後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【動機を正す。主に向ける】
2014-01-12 Sun 18:22
主の歩みの中、若者のシェルター事業など想いを持たされている。その中で示されたこと。

<物質的充足 と 霊的充足。どちらを追うべきか。>

「ま、そりゃ霊的充足でしょうよ(…クリスチャン的建前では。)

でも主よ、最低限の物的支えがなければ、
人々は人生に苦味ばかりを覚え、死んでさえ行きます」

「衣食住の内、せめて食・住を提供できるようにしたいのです」

そんな反駁をする後藤に、主はこう対比された。


1.物質的充足 (世の道)

与えられるほどに:
慣れていく
飽きる・怠慢になる
遂には不平・不満を抱く

怠慢

2.霊的充足 (主の道)

与えられた目標に本気で取り組むとき:
主の Mission は終わりなく、飽きようがない(…困っちゃう)
日々熱心にされていく
主のことばが満ちる。つまり、救いの恵み・感謝・神とも感である

物質的支援も大事だが、
その人の人生を変えてしまう、
こうした主の影響力 Impact を与えることの方が重要だ、と。



『あなたの根底にある動機を正しくせよ。
あなたの動機をわたしに向けよ。』


何をしようか、
どうやってやろうか、
効率はどうだ、資金繰りはどうだ、
法的課題はクリアできるか、関係者への働きかけは…

男はどうしてもそんなことにばかり頭を向け、
いつしか考えただけで疲れ果て行動不能になってしまう。

だからこそ主は、私に言われた。

『ただ、あなたの動機を正しくせよ。
あなたの動機をわたしに向けよ』
と。

『神の国とその義とを
まず第一に求めなさい。


そうすれば、それに加えて、
これらのものは全て与えられます。』


信じます。主がそう願われていることを信じ、
主が望まれることはこの地に成されるだろう。
と信じます。

あなたの御前に、私の重荷、私の動機を正しくして下さい。

―――――

『…何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、などといって心配するのはやめなさい。
こういうものはみな、異邦人が切に求めているものなのです。
しかし、あなたがたの天の父は、それがみなあなたがに必要であることを知っておられます。

だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。
そうすれば、それに加えて、これらのものは全て与えられます。』
(マタイ6:32~33)

「…福音は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、信じる全ての人にとって、救いを得させる神の力です。
なぜなら、福音のうちには 神の義 が啓示されていて、その義は、信仰に始まり信仰に進ませる からです。
「義人は信仰によって生きる。」と書いてある通りです。」(ローマ1:16~17)
スポンサーサイト
別窓 | 神さまってどんなかた? | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【もし主が 目の前に】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【サウルのストレス】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/