後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【興関スパイラル強化】
2013-04-24 Wed 20:12
今日は人間の「興味関心」についてお話します。


いきなりQ.、
一体、私たちの「知的好奇心」は、どこから湧いてくるのでしょうか。


子ども時代は、恐らく反射的に:
「これは何」
「どうやって動いているの」
「なぜなの」等、

本当は関心なんてこれっぽっちも抱いていない案件に関して、質問責めをする。そんな性向がありますね。

(でも、そうした質問の解を全く記憶していない。
質問したことすら覚えてねぇ。
と言うことはやはり、「興味なかった」のでしょう)

大人になって改めて、「興味」「関心」が湧いてくる事柄と、全く反応しない事柄を意識するようになりました。




後藤にとっては、

「イエスさん・神さま」
「信仰・神学・聖書」
「不動産」
「投資」
「生活保護」
「介護保険制度」
「中古ラップトップPC」
「エクセル.xls」
「エロス」
「死学」
「ロスト・ジェネレーション」
「ラーメンの旨い店 in 埼玉」
「大規模災害」
「讃美・ワーシップ曲」
「これまで訪問した国」
「NHK手話ニュース」
「狸・キジ・カエル・野鳥・鯉(身の回りにいる野生動物たち)」
「イチロー選手」
「野村監督」
「ドラッカー」
「齋藤孝」

などが関心の対象であり、
それらのキーワードが聞こえて来るとアンテナが反応します(ええ、正直に申し上げますとも。)

それ以外のこと、例えば
「車」「野球デーゲーム」「芸能界」「人気のスィーツ店 in 銀座」

などは完璧スルーです。

「この違い、一体なんだろう。」

そう考えを潜めると、思い当たる節があります。
それは、

「上記の関心事項につき、
後藤は既に多くの情報・キーワードを持っている」

こと、そして

「それらの情報が結び合うこと、
知識がぶつかり合ってスパークするときに、
“なるほど!”感が得られ脳が喜ぶ」


ということです。

つまり人間は、

「知れば知るほど面白くなる」

という脳を持っています。
仮にスタートが「漫画 三国志」であっても、
当時の時代背景や武将の名前を覚える内に、中国の歴史、果ては世界史全体に興味を持つことはあるのですから。


だから、今は「関心ねぇなぁ…」と思うようなことでも、
少しずつご自分の中に、蓄えていって下さい。
情報を、キーワードを、あらすじを、年表を、地図を…。


そうすることで、後藤は聖書や神の学びに興味を持てました。

最初は反駁から始まり、
いつの間にやら捉われ、
人生の取り扱いを受け、

そして主なる神に心服しました。

「ああ、やっぱいるんだな」
「神さま、すげぇな」
と。


「知れば知るほど面白くなる」
「面白いと思うことを、人はさらに追及する」
「するとますます面白くなる」


こんな脳の性質、興味関心スパイラル強化 を、ぜひ覚えて活用頂きたいのです。


そして、こんなブログであっても。
訪ね読んでくださる皆さまに感謝するとともに。

皆さまの神に対する興関度、
脳内オモシロ度アップに貢献できれば、とただ望む者です。
スポンサーサイト
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【天の Kingdom】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【お前と俺とは】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。