後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【ナイスちょいかけ】
2014-04-17 Thu 21:13
ちょいかけが流行っているらしい。

4月16日、後藤は越谷物件の整理で一日働いていた。

そこへ老齢のおばさまが立ち寄って、前住民であるYファミリーはどうなったのか、等々立ち話をして行った。

その中で後藤の家庭事情等についても色々聞いてくるので、

「ん、ウザイな」

と思いつつ流していると、おばさま突然声をひそめて

「ちょっとここだけの話なんだけどね」
と急接近してきた。そして鞄からチラシを出して、

(ムカつくのでダイジェスト版でお送りします。)

犬y







「住民が亡くなったで、彼らの思念・怨念的なものが家に憑いている(のが私には感じられる)
「お祓いをしてもらったほうがいい」
「お勧めの坊主・お寺がある」
「私もね、夫を亡くして&水子供養で超効いたのよ」

ここまで来ておばさま=「寺の回しモン」確定したので、

「いや~実は俺クリスチャン」と告げた。

おばさまに動揺走る。シドロモドロ的に噛みながらも、

「何であなた、外国の神さまに…」
「ここは日本なのに…」
などと言っていた。

神さまに国籍があることを俺は初めて知った。
それに対して、
「うちの神さまは全世界規模の主なんで」と言うと、

「日本には富士山あるでしょう、あれは神なのよ!」などとノタマイ始めた。

「噴火したら大変ですよね(神の怒りとか言い出すかな…)と返すと、

(ダイジェスト版でお送りします。)

「噴火したら首都圏壊滅」
「私のお勧め坊主は、富士山地下のマグマ状態を常に千里眼(clairvoyance)している」
「そんだけ凄いの私の坊主」

等と見事に脱線してくれた。

去り際におばさまは捨て台詞を吐いていかれた。

「新しく家を建てるとき、地鎮祭ってあるでしょう。中古物件でも同じようにした方がいいわよ」
「さもないと…悪いことが起こったりするかもね(ククク…)」

こっちが素直にお前の言うこと聞かねぇ、
坊主リスペクトしねぇ、
アンタの言う怨念(笑)にビクビクしねぇからと言って、

呪うんじゃねぇよ!

―――――

人間の脳はいろいろな出来事やアイディアを結びつける働きに優れている。

その脳にやれ
「厄年だ」
「怨念だ」
なんだとインプットすれば、

何かあるたびに
「ああ、本厄」
「やっぱ怨念」と容易くつながってしまうのだ。
悪いほうへも、良いほうへも。


おばさん、あなたが親切心から寄ってくれたことは疑わない。

だが何気に<呪いのちょいかけ>すんの止めてくれ。
スポンサーサイト
別窓 | ジョーク集 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<【いのち 平安】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【らくらくビジネス】>>
この記事のコメント
#666
小生なら フランシスコ=ザビエル から カトリックと浄土真宗の話 へと繋げていきます

誰にどんな福音を届けるか… 
どうやって会話に食いつくか…
大事だと思ってます

מררים   苦い香草 船荷
מררי    憎む
מרי   マリー メアリー 黙示 啓示 苦い
רר     涎・よだれを垂らす

実行あるのみ です

2014-04-17 Thu 23:10 | URL | あおいよだれかけ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/