後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【知恵は 選ぶ】
2014-05-15 Thu 22:49
「知恵は人を選ぶ。」

可笑しいだろうか。
「人が知恵を選ぶのではなく、
知恵が人を選ぶ、だと?バカ言っちゃいけない。」


検証してみよう。

Mc Donald





―――――

マクドナルドで。子供向けのハッピーセットに WBのトゥイッティー(らしき。ピカチュウかも知れん…)のバネ仕掛けおもちゃが付いていた。
5歳くらいの女の子が母親に「これどうやってやるの?」と聞いた。自分でやろうとしたが上手くいかなかったようだ。
母親が無言でねじを巻いて、おもちゃはカタカタと動き出した。


そこから、連想の中で見せられた光景。

家に帰った母娘。娘はもう一回ねじを巻いてトゥイッティーで遊んだが、その後すぐにおもちゃ箱に放り込んで―――以後、二度と取り出すことはなかった。

確かに、何にも面白いとこねーよ!
日本マクドナルドさん!!

だが神は、後藤のツッコみにも拘らず続きを見せてくれた。

場面は変わってカシミールの山岳地帯。
そこでは21世紀の今でも、子どもは何キロも歩いて通学するか、
家の手伝いで水汲みから家畜の世話、コーン栽培などに従事するか。

おもちゃ As we know it in Japan なんてありません。皆無です。
ノートさえないんだよ?だから皆小さな黒板に泥水で書いては、へらで削って落としてきれいにする。
強いて言えば、家畜が可愛いペット。…そんな場所だ。

そんな山間の村で、一人の娘さんがプラスチック製の動くおもちゃ、トゥイッティーを手に入れたとしたら…?
それは文字通り、その村に唯一つの、西洋(東洋…?)のバネ仕掛けのおもちゃなのだ。

その子は友達に見せびらかすだろう。
仲のいい子には貸して遊ばせてあげるかも知れない。
そしてネジが金属疲労で伸びるか千切れるまで、そのおもちゃを大切に扱うだろう。

いや、それ以上かもしれない。壊れたら修理しようとするかも知れない。
全て分解して構造をくまなく調べ、その機構を理解する努力をするかも知れない。

自分で分からなければ、本を読んで学ぶ。
単にバネ仕掛けの仕組みのみならず、金属の性質や加工について。
プラスチックがどのように成型されているのか、プラスチックの種類、色の付け方。
そしてこのおもちゃを世界中で配布している“マクドナルド”と言う Global Empire についても。ハンバーガーと言うもの、その生産過程、流通、販売戦略/CM、ロナウド・マクドナルド氏、他の人気の全くないキャラクターたち、レイ・クロックという創始者とその使命、着眼点…。

全ては受け取る側。
その受け取るキャパによる。

人によってはゴミにしかならないおもちゃとの出会いが、その感動を起点として全く違う次元の考えや価値観、新しい“世界”を提供してくれるのだとしたら…。

その人間の意欲、動機、姿勢を見て、
知恵は内包する宝を与えるか否かを決定する。

知恵はやはり、受け取る人間を選ぶのだ。

―――――

筆者も知恵に選ばれ、否選ばれなかった。

マイケル・ポランニー(社会学者)の提唱する「暗黙知」というコンセプトが長らく理解できず、理解できない自分の頭は棚上げして

「ポラン兄の書き方がなってない」とか
「大変独りよがりの本だ」

などと非難していた。
マァ、嫌な上司から「読め」と言われて強制感想文、だったから尚ムカついたんだけどね。

だが、脳神経学、海馬や側坐核の働き、EQの背後に眠る莫大な無意識の世界を知るにつけ、だんだん「奴の言いたい事が分かってきた」。

確かに、知恵は人を選び、備えのない者は問答無用で一蹴してしまう。

だが知恵は人の成長に合わせて、いつでもその門戸を開く準備はしているのだ。
スポンサーサイト
別窓 | 「この世の真理」とは | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【神は与え給うた】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【Joseph Be Good】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/