後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【冬のボーナス】
2013-12-27 Fri 21:03
冬のボーナス、というものを頂きました。

正直、

住宅ローン控除の返金分と、
振り替え休日を買い取ってくれた分の金額含めても、

期待していなかった
(と言うと語弊。「期待してはいけない」と自分に言い聞かせていた。ガッカリするのは経験済みだから…)
ボーナスです。

その分、とても嬉しかったのです。

お米8月2


不況現代の世で、
介護保険制度に首根っこを抑え付けられた形の報酬体系の中から、
良く捻出してくれました。

現状の思わしくなさが分かる分、感謝の念がこみ上げました。

―――――

そしてまた、
自分の罪深さゆえにも、有難かったのです。

なぜって、
ある時自覚させられたんです。

「私はこの人(社長)から、奪うことしか考えていない」
という自己中心を。

「この組織のいいところを学び、悪いところは改善し、自分の組織作りに活かす」
「賃金は貰えるだけ貰い、勤労所得を不労所得へと投資・変換し、自分の自由を買い戻す」
「できるだけ早くに起業リタイヤしてやる」……

私の実像は、真意は、そんな風に…
貪欲な強奪者と何一つ変わりない。

そんな自分に気付かされたがゆえに。感謝の念は深いのです。


だから、感謝の想いを伝えたいと思いました。

率直に、素朴に、
ありがとうございます、と。

―――――

経営者の側から見れば、

「冬のボーナス頂きました。ありがとうございます」

と言われることは、どんな経験だろうか。


いやそもそも、そんなことを言う奴がいるのか。

世は反対に、ボーナスなんて

貰って当たり前。
安月給でこき使いやがって。
何でもっとくれないんだ。


……

そんな従業員ばかりではないだろう。
が、与えて何の応答もないとしたら…。

日ごろの感謝の報酬に対し、
何のお礼も言わない人間ばかりだったとしたら…。

俺だったら、ひそかに嘆く。
ああ、与えた甲斐がない、と。

こいつら本当に分かっているのか?
どれほどの労苦が、この賞与に込められているのか…。

―――――

読者の皆さん。

幸運にも、冬の例のものが出た方。
どんな額でもいい。経営者の方から何らかの特別な感謝を受け取った方。

祈ってください。
そして、言葉に出して伝えて下さい。

「社長、冬のボーナス頂きました。
ありがとうございます」と。


あなたの謙った姿勢と率直な感謝の念は、
経営者の方にとり、いや一人の人間にとって、

かけがえのない喜びの交換になるのですから。…
スポンサーサイト
別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【キリストに連なる】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【三敵 ctnd】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/