後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【騙しの構造①】
2013-05-17 Fri 09:35
最近チョット気になったこと。

タバコ産業にある、騙しの構造。



少し前(2010年10月)、世間を騒がせたニュースがありました。

「タバコ増税」

ただでさえ:

「健康に害がある」と製品に明示され、
路上喫煙が罰せられ、
分煙により喫煙者が隔離されて、

人々のタバコ離れが続く中、

「タバコ会社って倒産寸前なんじゃね?ザマー見ろ」

とお思いの皆さま。




残念でした♪




私も真実を知らず、浅はかな想像をしておりました。

①喫煙者↓

②需要↓

③売上↓

④タバコ会社困窮



JT日本たばこ産業さんのIR情報、決算短信を見ますと、仮説①~③までは正しいことが分かります。

しかし仮説④で、我々の「想定」は崩れるのです。


つまり

売上高の増減と
純利益の増減は
イコールではない

ということです。


分かり易く言うと、

売れる量が減っても、
その分単価が上がっていれば良い。

しかも生産量は減っているから、

工場のキャパ、
人件費、
物流その他、


経費↓大幅削減↓。


そう、

増税に便乗して値上げし、
減産して工場閉鎖、
リストラ・非正規雇用拡大、
コスト削減としていけば、


純利益は伸ばせる。


経営陣はウハウハです。

増税バンザイ、
有害表示バンザイ、
です。


残念なのは、そうとも知らずに健気に喫煙を続けている方たちです。

若い頃、タバコ会社のCMなどで誘引され、
ニコチン中毒にさせられ、
「健康に悪いぞ」「行く末はCOPD・肺ガン」と脅されながらも、
高い金を払って喫い続ける。

その多くは老後に呼吸器系疾患を発症し、、
医療費に大金を注ぎ込み、死ぬほど苦しい肺病に悩まされる。……

確かに、「身体に悪いことは分かっている」
「他人(無煙者)にも迷惑かけているさ」
そんな罪悪感の上でやっていることですから。

いくら値上がりしても、有害でも、従容として金を払い続けますよ。……


その人が、
目を開かれない限り。



だから見よ。

JTの収支報告を。

あんたらの生き血を吸って、
どれだけ奴らが儲かっているのかを見ろよ。


うそくせー収支報告、
数字をいじってある収支報告をよ。

こんな話、ニュースには出て来やしない。
裏で全部JTに押さえられちまってるか、それとも日本のジャーナリズムがアホ揃いなのか。……


世論を動員した壮大な騙しの構造。

騙されていることに気付いたら、

①自分の行動を変える
②周囲の人を啓発していく

私たちの手の、声の届く範囲から、変えていこう。

そうしないといつまで経っても俺たち、生き血を吸われ続けるバカな奴隷だ。

タバコ利権構造


PS.JTから回答来ました。

2011に公表されたH23年3月期の数値と、
2012に公表されたH23年3月期の数値の違いについて、

①2012年以降 国際会計基準(IFRS)を採用し、売上を計算し直した。
これまではタバコ税(*1)も計上していたが、新基準に従いタバコ税分は売上から除外した。
(*1:売上の約6割)

②その新基準に従い、買収したギャラハー(*2)の “のれん”を処理した。
日本の会計基準だと“のれん”(*3)は償却資産扱い(*4)だが、
IFRS 導入後、のれん償却は計上できなくなった。このため純利益は(マイナス分が減ったため)増えた。
(*2:英国タバコ会社)
(*3:のれん=ギャラハーにまつわる無形資産。ブランド名、顧客名簿やフランチャイズ契約、ノウハウ…)
(*4:償却資産=何年かにわたり利益から引くことができる。利益が減る=税金も減らせる◎)


また、IFRSは現在展開している海外部門と歩調を合わせるため、
かつ海外での資金調達を容易にする意味で必要、とのビジネス紙の記述もあった。



そうだね。…

IRFSは、日本で肺がんの素が売れなくなったから、海外(途上国でしょう)で売りまくるための一助にはなるね。
また、日本国内で潰した工場の数も、利益率向上に役に立ったんだろうね…。

増税にまつわる便乗値上げと便乗コスト削減は、IFRS導入によって大分見え辛くなりました。

でも、
①減産しても儲けている
②ニコチン中毒の方々は従容として搾取され続ける、
に加えて今度は
③海外で新規中毒者を大量に生産
④国内の工場など潰せ、労働者は解雇せよ

という本質に変わりはないわな。

だから、騙されたくないなら…。
現実を直視しよう。

世にある儚い快楽を追い求めるのでなく、
本質を見極め、真に頼れるもの、信じるに値するものに、目を向けよう。
スポンサーサイト
別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【完了した】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【ギャンブル分析】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。