後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【精算】
2014-03-20 Thu 21:35
会社員の必須科目として「出張費の精算」がある。

出張中に支払った公費を一覧にし、
領収書と併せて総務・経理に提出して、
自費会計分を取り戻すのだ。


そこにはあなたが、

①いつ、
②どんな手段で、
③どこへ行き
④誰と会ったか。また、
⑤何をしたか/買ったか/食ったか。

等々全て記帳され、総務の方にチェックされる。

そして、書類と領収/お釣り間の、

¥1の狂いも許されない。

提出しても返って来ちゃう。
勿論返金もしてくれません。Too bad!!

領収…なのかコレ




―――――

これが世の精算だったら、最悪自腹で帳尻合わせて出しちゃえば、ね。


しかし主の精算は―――特に我々が主に敵する者、背く者ならば―――恐ろしいものになります。…

例:
A.タラントンの精算
B.ぶどう園の使用人が精算(=粛清)された
(詳細下記)


私たちも終わりの時に、キリストと共に実りを振り返ります。

主の招命に従い切った後で、

「私は取るに足りない僕です。
しなければならないことをしただけです。」

と言える恵みに、どうか浴させてください。

―――――

A.タラントンの精算

『天の国はまた次のようにたとえられる。

ある人が旅行に出かけるとき、僕(しもべ)たちを呼んで、自分の財産を預けた。

それぞれの力に応じて、
一人には5タラントン、
一人には2タラントン、
もう一人には1タラントンを預けて旅に出かけた。

早速、5タラントン預かった者は出て行き、それで商売をして、ほかに5タラントンを儲(もう)けた。
同じように、2タラントン預かった者も、ほかに2タラントンを儲けた。
1タラントン預かった者は、出て行って穴を掘り、主人の金を隠しておいた。

さて、かなりの日が経ってから、僕たちの主人が帰って来て、彼らと精算を始めた。

まず、5タラントン預かった者が進み出て、ほかの5タラントンを差し出して言った。
「御主人様、5タラントンお預けになりましたが、御覧ください。ほかに5タラントン儲けました。」

主人は言った。
「忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。」

次に、2タラントン預かった者も進み出て言った。
「御主人様、2タラントンお預けになりましたが、御覧ください。ほかに2タラントン儲けました。」

主人は言った。
「忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。」

ところで、1タラントン預かった者も進み出て言った。
「御主人様、あなたは蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集められる厳しい方だと知っていましたので、恐ろしくなり、出かけて行って、あなたのタラントンを地の中に隠しておきました。御覧ください。これがあなたのお金です。」

主人は答えた。
「怠け者の悪い僕だ。わたしが蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集めることを知っていたのか。それなら、わたしの金を銀行に入れておくべきであった。そうしておけば、帰って来たとき、利息付きで返してもらえたのに。

さあ、そのタラントンをこの男から取り上げて、10タラントン持っている者に与えよ。
誰でも持っている人は更に与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。

この役に立たない僕を外の暗闇に追い出せ。そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。」』
(マタイ25:14~27)


B.ぶどう園の使用人が精算(=粛清)された

それからイエスは、たとえを用いて彼らに話し始められた。

『ある人がぶどう園を作って、垣を巡らし、酒ぶねを掘り、やぐらを建て、それを農夫たちに貸して、旅に出かけた。

季節になると、ぶどう園の収穫の分けまえを受け取りに、しもべを農夫たちのところへ遣わした。
ところが、彼らは、そのしもべをつかまえて袋だたきにし、何も持たせないで送り返した。

そこで、もう一度別のしもべを遣わしたが、彼らは、頭をなぐり、はずかしめた。
また別のしもべを遣わしたところが、彼らは、これも殺してしまった。
続いて、多くのしもべをやったけれども、彼らは袋だたきにしたり、殺したりした。

その人には、なおもうひとりの者がいた。それは愛する息子であった。
彼は「私の息子なら、敬ってくれるだろう」と言って、最後にその息子を遣わした。

すると、その農夫たちはこう話し合った。
「あれはあと取りだ。さあ、あれを殺そうではないか。そうすれば、財産はこちらのものだ。」

そして、彼をつかまえて殺してしまい。ぶどう園の外に投げ捨てた。

ところで、ぶどう園の主人は、どうするでしょう。
彼は戻って来て、農夫どもを打ち滅ぼし、ぶどう園を他の人たちに与えてしまいます。

あなたがたは、次の聖書のことばを読んだことがないのですか。

「家を建てる者たちの見捨てた石、それが礎となった。
これは主のなさったことだ。私たちの目には、不思議なことでもある。」』
(マルコ12:1~11)
スポンサーサイト
別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【人を獲るセールスマン】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【若者を蔑ろにし続けてきた②】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/