後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【反作用の申し子】
2013-12-25 Wed 17:09
ロバキヨさん(=何のことはない、ロバート・キヨサキ氏のことですよ)が書いている「金持ち父さん系」の本より、一つ頭から離れないアイディアがある。

ニュートンの
「運動の第三法則(=作用・反作用の法則)」
を人生哲学することについて。

本文から引用します。
(「金持ち父さんの 金持ちになるガイドブック」ロバート・キヨサキ + シャロン・レクター、㈱筑摩書房、2004年)

「…じゃ、
『すべての作用には、
同じ大きさで逆向きに働く反作用がある』

という法則を覚えているかい?」

私たちはまたうなずいた。「ジェット機はそれを利用して飛ぶんだ」マイクがそう言った。「ジェットエンジンが後ろに向かって熱い空気を推し出し、それによって飛行機が前に動くんだ」

「その通りだ。ニュートンの法則は 万有の法則、つまり 普遍的な法則だから、ジェット機に限らず 何にでも応用できる 」金持ち父さんはそう言ってから、自分の話についてきているかどうか確かめるために、私たちのほうをじっと見た。(中略)

「安全(=作用)だけを求める人が、決して本当には安全に感じない理由、

あるいは、危険の少ない投資ばかりを探す人が決して安心できない理由、

いつも正しい人が最後には間違える理由はみな同じだ。

そういう人は、等式の一方の側に対する代価は払っても、全部を払わない。
万有の法則を犯している んだ。」




本文中の例にもあるが、

1.「<けち>になることで金持ちになった場合の代価は、
金持ちになっても<けちのまま>変わらないことだ」

つまり、
年齢が上がり、
求める生活水準・知的水準が上がっても、
お金があっても遣う意思がなければ/それに見合う金銭的余裕がなければ、
安値にこだわって人生を過ごしてしまう。

すると、通帳残高のみが幸福の証であるかのような、…
真の豊かさを欠いた人生となってしまう。


2.「高給取りの銀行員が、なぜ独立・引退できないのか。
なぜ未だに他の金持ちのためのアドバイスはするが、
それを自分の人生に活かせないのか。

それは彼が<安全>と思っている<勤労収入>以外に、
「もっと効果の高い収入の道を探す」という
ギャンブルを避けているからに他ならない」


つまり彼は、<作用>である<安全>側に全てを投資して、
反作用である<危険>や<挑戦>、<知識の実践>を疎かにしている。


同様の例を幾つか挙げてみましょう。一般論を分かりやすく脚色してございます。

① 学力偏重。学校・塾でひたすら詰め込んだ分、子どもがいい大学に行きました。
①’正解のある勉強はできても、挨拶できない。自分の過ちを認めて謝れない。結局社会に適応できず引き篭もる。

② 65歳で定年退職。最近は犬の散歩やゴルフ、映画鑑賞など楽しんでます。
②’友達は会社の関係者だけ。仕事上の肩書きや、取引先・部下たちに振りかざしたプライドは“リセット”されました。

③ 退職金!不況にもかかわらず、たんまり貰えました!良かったです。
③’子どもも育ったし、お金も手に入ったし。もうあなたとは暮らしたくありません。離婚しましょう。

こうした悲しみの事実は、

全てこの<反作用>を無視し続けたからか。……

―――――

上記、<作用><反作用>の法則を、「調理ナベである脳」にかけたまま、午後ぶらついていた。

その時痛感させられたこと。

本日給料日にもかかわらず、コンビニで何を買うか、
100円レベルで値札と長いこと睨めっこしてる自分がいた。

さもしい。
何て痩せた、貧しい思考…。
絶句した。
そして、涙が出てきた。

「<けち>になることで金持ちになった場合の代価は、
金持ちになっても<けちのまま>変わらないこと」

という言葉が反芻されたからだ。


ならば、俺に残されている道って…。

けちのまま、つまり世の素晴らしいものを何一つ味わうことなく、
遥かに「幸ひ」を望みながらも、決して手に入れることなく、…死ぬだけじゃん。

約束の地、カナンを臨みながらも40年足踏みした、モーセと同じじゃん。

―――――

そんな俺に対しても、神さまは優しい愛のお方だ。

主は、目から液体がこぼれている40男にこう尋ねられた。

『荒野を彷徨っている間、モーセは幸せだったと思うか』


……
………
…………

彼個人の幸福度は、俺には正直分からない。

ほぼ毎日、何らかのクレームや諍いは絶えなかったろうし、

「モーセを殺してエジプトへ帰っちゃおう」とか、
「アロンを立ててカナンへ行っちゃおう」とか、
「焼肉食べたい」とか、

周囲の不遜な人間は考えるわけだ。
そんな薄氷を踏みながらの40年は、決して楽しいもんじゃないだろう。


でも、一つだけ確かなことがある。

それは、
主がモーセと共にいて下さった
ことだ。

この世の幸・不幸はあれど、

この一事だけは動かない。変わらない。

ならば答えは自ずと分かる。


主にある幸福だけは…。

けちな金持ちも受け取ることができる。

―――――

仮に、俺が希望通り、けちな金持ちに成り上がれたとして。

神さま、二つ約束するよ。

一つは、寄付をします。
もう一つは、後進を育てます。若い世代に投資します。

これで、俺の<反作用>への代価も、完済することができるだろうか。


主よ。

あなたと共に、
これからも歩ませて下さい。
スポンサーサイト
別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【三敵 ctnd】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【マグダラの】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。