後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【主よ・あなたに】
2014-01-31 Fri 21:58
友人と色々話し込んでいた時。
教会への愚痴「こうなって欲しい要望」はあるけれど、
それらを超えた宝 に改めて気付くことができた。

それは、
「この場所に教会があり、

教会の兄弟姉妹、
師匠・メンター・ジェダイ他が居てくれたからこそ、

俺はキリストに出会えた」
という事。

「俺はそれで十分だ」
という事だった。

calming-the-storm-by-jon-mcnaughton-15-options-available-4.jpg






世には千差万別の教会がある。
分派しまくって恥ずかしい限りの教派教理がある。


教会のサイズにこだわり、その内容(つまり、教会員の救いだ)を疎かにする教会がある。
どうしようもなく拝金主義の教会もあるし、
大変内向きな教会、部外者を一切寄せ付けない、閉じた教会もある。

偉い「センセイ」になっちゃった牧師や、自慢話ばっかりの鼻高神父、
お気に入りの Yes Men のみ布陣させる牧師、
教団の上役にワザとらしいおべんちゃらを使う、リーマン牧師もいる。

「恵まれました」=「ノリノリでした」
「主にすっげ触れられました」→「また触れられました」→「ハレルヤ」…(永遠に繰り返す)
「どこどこ教会のナニナニ牧師は…」
「ナントカ聖会でホニャララなブラブラ牧師がピーピーでピーピー」
とか言いながら、主の再臨スピードを侮り、何も備え進めていない兄弟姉妹がいる。

(そうして Most of all、上記を激しく非難しつつも、
主に対して何にもできていない自分がいる。…)


でも、全部込みこみで、
「あの教会がそこにあってくれた」。

「俺はそれで十分だ」。
と思えるようになった。


誰が何を言おうと、
どれほど熱心に批判しようと。
またこれからも、
どんな厳しい運命が待ち受けようと、

教会よ。そこにあってくれてありがとう。
教会を通じて、
俺はイエスさんに会えたのだから。


主よ・あなたに出会えたこと。
主よ・あなたを知る特権を与えられたこと。

それだけで俺には十分なんだ。
スポンサーサイト
別窓 | 教会へ行く | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【自己流化】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【日本再占領計画】(その1)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/