後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【聖霊 Don't cry for me】
2014-01-19 Sun 20:41
カジュアル・パワハラ(Casual power harassment)
はどこにでも存在する。

あなたを蔑み、貶め、
自分を良く見せようとする 残念な個人が、
どの職場、どの教室、どの現場にもいるからだ。

カジュハラ(無理な略だ)とは、いわゆる風評被害。
何気ない一言に悪意を込める。

その人を成長させようとか、
長期的視点に立ってより良い関係を築いていくためのアドバイス、とかではなく、

ただ「好き・嫌い」「己が感情」で発する言葉。

つまり、

下らないことをあげつらって、
決め付け、レッテル(負)を貼り、
風潮し、あざ笑い、人格を否定する。

あなたが傷つくように一言掛けてくる。
ダメ印象を周囲に言い広める。
若しくは捨て台詞を吐く。

それも笑顔で。あたかも「談笑の中」で…。

「ほんと何も聞いてないわね」
「この人、何も分かってないわ」
「やる気の問題だろ、お前の!」


The-critique-Group.jpg

―――――

ミスや失敗は誰にでもある。
完璧な人間などいない。


特に新しい分野・部門・職能にチャレンジする者は、
周囲に迷惑を掛けることがあり得る。当たり前ではないか。

それを、最初から100点要求で、
良い点は見過ごし、ミスだけを指摘しまくれば、

誰でもその手は縮こまり、
伸び伸びと学んで、
育っていくことなどできなくなる。

何かすれば批判され、
しなくとも非難される。

「だったら何もしない」という姿勢になってしまうではないか。

そんな人材を増やすことで、そのお局さん・小舅が
「組織のために貢献している」 とはとても言い難い。




―――――

そんなことがあったんだろうな。

職務の合間に外を歩いていて、ふと涙が溢れている自分に気づいた。

寒さか?
確かに寒風吹くと涙が出るぞ…。

だが後藤は、もう一つ、
男の涙の理由を知っている。

聖霊の涙だ。

聖霊が、人には言えない俺の痛みと悲しみのために、泣いてくれているのだ。…


「いいよいいよ、心配しないで。俺は大丈夫だから…」
「あんなクソは気にしないからさ」
「泣かないでくれよ…」

そんな風に、
逆に聖霊を慰めている自分がいた…。


こんな関係を、俺は凄くありがたく思う。
深い感謝が湧いてきた。

何があっても、一人じゃない。
本心から、そう思えたんだ。
スポンサーサイト
別窓 | 神さまってどんなかた? | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【絶望から 愛】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【曇天 寒風】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/