後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【見失う 世紀】
2013-11-20 Wed 20:09
「自分を見失う世紀」に、我々は生きている。

私たち皆、核がない。

種無しのふにゃふにゃした実だ。
礎のない藁の家だ。

「私は一体誰なんだろう」と皆首をかしげている。



「流行のファッションキメて、○○になった(つもり)」
「資格取得して▲▲として生きていく」
「□□風」
「AK47の○○ちゃん似」
「××に公認された」…

その多くは、事業、学校、資格、職業、銀行の預金残高、乗っている車、夫・妻、子ども…。

私たちはそんなモノに身を絡め、自分の存在を依りかからせて。
自分のアイデンティティ(以下、ID)を確立してしまっている。

だから、一度人生を嵐が襲って、IDの拠り所が取り払われてしまうと。
「私って一体、何なの?」という質問に逆戻りしてしまうのではないか…。


「私は誰?」という問いの答えは、実はあなたにも知る由がない。

ワカッている風な彼・彼女も、

①分かった振りをしているか。
②虚像を実像と思い込もうとしているか。

そのどちらかだ。


対する私の結論はこれだ。

「あなたに関する真理は、
創り主である神だけが知っている。」

あなたにだけ用意された極上のIDと、人生の果実を、
その内容を100%、あなたは知りたいとは思わないのか?


俺は知りたいと思う。
俺が一体何者で、何ができて、どんな将来が待っているか…。

だから日々、仕事中に、路上で、教会で、電車内で、風呂に浸かりながら、
神に聞きつつ歩んでいる。

明らかにされる計画の断片だけでも、それはそれは大それた…否、大いなる事ばかりですよ。

後藤個人では到底達成できない、というか完璧な夢想、Day dreaming level の Vision を、
神は備え、聞く姿勢のある者に教えてくれる。

(しかも左脳中心の俺が分かりやすいように、
わざわざテキスト中心、論理の積み上げで教えてくれる。)

やっぱ神さまスゲェよ。


神が私に用意してくれている計画。…

それはあなたにも用意されている。いや、

<俺のもの以上に、
大きな大きな神のプラン>

であると俺は感じる。

ひがみじゃないよ。でも俺の知っている神さまならそうする。


だからこそ、神の学びに関して、

もっと前向きに、
もっと真剣になってみないか。


チャレンジする価値はあると思う。
その報酬は、あなたの勝ち取る 人生そのもの だからさ。
スポンサーサイト
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【祈ってもらう???】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【パウロの十字架】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/