後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【偽りの○○】
2014-06-11 Wed 13:03
喫煙論議をしようではないか。

<タバコ喫って良い事>:

①活性化

ニコチンを摂取すると心地良かったり覚醒感覚を得られる。
これは、ニコチンが脳内の “報酬系” と呼ばれる部分を活性化させるからだ。

報酬系とは、
我々の欲求が満たされた/満たされる見込みの時に作動し、
快い感覚を与えてくれる神経部位である。


つまりタバコを吸えば、実際は自分で何も実現してないくせに:

「成功だ」
「やったぞ!」
「俺様天才」的な

【かりそめの達成感・成し遂げ感覚】

が得られるらしい。

一本数十円の煙の素で、見たこともやったこともない成長感が味わえる?なら安っすいモンだ。

*ちなみに覚せい剤など麻薬も、報酬系を刺激する薬物の一種だ。


②日本政府の税収アップ

H19年度のタバコ税収を見ると、合計 2兆2,703億円。 いいね!

喫煙者を更に罰して、タバコ一箱1,000円にすると、最も Aggressive な試算では

「最大5兆9,000億円の増収が見込める」

とのこと。やっちゃえよ!
(厚生労働省研究班・奈良女子大学教授 高橋裕子氏)

②’喫煙者は早死にするため、

政府は医療費、年金、高齢者向け住宅などにかかる少なからぬ費用を節約できる。

「フィリップモリスは、チェコの国家予算に対する喫煙の影響の費用便益分析を外部に委託した。
すると、実は喫煙のせいで政府が失うお金より手に入るお金のほうが多いことが判明 した。その理由は次のようなものだった。

“喫煙者が生きている間は国家予算の医療費負担が増えるものの、
喫煙者は早死にするため、
政府は医療費、年金、高齢者向け住宅などにかかる少なからぬ費用を節約できるのである。”

その分析によれば、喫煙の「好ましい効果」―――タバコ税収や喫煙者の早死にによる公費の節約など―――を勘定に入れれば、国庫の純益は年間1億4,700万ドルにもなる という。」
(Michael J Sandel著、「Justice ---What's the right thing to Do>>>>>」)

③JT(日本たばこ)の収益向上

国内の生産拠点・工場を閉鎖しまくって、

税引き後当期利益(H25.4~H26.3)4,350億円。
対前年度比 23.9%の伸び!

みんなのお陰だよ!もっと喫ってくれ!!

これで株主配当は右肩上がりだし、役員・幹部にボーナスも出せますよ!


④医療関係者の収益向上

COPD罹患者数、アップ!
肺がん罹患率アップ!

肺がん?大規模な手術になりますよ~覚悟してください。

勿論費用も素晴らしい!

10日入院・胸腔鏡手術で 165万円プラス!
21日入院・重粒子線治療で 363万円プラス!プラス!

(これで俺さまの院内 politics も上手くいく…院長の椅子も目の前だ、ククク。)

お大事にしてくださーい?
喫煙は程ほどに(お前からは死ぬまで搾取させて貰うんだから)!!

喫煙_死





<タバコ喫って悪いこと>

①自分が死ぬ

②受煙で周囲が死ぬ

③周囲の飯を不味くする

④環境に悪影響(吸殻、灰)

⑤寝タバコで火災

⑥子どもが真似して喫煙

⑦みっともない

⑧自己中心的行為である
(気付けてない?嘘だろ…)

⑨習慣性に抗えない/自制感覚の消滅/自信喪失

⑩無いとイライラ。そしてイライラは吐け口を求める

⑪経済的損失。
あんた一年分のタバコ代あったら、何ができるようになると思う?

⑫ともかく万病の元。

多様ながん(口腔・鼻咽頭・副鼻腔・喉頭・肺・食道・胃・膵臓・大腸・肝臓・腎臓・尿管・膀胱・子宮頚部・卵巣・骨髄性白血病)、
精神疾患
呼吸器疾患
循環器疾患
脳・神経疾患
口腔疾患
消化器疾患
内分泌代謝疾患
血液疾患
代謝内分泌疾患
皮膚疾患
眼疾患
手術の失敗
女性の疾患(性機能疾患、妊婦の疾患、胎児・乳幼児の疾患、授乳による疾患)
男性の疾患(性機能疾患)
受動喫煙による主要な疾患(がん、呼吸器疾患、循環器疾患、妊婦の疾患、小児の疾患)

⑬急性ニコチン中毒死に必要な本数:3本。

タバコを水につけ、ニコチン水溶液化して飲めば自明。

⑭実はヘロイン、コカインよりも高い依存性
一度吸ったら脳に刻印される。一生ニコチンが付いて回る。

⑮仕事中に頻繁に退席し喫煙
周囲から煙たい目で見られると同時に
「あいつちゃんと仕事してんのか?」と批判される。不信の目で見られる。
リストラ期に真っ先。

⑯面接で。「タバコは喫いますか?」「はい」

「今回は残念ながら…」
(ある米国企業では、肥満と喫煙者は「自己抑制ができない者」と見做され不合格とされる。そんな話は現実にある)

⑰根性焼き

⑱インド行ったら大麻喫煙への入り口

⑲シンガポールに行くとき気が気じゃない

⑳タバコを借り(そして忘れ)ると、変に恨まれる



まだまだ、挙げればきりがありませんね!!

<結論>

何も言うな。
ともかく今すぐ禁煙めろ、って事です。
禁煙める為に相応の苦しみを受けよ、という事です。だらだら続けていないで。


同時に、かりそめの満足、
偽りの達成感になど頼らずに済むように、


あなたの本当の人生目標の達成に向けて、
心と身体を動かしていくことです。


約束します。
3年後、5年後、

絶対違う成果が出ていますよ。
スポンサーサイト
別窓 | 「この世の真理」とは | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【大人の豪腕】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【ベテスダにて】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。