後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【幸せにしてやりてぇなぁ…】
2012-12-27 Thu 22:17
越谷レイクタウンで見た光景。

父親がショッピングモールで、子どもを乗せられるタイプのカートを押してきた。笑顔満面である。そして娘にカートを見せ(リロ&スティッチだぞ!)、娘の喜ぶ顔を見て更に嬉しそうであった。


ああ、これが人間の本質だなぁ…。と思った。



原始時代の始めから、男は妻に、家族に頼られ、そのニーズに応えることで、喜びと誇りを得てきた。

「父ちゃん、ハラヘッタ」「ほれ肉だ」という営みから。
自身の存在理由を、存在価値を、守るべき対象、養うべき対象から、得てきたんだなぁ…。



そんな想いから振り返って、現代社会。

世界では、われら人間のこの原始的な渇望、

「我が子を、我が家族を守るために」
「彼らの必要を満たすために…」


と言う想いが、利用されたり、悪用されたり、枯渇したりしている。

子どもの教育に関するCMがそうだ。

誤爆で子どもを失った父が、反米テロリストに変身するのもそうだ。

それらとは違った意味で悲しいのは、
支える側が感謝されず、支えられている側がその有難さを認めない。そんな状況だ。


「多くの人の愛が冷える(マタイ24:12)」時代にあって。

男の渇望を真の意味で満たしてくれるものは、

妻よ、あなたのちょっとした心配りと、
全てを知る主イエスの慮りのみなのである。
スポンサーサイト
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【Building the Ark】① | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【生理的にだ】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/