後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【生理的にだ】
2012-12-25 Tue 22:40
インド貧乏旅行やらパキのスラムやらランカの刑務所やらを見てきた後藤が、「生理的にダメ」という物は数少ない。が、実は身近に潜んでいるものがある。

それは人の「食べ方」である。
猫背・前傾姿勢で、テーブルに肘をついて、唇を半開きで音を立てて食べる方。それが何とも「生理的にダメ」。

だが、今日昼食時そんなことを、前に座って食べる<一番身近な生理的嫌悪対象>を見ながら考えていると、

「そもそも<生理的>ってどこから来たんだ?」
と主に尋ねられてしまった。



食べ方のマナーは後天的なもの、生きていく中で学んで身に付けた習慣である。
家庭教育の中で「こうあるべきだ」と教えられた食マナーが、他人の食べ方にまで波及し「生理的好き嫌い」へと刷り込まれたということなのだろうか。


だが、10,000年前の地上でマンモス肉に貪りついたり、魚を丸かじりしていた時代の原始人後藤なら、そんなマナーに対する「生理的嫌悪」を感じずにいただろう。また自分の食べ方についても気にも留めなかったはずだ。

自分の食べ方についてであるが、過日知人から「後藤の箸の持ち方が悪い」と言われたこと、オーストラリアのカンフー道場で飯を奢ってもらったときに、道場主の奥さん(白人)から「あのJap は箸と碗をカチャカチャ鳴らして行儀なってない」と言われたことも思い起こされる…。


食べ方ひとつとっても、こうである。
無くて七癖、数えてみたら57,981癖、みたいな。


だからこそ、他人の食癖について寛容であるべし、と諭された。

そしてもし指揮指導できる信頼関係にあるのなら、自分の過去の失敗も挙げた上で、

「社会に出たとき、こういうマイナスがあることは知っておけ」とアドバイスできるかもしれない。


何でもないようだが、食べ方はその人の家庭を、生育暦を表してしまう。
食べ方ひとつで将来の結婚相手に「あなた」はしっかり見抜かれる。

そう思えば、食べる姿勢やマナー、食に対する感謝を日々心に刻んで生きられるはずだ。
スポンサーサイト
別窓 | Christianityってなんですか | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【幸せにしてやりてぇなぁ…】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【♪Let it snow ×3♪】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/