fc2ブログ
後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【祈ってもらう???】
2013-11-20 Wed 20:25
教会で。ある日曜日にアフリカからの牧師が急遽講壇に立ち、説教を始めた。

そして締めの祈り会。

「主を救い主として改めて迎え入れたい方」
「病の癒しを受けたい方」
「子どもを授かりたい方」

は、牧師じきじきに祈ってあげましょう!
さあ、前に出てきて出てきて……!!


「やったね!!」
「行こう行こう!」




なんて、 俺が言うとでも思ったか。

うん、残念ながら教会員の皆さんは<ほぼ全員>行ったよ。
前に人だかりが出来て、行列の整理で主任牧師が交通案内をしなければならないほどだった。

そんな中、ワタシ、座って賛美していました。




分かっているのかな…皆さん。

受洗を機に、と言うか主が触れて下さったその瞬間から、

私たちは主から直接祈られ、贖われ、
この世の暗い穴蔵から救い出され、
光の中に連れ出されていることを…。

すなわち、すでに
「人間よりも遥かに優れた方から、
祝福を受けまくっている」
状態。

神が値なしに与えられたその恵みの
希少さ、
偉大さ、
有難さに、
果たして気付けているんだろうか。


本物を知っているのに、
なぜ人間からの祈りに依らねばならないのか。


主に聞けばいいじゃん。直接。
主にすがり付けばいいじゃん。泣きたいなら。


主は今もあなたの私のために、
不断で祈って、守って、
愛して下さっているのに…。



流されるのが好きな人々?
その場の空気を読みすぎる人々?
それとも上記のような「主の直接の祝福」が実感できていない人々?

分からぬ。…


俺の表現が傲慢に過ぎるのなら、主よ、改めて下さい。


でも、俺は妥協しないよ。だって俺は知ってる。

神さま、アンタだけが最高。だからさ。
スポンサーサイト



別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【飼い馴らされる】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【見失う 世紀】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/