後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【ぶちのめされる】
2013-12-08 Sun 19:45
「日本人のクリスチャンは強い。
他国民の(少なくとも)30倍の価値がある」理論
は郡山グレースチャペルの三箇豊美牧師の言葉だが、その強兵を建て上げる基盤は一体何か。

それは日本人の<疑い深さ>
<私だけは絶対に騙されない>という変な自負。

それらが一つひとつ剥ぎ落とされて、
主の光の只中にいることに気付いた瞬間に、
日本人は真の<戦うクリスチャン>となる。



男のオチ方は面白い。

男はエゴ・プライドと、弱さ見せられぬ自意識とに支えられて、抗う。
<宗教>という先入観から、
自分のはまっている<罪>に、
そして<主のことば>に抗う。


そして散々格闘した後、

主にぶちのめされて
「はぁはぁ、負けたぜ…」
「煮るなり焼くなり好きにしやがれ!」

と降参する。

いのち贖われたことを悟って初めて、号泣しながら主に
「俺を弟子にしてくれ!!」
「あ・兄貴、あんたについて行くぜ!」
とか言って<義>に入る。


女のオチ方も同様に…。

女は<自分の過ちは絶対に認めない>し、
よって自分の<罪>など考えたくもない。
<悪い男には引っかからないわよ…>。
<宗教は怖いってY美も言ってたし、
騙されないんだから…>!!

とか何とか言いながら聖句を読み込み、聖書を深く調べ、
納得する部分が増えるうちに

「主よ…。あなたって本当に、
私のためにいのち賭けたの…?」
「愛されているって、こんな感じ…?」
と心ひらき、次第に
「好きになっちゃったみたい…」
「あなたしかいないの」
「もう、絶対に離れない!!」
などと言って<恋>に落ちる。


間違っては困る。
教会に・カリスマ牧師に・兄弟姉妹に、
弟子入りするわけでもなく、
恋に落ちるわけでもない。


全能なる神、

私の・あなたのそばに今もついていて、
置かれた状況も、心の痛みも孤独も、
背後の真実も
全てご存知な方、

私の・あなたの弱さも穢れも、
罪の意識も全て知った上で、

世界の中心で
<愛してる>
と叫んでいる方…。


そんな主イエス・キリストに、
人類が6,000年かけて<おっかけ>して来た神に、


我ら弟子となり、

ぞっこん惚れちゃうのである。

罪の無いものから投げなさい
スポンサーサイト
別窓 | Christianityってなんですか | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【訪問介護制度 崩壊の足音】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【受けたもの】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。