後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【世界を動かしている 力】
2014-04-04 Fri 22:28
この世界を動かしている力。

それは、
人の心理と
それを方向付ける動機だ。


マズ郎







この世の、いや典型的な資本主義世界の動機は、

「世界の中心で、俺中心 と叫ぶ」

である。

「まあ、俺さえよければいいかな」

ということである。

他人よりも稼いで、
他人よりもいい車に乗って、
他人よりも裕福で、
他人よりも教養があって、…

欲望の赴くまま、
嫉妬や羨望、虚栄心の駆り立てるままに。
自分のためだけに全力を尽くす。

どんな酷い災害に見舞われても、
事故に巻き込まれても、
不治の病に罹ろうとも、

「なぜか俺だけは死なない(ラッキー☆

という幻想にも通じる。


しかし強欲に駆り立てられ(Driven)
自己中心的な動機を更にエスカレートさせていくと、
目標達成の過程で:

何人泣こうと、
何人傷つこうと、いや仮に
何人死のうと、関係なくなる。…

俺さえよければ。

それが我々の住む現代社会、
資本主義社会が行き着く究極。

弱肉強食(Law of the Jungle)
の世の辿り着く結末だろう。…


そして、人類の歴史が証言しているのは、
<Extreme 俺さえよければ!!>

<Absolute 身の破滅>
と同義であることだ。

「Over the Rainbow」のジュディ・ガーランドが実はビッチで薬物中毒死したことや、
最も裕福なビジネスマンらの盛者必衰も、

誤った動機で生きる人間の儚さ を痛感させるに十分だ。

―――――

だから、俺たちは世の動機、人の動機、

以上の何かを求めなければならない。



使徒であるペテロは、それをこう表現した。

『主は(中略)、
ひとりでも滅びることを望まず、
すべての人が悔い改めに
進むことを望んでおられる』。

(IIペテロ3:9)

<全ての人を救う>という、神の動機だ。

その視座に立って始めて、

我々は世界と、地域と、隣人と、
一つの輪(神のPresence)の中に居ることを実感できる。

神の動機は、ゼロサムゲームではない。

ブルジョア(資本家)が勝ったらプロレタリアート(労働者)が負ける、ということではない。
誰かが多く取ったら、他の誰かの取り分が減る、ということではない。

実に、神の恵みは受け取る姿勢のある者のために、
溢れんばかりに、マジ無限に、用意されている。


我々の思惑を遥かに超えた、神の動機。

それは主の道に歩もうと決意する者たちに、

等しく迫ってくるのだ。
スポンサーサイト
別窓 | Christianityってなんですか | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【ちょっと道路事情の解説のために】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【怪我できる Luxury】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/