後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
神はあなたの問いを恐れない
2006-12-14 Thu 20:00
人によっては、神さまに質問を投げかけるなど「大それた、不遜(ふそん)な」「神を試みることだ」「あなたは一体何者で、神に質問するのか」というかも知れません。
本当にそうでしょうか。神は、私たちの純粋な質問を、拒絶するでしょうか。

そんな事はないでしょう。全能の神が、一人の人間の真摯な質問を、邪険に扱うわけがありません。
神が、聖書にあるような神ならです。神が、私たちが信頼し、愛している神ならです。人がどう言おうと、神はあなたの質問を恐れたり、「何でそんな事を聞くのか」と眉を顰(ひそ)めたりするような方ではありません。

ならば、大胆に聞こうではありませんか。質問を投げかけようではありませんか。

「神よ、いつまでですか」
「いつまで苦しまなければならないのでしょう」
病院のベッドで、余命僅かな老婆が、若い牧師に語りかけました。
「牧師さん。私はこれまで、健康と、家族のために祈り続けてきました。私の通っていた教会のメンバーたちも、毎週熱心に癒しの祈りを捧げてくれています。でも、私の病は一向に改善せず、私の4人の息子たちも、主に立ち返ることを拒んでいます。
現実に、私はもうすぐ死ぬでしょう。私の祈りは聞かれぬまま、私は逝くのです。」
その年若い牧師は、何を言うべきか分かりませんでした。しばらくの沈黙の後、彼は老婆に語りかけました。
「あなたの肉体の死と、あなたの祈りに何の関係があるでしょう。あなたの肉体は死ぬかもしれませんが、あなたの祈りは生き続けます。神が必ず、あなたの祈りをかなえて下さいます。」

その会話の数時間後、彼女は天に召されました。

粛々と執り行われるご葬儀の席で、老婆の4人の息子たちを見かけた牧師が、老婆の生前の祈りを、彼らに伝えました。するとどうでしょう。その日から、その4人の息子たちは再び主イエスに信頼し、神の愛にすがるようになったのです。

今や彼女の魂は天国で、老いや苦痛から解き放たれて、安らかに憩っているでしょう。そして、一度迷い出た彼女の息子たちは、再び主の道に戻りました。彼女の願いは叶ったのです。

たとえ肉体が滅びても、祈りは生き続けます。
神の約束は、必ず成就します。
予言は、現実のものとなります。
祈りは、聞かれます。
ならば、私たちは信仰に固く立って、神の答えを待つべきではないでしょうか。
神の回答は、救いは、遅れることがないのですから。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキング
Mt.Lavinia2
スポンサーサイト

別窓 | 神さまってどんなかた? | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<“Christian”から“Christ”をとったら | キリストの愛を 超多忙なあなたに | あなたが行動する時に>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/