後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【依り頼むこと】
2013-02-12 Tue 17:36
AA、Alcoholic Anonymous。

アルコール中毒者の助け合い集会。

その参加者の一人が、

「AAにはあって、地域の教会にないものは何か」

と質問された時の答え。


“友人が一言つぶやいたのは、「依存」という言葉だった。

「僕たちは誰一人自分の力だけではやっていけないんだ。
だからこそ、イエス様が来てくださったんじゃないのかい?

でも、教会の大多数の人たちは、自分たちは敬虔で優れていると言うふうな自己満足の雰囲気をかもしだしている気がする。
僕には、その人たちが本当に神さまやお互いに依り頼もうとしているようには感じられないんだ。

その人たちの人生は順調に見える。
アルコール依存症の者がそんな教会に行くと、
自分は欠点だらけの落ちこぼれだとしか思えないんだ。」


それからしばらくの間黙って座っていたが、やがてにっこりと笑みを浮かべて言った。

「おかしなことだね。自分のもっとも嫌いなところ、つまりアルコール依存症と言うことを用いて、神さまは僕をみもとに連れ戻してくださったんだ。

アルコール依存症だからこそ、
僕は神さまなしで生きていけないと分かるんだよ。


一日一日を生きるために
神さまに依り頼まなければならないんだ。


そう考えると、アルコール依存症にも価値があるということだね。

多分神さまは、僕たちアルコール依存症の人たちを召しておられるんだろうね。

神さまや教会を信頼して生きるってことはどういうことなのか、身をもってクリスチャンに示すように、とね。」”



……教会。現代の、プロ教会。


諸民に訴えるために、ともすれば

神のご利益だけを強調し、ありがたがってしまう教会。
教会員の規模や経済的発展にばかり、目を向けてしまう教会。
信徒が求める「エンターテイメント」性に、全力で応えてしまっている教会。
有名人が来た、町の有力者がメンバーだ、…そんな色物に時間を割いてしまう教会…。


いいんですよ。

人々を神さまに出会わせ、
神の御心を知らせ導き、
主の御手の延長として、一人ひとりが癒され、成長して、
神の働きを地上に成し遂げてさえいれば…。


ただ、上記のような「鼻につく」語りのあとに、何も行ないが伴わないとしたら。

もしくは、その行動が自己栄化のためで、純粋なる神の愛の表現でないのなら。


神が裁いて下さる前に、人々が「これは違う…」と気付き、去って行く。


そうです。教会とは、

私たちが神から与えられた責任をもって、
互いに助け合いながら、

共に涙し、共に痛み、
共に勝利し、共に喜びの叫びを上げる場所…。

そんな場所に人々は集まります。

そんな教会に、
神もゾッコン、
目を注がれているからです。


―――――

<AA、12ステップ概要>

私たちは、

①自身が飲酒習慣に対して無力であることを噛み締め、私たちの人生が制御不能になったことを認めます。
We admitted we were powerless over alcohol - that our lives had become unmanageable.

②「神」(or「自分」を遥かに超える力ある存在)が、私たちを「我に返らせてくれる」「完全に癒してくれる」ことを信じます。
Came to believe that a Power greater than ourselves could restore us to sanity.

③私たちの信じる恵み深い「神」に、自分の弱い意思、また悪習慣の全てを委ねる決意をします。
Made a decision to turn our will and our lives over to the care of God as we understood Him.

④自身の過去、現在を探り、罪、恥、怒り、恨み、恐れ…そうした感情(にまつわる記憶)を、神の前に洗いざらいさらけ出します。
Made a searching and fearless moral inventory of ourselves.

⑤神の前に、また私自身や他者の前に、これまで犯してきた罪を認めます。
Admitted to God, to ourselves, and to another human being the exact nature of our wrongs.

⑥認められた罪、悪習慣や性格の歪みなどに、神が働いてくださり、全て取り去ってくださるよう備えます。
Were entirely ready to have God remove all these defects of character.

⑦「神よ。願わくば私たちの罪を取り除いてください」と祈ります。
Humbly asked Him to remove our shortcomings.

⑧これまで傷つけた全ての人々をリストアップし、彼らとの関係修復を心から願えるようにと、神に依り頼みます。
Made a list of all persons we had harmed, and became willing to make amends to them all.

⑨傷つけたこれらの人々に、実際に関係修復の働きかけをします。彼らを更に傷つけてしまわない限り、いつでも、どこであっても。
Made direct amends to such people wherever possible, except when to do so would injure them or others.

⑩自身の行動に配慮し、もし過ちが認められるならすぐにそれを認めます。
Continued to take personal inventory, and when we were wrong, promptly admitted it.

⑪祈りと瞑想によって、恵み深い「神」との交わりを意識的に持つよう努めます。「神」の御心が何なのか理解するための知恵と、御心を成し遂げるための力を与えられるようにと祈ります。
Sought through prayer and meditation to improve our conscious contact with God as we understood Him, praying only for knowledge of His will for us and the power to carry that out.

⑫これらのステップを踏み、「神」との確たるつながりに目覚めた後、他のアルコール依存者を導くべく行動します。全て学んだ通り、「神」に聞き、「神」に依り頼んで行ないます。
Having had a spiritual awakening as the result of these steps, we tried to carry this message to alcoholics, and to practice these principles in all our affairs.

ウィキペディアより。
From Wikipedia, the free encyclopedia
スポンサーサイト
別窓 | 教会へ行く | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【教会とは】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【讃美レベル 高けぇぇ!!】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/