後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【奉仕の 対価】
2013-02-08 Fri 11:50
全ての介護職、看護職、医師、臨床心理士、その他心優しい支援者の皆さま。
そしてご家庭で今もご親族の介護に励まれる兄弟姉妹に。

お疲れ様です。

そして、ありがとう。

介護を受けている方たちの想いを代弁して、皆さまに感謝を伝えます。


自分もしばらくの間、ご高齢者介護の現場に携わるようになって、心に刻まれたことは、

もちろん支援者の労苦や、傷ついた支援者たちへの共感と同情ですし、
私たちの手があまりに短くて届いていない、たくさんのご高齢者に対する申し訳なさ、です。


主ならばもっと上手く、
完全に成し遂げて下さっているはずです。



でもあえて、不完全な人間を、思い込みとわがままの激しい人間を通じて、その義の道を打ち立てようとしている主を、私は逆にありがたく思います。


“クリスチャン”がただ恵み与えられるばかりの特権ではなく、

主イエス・キリストと共に立ち、
共に苦しみ、
共に荷を背負う存在たりえること。

一緒に戦線を守れること。
一緒に夜回りできること。
一緒にうねる豪雨の中、重い装備を背負って共に山頂を目指せること…。

偉大なる神が、この小さな者の手をも用いて、
地上に神の御国を成し遂げようとされること…。

その素晴らしさを感じるからです。


同時に、私たちが日々得ている、『奉仕の対価』にも思い馳せるのです。

ある障害者施設の小児科医が、勤務されているヘルパーさんたちに質問しました。


「彼ら(重度障害児童)が生きている証は何か。彼らの人生にどんな意味があるのか」

「彼らと深く関わるようになって、あなたの人生にどんな変化が起こったか?」

回答:

●以前には自分にできると思わなかったことも、今はできるような気がする。

●ここで過ごす間に、私は Sさんから愛情をもらうことができた。障害のある人と関わってきたが、もはや彼女のことを障害者だとは少しも思えなくなった。

●人間の苦しみに対して以前より敏感になり、自分の中に、助けたいと言う願いが起こってきた。

●人生において本当に重要なことは何かと考えさせられた。

●仕事が新しい意味と目的を帯びてきた。私は今、自分が必要とされていると感じている。

●人生において初めて、私は何か本当に意味のあることをしているように思った。

●辛抱強くなったこと、そしてほんのわずかな進歩のサインにも感謝できるようになった。

●障害者を見ているうちに、自分自身を発見した。

●より寛大になった。自分自身の些細な問題はもはやそんなに重要とは思えなくなったし、私は不十分なままの自分を受け容れることを学んだ。そして何よりも、人生の小さな喜びを感謝することを学び、特に、愛が憎しみや力よりも多くのことを成し遂げられることを知った。その真理を示してくださった神に感謝している。

その質問に対する答えから、本当の『奉仕の対価』が見えてきます。

それは
「障害者の子ども(=要介護者)たちの苦しみは、
支援者の人生の中で実を結んでいる」
ということです。


どんなに優れた教育も、研修制度も、また偉大な教師も、

支援者の心に芽生える豊かな慈しみの愛、
他者の痛みに共感する涙、
そして自分の想いを超えた人生を歩む喜びを、


教えることなどできないからです。


私たち介助者、教会員、保護者…。

ともすれば奉仕される対象ばかりに目が行きがちで、

「こんなにしてあげているのに…」
「出てくるのは文句ばかり」
「私がしているのは、無駄な努力なのかな…」

などと肩を落としがちですが。


ふと振り返ってみれば、
私たちの内面では日々、
培われている物がありました。



それは寒風吹きすさぶ冬の日に、

静かにつぼみを蓄える桜のようです。


いつか温かな日が射し出で、
その花を咲かすときに。

優しく美しい…。

大輪の花を咲かせて、人々を喜ばせるからです。


だから、今苦しんでいるあなた。

信じて、期待してください。

主にある希望は、失望に終わることがありませんから…。

あなたの奉仕の対価は、
受け取る用意のある方に、
間違いなく与えられるからです。



―――――

「そればかりではなく、艱難さえも喜んでいます。

それは、艱難が忍耐を生み出し、
忍耐が練られた品性を生み出し、
練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。

この希望は失望に終わることがありません。

なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、
神の愛が私たちの心に注がれているからです。」(ローマ5:3~5)
スポンサーサイト
別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【讃美レベル 高けぇぇ!!】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【天が 開くとき】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。