後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【彼氏自慢】
2014-06-25 Wed 16:41
真面目な求道者の方が居た。

「熱心に信仰しないとダメなんでしょ。
聖書も何度も読んで、一日何時間も祈って、人々に伝えて…。」

彼女自身は「…せねばならぬ。」の信仰に疲れてしまい、

「私にはできないわ」と言う。

(物見の倒産。
あなたたちはこう言う方を増やしていないか?
神の愛ではなく、自分たちの行ない、ノルマ、
せ Never ならぬの狭義を押し付けていないか…?)


そんな彼女に、後藤は伝える。

「あなた自身の“救われた喜び”のほうが、

“一日何回○○する”という義務よりも、
遥かに大事なんじゃないか」


ちぎっただけ





本当に、

「私イエスさまにゾッコン惚れてます
という愛熱(Passion)の方が、

「信じて、救われよ」
「天国に行きたいかー!!」
「死後さばきにあう」
などの“説教”よりも遥かに強力だ。


「イエスさんったらね、こんなに優しいのよ…」
「ここまで気の利く人は人間にゃいないわ」
「私のこと、本当に大事にしてくれるの」


そんな風に言われたら、誰でも「ん??」って思う。

最初は「この人、頭おかしい?」というヒキ反応かも知れない。
でも「…そんなに凄いの???」という疑問符は残るだろう。

そして主は、かなりねちっこい。

あらゆる機会を捉えて、
「父の与えたすべての者を、
ひとりも失うことなく救う」ために、
私たちに<神の道への帰還>を促して下さる。



だから、冒頭のような「彼氏・彼女自慢」でいいのだ。後藤はそう思う。

そこには頭学問も 嘘も 建前も 教理教派も ない。

ただあなたの主観、あなたの想い、
あなたの慕情、あなたの感じた
主の愛が、
活き活きと語られている。


それでいいのだと思う。


「いや~神さまマジ天才なんで…」 と、
その天才振りを自分の原体験の中から語ればよい。


何故なら。
初代教会のメンバーたちができたのは、
それだけだった。
 でしょ?

でも、それらの言葉がどれほど人々を力づけ、
主に安らわせ、神に近づけたことか。…



我ら、不完全なもの。不備・不足・不十分。

でも「完全に満ち足りるまで待って、」
なんて言ったら人生何ループあっても足りないでしょ?


信号が全部青になってからでないと、出発しない。
なら一生出発できっこない。



だから、自分だけに与えられた恵みを数えてみて。
思い巡らせて、主がどれほどあなたのことを愛して下さったのか…。
その「愛され自慢」を一丁、ぶちかましてください。

惚気(ノロケ)まくってください。
「…またノロケが始まった」
位の勢いでいいです。


そうやって蒔かれた種から、
主は見事な花や実を収穫されますから。…

―――――
<参考章節>

父がわたしにお与えになる者はみな、わたしのところに来ます。
そしてわたしのところに来る者を、わたしは決して捨てません。

わたしが天から下って来たのは、
自分のこころを行うためではなく、
わたしを遣わした方のみこころを行うためです。

わたしを遣わした方のみこころは、
わたしに与えてくださったすべての者を、
わたしがひとりも失うことなく、
ひとりひとりを終わりの日によみがえらせることです。
(ヨハネ6:37~39)



「主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる」のです。

しかし、信じたことのない方を、どうして呼び求めることができるでしょう。
聞いたことのない方を、どうして信じることができるでしょう。
宣べ伝える人がなくて、どうして聞くことができるでしょう。
遣わされなくては、どうして宣べ伝えることができるでしょう。

次のように書かれているとおりです。
「良いことの知らせを伝える人々の足は、なんとりっぱでしょう。」
(ローマ10:13~15)
スポンサーサイト
別窓 | Christianityってなんですか | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【必要な 死生観】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【神飯】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。