fc2ブログ
後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
ありのままでよい
2006-09-13 Wed 00:39
主イエスは、その名のとおり「イエス」です。「はい」です。肯です。

都会では皆、「ありのままでよい」と言うことを忘れてしまっているかのようです。人間誰でも、「他人から好かれたい、認められたい」という欲望があります。好かれるためにいろいろ努力するわけですが、「右へ倣え」と
いうのも辛いし、その潮流に反抗してるつもりでなお「右とは違う方向へ倣」うのも辛い。流行に従い髪を染め、化粧をし、理論武装もして、「スタイル」という仮面をかぶって自己表現をする…。でも仮面は仮面でしかないかな…。その仮面と本来の自分が乖離(引き離れる)しすぎると、人間欝になったり精的に破綻したりするのではないでしょうか。
また、多くの人が一般社会の勝手に決めたステレオタイプやイメージで、「こうあるべきだ」「こうでなければならない」という枠に、自分も他人も押し込めて、苦しんでいるのではないでしょうか。
一言;そんな考えは不遜で、傲慢です。
!だって神さまが、「ありのままのあなた」を愛してくださっているんですから。!
社会生活の中、他人と違う存在であり続けることは勇気のいることです。残念なことに「キモイ」「うざい」と無経な言葉の刃で人を切るようなおバカもいます。でも、JCイエスキリストは言っていますね、「自分自身の塩気(=独自性、ユニークさ)を保ち、なお互いに和合して暮らしなさい」と。
仲間欲しさに迎合する道を選ぶことは簡単です。でも自分のアイデンティティをしっかりと確立し、揺るがない自己を保ちつつ、なおかつ他者と共存できるだけの人格とゆとり、精的なタフネスがあればなお良いよね。

「士は己を知る者の為に死す」と言う言葉がありますね。実に日本人好みの言葉です。そして、JCイエスキリストはあなたの全てを知っているだけでなく、そのままのあなたを愛しているんですよ。そしてあなたがもっと満たされ、幸せになって欲しくて、力を尽くして下さっているんです。
彼があなたを理解し、愛してくれているように。あなたがもしJCイエスキリストとの関係を深めようと努力するなら、その努力の分だけ主もあなたに近づいてくれます。
また、彼があなたを理解し、愛してくれるように。あなたがもし「OOさんも同様に彼に愛されている、特別な人間なんだ」と他を認め、愛を持って接するなら、その愛はいつか必ず実を結ぶでしょう。友情や信頼という豊かな実りとなって。

だからこそ。ありのままのあなたを、JCイエスキリストが認めて愛してくれたように、そのように、ありのままのOOさんを、あなたが認めて、愛することができるように。これが円満な人間関係のコツ、この世の真理の一部なのではないでしょうか。
スポンサーサイト



別窓 | 「この世の真理」とは | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<本当の幸福とは | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 文句ばっかり→感謝ばっかり2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/