後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【わたしに何をして欲しいのか】
2012-12-28 Fri 12:23
マルコの福音書の中で、イエスさまは2度、こう問いかけられています。

一度目は二人の弟子たちに。
二度目はバルテマイという、盲目のこじきに。

もちろん、弟子たちの方が主に近く、その考えも恩恵も近しく受けていたわけですが。

主の問いかけ、
『わたしに何をして欲しいのか』(マルコ10:36、10:51)に対して、

愚かな回答をしたのは弟子たちであり、
その恵みに与ったのは、盲のバルテマイでした。



「彼らはエリコに来た。イエスが、弟子たちや多くの群集といっしょにエリコを出られると、テマイの子のバルテマイという盲人のこじきが、道ばたにすわっていた。
ところが、ナザレのイエスだと聞くと、「ダビデの子のイエスさま。私をあわれんでください。」と叫び始めた。

そこで、彼を黙らせようと、大勢でたしなめたが、彼はますます、「ダビデの子よ。私をあわれんでください。」と叫び立てた。
すると、イエスは立ち止まって、『あの人を呼んで来なさい。』と言われた。そこで、彼らはその盲人を呼び、「心配しないでよい。さあ、立ちなさい。あなたをお呼びになっている。」と言った。

すると、盲人は上着を脱ぎ捨て(*)、すぐ立ち上がって、イエスのところに来た。

そこでイエスは、さらにこう言われた。
『わたしに何をして欲しいのか。』
すると、盲人は言った。「先生。目が見えるようになることです。」

するとイエスは、彼に言われた。
『さあ、行きなさい。
あなたの信仰があなたを救ったのです。』


するとすぐさま彼は見えるようになり、イエスの行かれる所について行った。」(マタイ10:45~52)


ここで考えさせられたのは、
①バルテマイが、「何が一番叶えたいことか」を常に明確にしていたこと。
②もし後藤が主に『わたしに何をして欲しいのか』と聞かれたとき、即答できるか?ということ…。

後藤は今、何が一番乏しくて、何が一番必要なのだろう。
その必要を、主が一瞬にして満たしてくれると確信しているなら、何を尋ねるべきだろう…。


……

妄想は色々。でも自分のエゴイスティックな欲求や、世的些事ばかり。

ですが、「主のために生きる」と決めて歩んできた後藤に、一つだけ足りぬ物、欠けている物があった。




それは勇気であるし、信仰である…。残念ながら。

『わたしに何をして欲しいのか』

「主よ、あなたの御名によって宣教する勇気を、信仰を下さい。」





『So be it.(あなたの信仰のとおりになれ。)』

主は呼応して下さいます。
何度でも。その度に私の心を慰めながら…。


『祈って求めるものは何でも、
すでに受けたと信じなさい。
そうすれば、そのとおりになります。』(マルコ11:24)

『心の中で疑わず、ただ、
自分の言ったとおりになると信じるなら、
そのとおりになります。』(マルコ11:23)

『信じる者には、
どんなことでもできるのです。』
(マルコ9:23)




信じます。主よ。
信じます。主よ。
主よ、私があなたを信じることは、あなたがご存知です。


(*)当時の社会では、上着と言うのは単に正装を意味せず、一張羅であり、かつ寝具でもあったようだ。旧約に「上着を質草に取っても良いが、晩までには返却するように」と書かれている。

その上着を放り出して主の下に歩み出たバルテマイは、やはり信じたのだろう。今しかない、この方しかいない、と…。
スポンサーサイト
別窓 | 神さまってどんなかた? | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【Building the Ark】② | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【服喪】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。