後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【ヨナる】
2015-11-25 Wed 08:59
(富はガッツリ持ち出しされているが)
未だにガラパゴスアイランド/Koala's Sanctuary である日本は、ある意味平和だ。

少なくとも自分の近隣に銃声はなく、ヤクもなく、殺人事件も国内で日に一件あればいい方。これは平和だよ。
ま、そのために高い税金を払わされている。必要経費だ。

だが、その平和に完璧ふんぞり返って、水面下で何が起きているか知らず、知ろうともせず、
危機感を無くし、目の前の享楽・消費にだけ向かう人々を見ると、後藤は人嫌いになる。

「こんなモンか?人類」と、
日本人の一部 → 拡大解釈して人類
を憎んでしまう。

でも、気付いて欲しいんだ。
あなたが今、漠然と感じている不安や恐怖は、
実は健全なもの
なのだと。

故に「平和の中にのみ居る」ことの危険を、実は噛み締めないといけない。

徐々に沸いていく湯の中で死ぬカエルと同じく。
変化は目前に迫っているのに、
<戦争してない/負けてないのに、
敗戦国としての戦後になっちゃうような危機や大変動>

が迫っているのに、大半は何も備えられていない。

個人の財務諸表、また世帯の貯蓄率を見ればそれは明らかであるし、
So called 「資産保有」も、(バブル期に握っていた土地を、高値で売り抜けた)ジジババがタンスに所有しているだけだ。


「現在」の延長線上で既に成す術なし、の日本政府が、
「何かあれば面倒見てくれる」?
雇用主、銀行、IMF…等、
「誰かがケツ持ってくれる」?

とでも、思っている??

否。
ケツは自分と子々孫々がちゃんと拭かされる。 安心していい。

ガラパゴスオオトカゲ
<強大なオオトカゲ。でも島全体が災厄に見舞われたら、生き残らん>
【ヨナる】…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【デクノボー な生き方】
2015-11-23 Mon 19:57
前稿で、「人の道の究極は」と言う事について書いた。

イエスさんが示してくれた道、人間にはなかなか、というか到底、たどり着けない「人道の究極」は垣間見えた。

不完全な人間は、残念ながら決して到れない。
俺たちの日常はそもそもダメに溢れている。
そんな人間にできるベストショットは、恐らく「死の瞬間の誠実、信仰、友愛」位だろうな。俺はそう感じていた。

その思考の流れの中、更に様々な指針が与えられた。

一つは、①宮沢賢治著の「雨ニモマケズ」、
もう一つは、②Mom テレサの言葉である。(後述)

―――――

①宮沢賢治著 「雨ニモマケズ」:

宮沢賢治没後に、彼が故郷の岩手県花巻で闘病中に書いたメモ帳が、文壇メンバーの間で閲覧された。
そこで発見された詩が、賢治の代名詞的作品となる「雨ニモマケズ」である。

詩に歌い上げられる「人物」は実在の方で、斎藤宗次郎 と言う。
宗次郎は同 花巻出身であり、地元の小学校の教師をしていた。しかし、師である内村鑑三の影響で日露戦争の際、非戦を訴え戦費納税や徴兵制を非難したため、県当局から睨まれ遂に学校を追われることになった。

退職後は新聞販売を兼ねる書店を経営し、キリスト教の伝道を志した。
新聞配達のために、雨の日も風の日も大風呂敷を背負って走りまわった。
この配達や集金の際に、宮沢が謳い上げたような「病人を見舞い、子供達には菓子を分け、貧困の者には小銭を与え」また「出会った人々の悩みに耳を傾け、争いを解消し」、長期に渡っての関わりの中、土地の人に広く慕われたのだった。

そしてクリスチャンとしては、
弟子の裏切りで傷心していた内村鑑三の愛弟子として、
鑑三の生涯最後の瞬間まで傍らに居て仕えたという。

彼の生き様を指して、宮沢はこう結んでいる。

「みんなにデクノボーとよばれ
ほめられもせず くにもされず

そういうものに わたしはなりたい」

不器用な「デクノボー」だけど、なりたい。と。

―――――

②Mom テレサの言葉:

マザーテレサの残した言葉の中で、後藤の琴線を掻き鳴らす文章がある。

「人は、~かも知れない。
だが~し続けよ」

という定型で語られるメッセージである。例えば、こんな感じだ。

「人はしばしば
不合理で、非論理的で、自己中心的だけれど、
それでも許しなさい。」

「正直で誠実であれば、
人はあなたをだますかもしれませんが、
それでも正直に誠実でいなさい。」

「今日善い行いをしても、
次の日には忘れられるかもしれないけれど、
それでも善を行いを続けなさい。」


上記、世俗の/他人の目から見ると、無為な、無駄な行動。
損得勘定度外視の、「デクノボー」な生き方だ。

だがなぜだろう。
「雨ニモマケズ」同様、
こんなにも温かい気持ちになるのは。

恐らく俺は、
この描写の中に 人としての「究極」、「本物」を見ている。

神の与えてくれた<人として到達できる高み>を、
無私の「デクノボー」は示してくれたのだと思う。

宮沢賢治
<実は 自撮りです>
【デクノボー な生き方】…の続きを読む
別窓 | 「この世の真理」とは | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【沈黙の7日間】
2015-11-22 Sun 22:25
旧約聖書の「俺好み」に、ヨブ記がある。長いけど読んでみて。

