後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【追憶】
2013-11-24 Sun 08:35
「聖書を読むこと」をテーマに、考えさせられること。

それはつまり、
神、そして御子イエス・キリストと
彼にまつわる聖徒たちの人生を追想し、

私の中に彼らの人生、考え方、
ことばを内在させる ための手段。

あの荒れ野の旅路を、
理不尽な非難、迫害と投獄を、
そして身に受ける鞭と石、いばらと釘を…。

にもかかわらず、
天を見上げて神に祈る敬虔を…。



聖書を読むことで、我々は、

神の預言者たちの困苦と勝利、
主イエスの人生とその出会い、別れ、激痛と死と復活、
弟子たちのその後の生き様、

そして付き従って生き、
死んでいった多くの聖徒たちの想いをなぞり、反芻する。


その中から、温かく、大いなる…。

主への思慕、
天の御国の望み、
そして大いなる神への畏敬と感謝が、


必ず湧き出してくる。


そこまで読み込むと聖書は、

まさに違う本、
生きていることば、
あなたの人生を変える愛へと変わる。


スポンサーサイト
別窓 | 聖書ってどんな本? | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【Lord, I give You my heart】 But… | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【Inner Word, Inner world】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。