後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【劣化コピー】
2013-04-25 Thu 20:36
たまに言われます。

「後藤さんっていい人ですね…」

しんみり、寂しそうにそう言う人がいます。
あたかも周囲に、他に良い人間がいないかのように…。


でもはっきり言っておきますが。
「あなたが見ている“それ”は後藤ではありません。」



後藤の<嫌な奴度>は別記事を参照頂くとして、

俺じゃないんです。
あなたが見ているのは、後藤の中にある
「イエス・キリストの劣化コピー」です。


「劣化」です。オリジナルのコピーですらないんです。

①原本をコピーし、
その②コピーからさらに③コピーし、
③からさらに④、
④から⑤…
と何十回、何百回とやっていくと、

「画質なんかめちゃめちゃの、
とても見れたものではないコピー」


が出来上がりますよね。それがイエスさんの劣化コピー、つまり今日の私です。


特に介護の仕事などに就くと気付かされるのですが、場面場面で、

後藤ではないものがグワッと出る

ことがあります。

●夕食を前に、「寂しいよう…」と嘆くおばあちゃんの肩をさする。時間が許すなら暫し一緒に座っている。
●「死んだ方がましだ」というおじいちゃんに、「俺もいずれ同じようになります。OOさんは一人じゃないですよ…」と声掛けする。
●重度の認知症で意識の有無も分からぬおばあちゃんの髪を洗い、ドライヤーをかけ、櫛で梳かす。終わったあとの彼女のまなざしで、「ああ、ちゃんと分かってんだ…」と気付く…。

同僚に対しても、
●顔色すぐれてねぇ。「どうしました…?」って聞く。
●昨日早退。「腰の痛みはどうですか…」と声掛けする。
●新人さんの小さな克己。「それが勝利です!」と腕を突き上げる。一緒に喜ぶ…。

言ってて自分で分かります。

「こんなの後藤じゃねぇ…」

じゃあ誰なの?

<主の劣化コピー>だな。
そう気付いたのです。


ただし、救われるのは。
例え私がどんなにお粗末なコピーであっても、必要なときに

主が on になります。

後藤の場合、職場のドアを開けた瞬間、悲しんでいる人を見た瞬間に

Jesus On

です。

後藤の自我をある程度(残念ながら全部じゃないんです…すみません主よ)、主が成り代わって下さいます。

他の誰でもありません。というか、「他の誰」かなら信用しませんから、私。


想像して下さい。逆三角形の人口ピラミッド。
そのどこかに存在する私が、全て寄っかかり、投げ出し注ぎ出せる相手は、

その逆三角形の先端、
一番下で人類全ての
重荷を支えてくださっている


主イエス・キリスト

に他なりません。


神さま。お粗末なコピーですみません。
でもあなたが私の内に生きて下さっている。
その実感にただ、感謝するのです。
スポンサーサイト
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【招き】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【Third World War; fought and pretty badly lost】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。