得られるかも…と思って外に出ると、使用人のタミール人が空を指差して何か訴えています。すると、ピカッ!バーン、パラパラパラ…と、夜空にきらめく花火に対面したのです。

なんだよ、俺って超臆病者じゃん…と卑屈になりながらも、これが花火でよかった、と思わされたのでした。私の一時の恐怖を笑うように、ヒュー、バーン!バンバンとか言いながら、空に大輪の花が咲いていました。

私たちが日々、何気なく享受している「安全」という尊いもの。奪われてみないと気付かないこと、実はたくさんありますね…。だからこそ、今困っている人たち、他人の苦しみや痛みに想いを馳せて、「自分だったらどう感じるだろう」と考えてみる必要があるのではないでしょうか。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキング
スポンサーサイト

別窓 | スリランカ篇 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<クリスマスって? | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 太平洋上空一万メートルで>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。