後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【人を獲るセールスマン】
2014-03-23 Sun 22:28
米フォード社の最初の営業マネージャー、ノーヴァル・ホーキンズがその著作

「セールスマン必携――販売のプロセス」(1918年)

で言っていることが、後藤の脳を震撼させた。


「セールスマンとして成功するには、
肉体も頭脳も精神も清潔そのものでなくてはならない。

そして正直で率直でなければならない。」

「良いセールスマンの条件は、身なりでも口上でもなく、
顧客の信頼を勝ち取る人間性そのものである。

だからまず、顧客の信頼を勝ち取るために、
良い人間にならなくてはいけない。」


この文章を読んで、涙が出た。

「いい人」で良かったんだ…。

それなら、私のこれまでの人生は、
迷い悩んだ右往左往は、無駄ではなかった。…

いいひと。




―――――

厭な経験。人並みに沢山ありました。
加えて、他人(そして自分)の中に垣間見える:

醜さ、身勝手さ、復讐心、
見栄、自分病、嫉妬、
無関心・無感動・無感謝、…

躓きの石の連続。山と谷のこの人生も、
ただ俺の人格を磨き上げるためだったとすれば。…

主にあって、
…汚泥の底でも人としての美徳、品格を失うことなく、
いや育み強めながら歩めているとすれば…

俺の信念や方向性は間違っちゃいなかった。

御霊が確信させてくれたから、素直にそう思い直せたのです。

―――――

振り返って現代社会。

“良い人間”であること、
信頼に足る人間性を備えること…。


今日、これほど等閑(なおざり)にされている要素があるでしょうか。


人格の完成。それは、

年収・肩書き・知名度などにのみ注目する底浅い通念や、
世の定義する「成功」とはかけ離れた物…。

その人と出会うとき、誰もが察知する汚臭や芳香。
取り繕えず、偽れず、隠し切れないもの。…

「コイツハ信用デキル」
「コイツノ言ウ事ハ信ジラレネェ」という、直感の根拠…

誰かに代わりにやって貰うことも、金で買うこともできないモノ。
筋トレや朝ごはんと同じで、自分でやる/食べる必要があるモノ。…


日本が国家的に沈没しているのは、表面的成功ばかりを強調して、

“いい人”たちにスポットライトを当てずに来た。
“良い人間”を育てることを怠ってきた。
“正直者”“真面目な働き者”にバカばっかり見せてきた…。

それだけじゃないのか?とつくづく思わされるのです。

―――――

そんなことを考えていた時。パウロの言葉が耳に響きました。

「艱難が忍耐を生み出し、
忍耐が練られた品性を生み出し、
練られた品性が希望を生み出す」(ローマ5章)


だから俺は今、こう言えるのです。

「恵み深い主よ。
我に艱難辛苦を与えたまえ」

と。

全ては“良い人間”となるために。

そして更に、
“良い人間”を獲るセールスマンとなるために。…

艱難にあっても、
あなたの恵みと導きの中を歩ませて下さい。

―――――

「…キリストによって、今私たちの立っている
この恵みに信仰によって導き入れられた私たちは、
神の栄光を望んで大いに喜んでいます。

そればかりでなく、艱難さえも喜んでいます。

それは、艱難が忍耐を生み出し、
忍耐が練られた品性を生み出し、
練られた品性が希望を生み出す
と知っているからです。


この希望は失望に終わることがありません。

なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、
神の愛が私たちの心に注がれているから
です。」
(ローマ5:2~5)
スポンサーサイト
別窓 | いま ここに あなたがいる 理由 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<【かなしい】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【精算】>>
この記事のコメント
#664
いや

それでも 人の肉の ダマす本能 と 
騙される愚かさ には 嫌気がさします


本当に キリストの贖い は 揺るぎません 
何にも変わることがありません
2014-03-26 Wed 00:12 | URL | あおいよだれかけ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/