後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【大人の豪腕】
2014-06-11 Wed 18:21
ハインリッヒ・シュリーマン(ドイツの実業家・考古学者)という人がいる。中学の歴史にも出てきたよね。
18ヶ国語に堪能し、アメリカのゴールド・ラッシュ には商社として一枚噛み、
クリミア戦争 では武器商人としてロシアに武器を密輸、一代にして巨富を成した。

そんな事業家だ。

だが、彼が歴史の教科書に出てくるのはビジネスの才覚で、ではない。
当時それほど信じられていなかった古代都市、トロイア遺跡 の発掘においてである。

シュリーマン






「トロイアの遺跡」とは、ギリシャ神話に語られた(架空の、と思われていた)都市国家で、

<トロイの木馬を引き入れて、内側からゲートオープン、焼き討ちされ滅んだ例の都市>である。

ポセイドン、アテナ、アポロン等が登場しちゃうハチャメチャ神話の舞台でもある。
またヘラクレスがメデューサの視線で海獣を倒した、あの王国のことだ。


シュリーマンが子どもの頃、トロイア発掘を志した時代、人々は半信半疑で・散漫に発掘作業をしていた。

しかし彼は従来の遺跡発掘には可能性を見出せなかった。

彼自身がまず必要な財を築いてから、現場に向かったのである。
その時シュリーマンは48歳であった。

―――――

目的を達するために、シュリーマンには複数の道があったと思われます。

●一つは発掘部隊に編入されるよう学問や資格、実績を積み重ねること。
学者や教授らにくっついて、自分の意見を聞いてもらえるよう、努力して信頼を勝ち取る。

若しくは穴掘り人夫としてでもいいから雇用してもらって、
現場でひたすら鍬を振るうこと。…


◎もう一つは、やはり自分で計画を立て、
現地にて物資調達、人材雇用・編成をし、
発掘の専門家による訓練を施しつつ、

政府を説得し必要な許可を取って、
遺跡発掘に挑むこと。…


(俺はどっちかと言うと●の方が向いていると思う。
その方が食いっぱぐれがないしね。

でも、本当にしたい仕事はできないだろうな。
言を左右にする教授に従うしかないわけだから…。)


シュリーマンの場合はもっと悪かった。
何故なら対象は、神話上の街:トロイアである。
一笑に付されて、誰もスポンサーが付かない。…

「じゃあ俺がやる」
「その方が早い」


周囲の不理解を何とも思わず、
政府や研究機関を責めず、
スポンサー不在の境遇に不平不満も抱かずに、

シュリーマンはそう誓ったのだろう。

そしてシュリーマンは実際に故郷を離れ、
海外に打って出て、波乱万丈ありつつも、
商社勤務 → 資本家として一歩一歩進んでいったのだ。

シュリーマン48歳の年、晴れてトルコ国内での遺跡発掘に取り掛かる。

素人にも関わらず遺跡発掘などやったので、
最初は無許可・非合法で掘ってみた(翌年には正式に許可されました)。

だがその発掘手法は粗く、遺跡の損傷も激しいとのこと。…アララ?
また学会での発表は、年代の査定が甘く非難轟々だったという。


だが、架空の都市を現実の国家として表わした功績は大きい。
その見解だけは考古学の枠内で共通のモノだろう。

「なに~?文句あるの?
じゃあ自分でやりぁいいじゃん!!」

シュリーマンにそう言われるのは目に見えているから。…

―――――

「ただ主に依り頼め」 と勧める我らクリスチャンであっても、
イエスさまの語られたこの御ことばに、同時に思い巡らすべきだろう。

『…あなたがたのうち、塔を建てようとするとき、
造り上げるのに十分な費用があるかどうか、
まず腰をすえて計算しない者がいるだろうか。

そうしないと、土台を築いただけで完成できず、
見ていた人々は皆あざけって、
「あの人は建て始めたが、完成することはできなかった」
と言うだろう。

また、どんな王でも、ほかの王と戦いに行こうとするときは、
二万の兵を率いて進軍して来る敵を、
自分の一万の兵で迎え撃つことができるかどうか、
まず腰をすえて考えてみないだろうか。

もしできないと分かれば、
敵がまだ遠方にいる間に使節を送って、和を求めるだろう。』

(ルカ14:28~32)


あなたは。
何か成すべきだ。


そう主から託宣されたのなら。

まず腰をすえて計算せよ。
腰をすえて考えてみよ。


重要な事業、
時代の本質を突いている仕事、
主に喜ばれる役割…。



『あなたにだけ』
が必ずあるから。
スポンサーサイト
別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【聖書、これって】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【偽りの○○】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/