人の心理の難しさを垣間見れる/味わえる部分が、その冒頭から盛りだくさんだ。

本文から拾ってみよう。

「ウツの地にヨブという名の人がいた。この人は潔白で正しく、神を恐れ、悪から遠ざかっていた。
彼には七人の息子と三人の娘が生まれた。

(中略&ダイジェスト版。

豊かで家族にも恵まれたヨブ。
しかし突然災いが襲い、資財は取り去られ、
子どもたちは皆死んだ。

自身も体中を皮膚病に冒され、
全盛期と比べ見る影もなくなってしまった。)

そのうちに、ヨブの三人の友は、ヨブに降りかかったこのすべてのわざわいのことを聞き、それぞれ自分の所からたずねて来た。すなわち、テマン人エリファズ、シュアハ人ビルダデ、ナアマ人ツォファルである。彼らはヨブに悔やみを言って慰めようと互いに打ち合わせて来た。

彼らは遠くから目を上げて彼を見たが、それがヨブであることが見分けられないほどだった。彼らは声をあげて泣き、おのおの、自分の上着を引き裂き、ちりを天に向かって投げ、自分の頭の上にまき散らした。

こうして、彼らは彼とともに七日七夜、地にすわっていたが、だれも一言も彼に話しかけなかった。彼の痛みがあまりにもひどいのを見たからである。」(ヨブ記1:1~2:13)

job

【沈黙の7日間】…の続きを読む
別窓 | Christianityってなんですか | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【無力感】
2015-11-22 Sun 21:35
この世の、圧倒的な不条理、
統治機構の腐敗、人民に降りかかる無惨、理不尽… に出会う時。

俺はとことん無力さを覚える。

同時に思う。
「無力感とは、引き摺られる側、動かされる側、被害者の側の持つ感情の筈だ」

俺はじゃあ、被害者の側にいるのか?
誰かに酷使され、誰かの富のために働かされる、
奴隷の側に?

足枷 Shackle

【無力感】…の続きを読む
別窓 | 「この世の真理」とは | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【克己主義的 視線】
2015-11-22 Sun 20:47
後藤は「本上げ」だ。

つまり、「本を上げる」と言う、
超余計なお節介を焼いて販売する。
のみならず、油を注いだりフランベしたりする。

そうやって、自分の厳選した書籍、
ある人の人生をマル替えできるに足る書のみを、
芽のある人に贈るようにしている。

その際、必ず付記するのが「後藤文庫への招待」、すなわち後藤文庫にまつわるルールである。

本メニ―

【克己主義的 視線】…の続きを読む
別窓 | 「やればできる」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【HP/MP】
2015-11-20 Fri 22:02
日常生活で、疲れちゃってる人、
い!ま!す!か!?

職場で学校で、
家庭でさえも、

嫌なこと、余計な一言、
侮蔑、腹立たしい対応


食らう事、あるよね。

俺はこう考えるようにしている。
「そのダメージに耐える
HP/MP(*)があれば、大丈夫」。


そうだ。本質はシンプル。

それらゲージが低下して行く過程で、
人が穏やか → 豹変しちゃうのが問題。なだけだ。

山田さんに15,721のだめーじ!!
山田さんに15,721のダメージ!山田さんは死んでしまった!

(*ゲームによくある表記。
HP/MP = 体力/精神力、みたいな数値。
HPがなくなると死ぬ。MPなくなると気絶する等)
【HP/MP】…の続きを読む
別窓 | Christianityってなんですか | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【ボロネーゼ⑥ 終盤戦】
2015-11-19 Thu 22:08
少し前から、「土壁にシーラント塗ってその上にペンキ塗る」施工をしている。

その成果が、コレだ!

土壁塗り:ライトベージュの威力

土壁塗り:ライトベージュの威力

土壁塗り:ライトベージュの威力

結構きれいなもんでしょ。
【ボロネーゼ⑥ 終盤戦】…の続きを読む
別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【稚拙で】
2015-11-19 Thu 21:24
――― 私は、文章も稚拙で、
読者を惹きつける表現も技術も、
ないわけです ―――



『稚拙で、良いんだよ。』

『逆に、稚拙なものを通してしか、
わたしは自分をこの世に表現できない』

『父なる神の意志、
その御心を告げ知らせることができないんだ』

『幼子のように素直に、従順に、
わたしの声に耳を傾けて、
それを精一杯世に伝えようと表してくれれば、
それで良いんだよ』

幼子のように

【稚拙で】…の続きを読む
別窓 | いま ここに あなたがいる 理由 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【究極は 似る】
2015-11-19 Thu 20:07
究極は似る。
ひとつの道を突き詰める程にそう思う。

茶道の究極は、流派によって多少の差異はあるかも知れないが、

無駄の全くない所作
奥ゆかしさ、に到る
と言う。

(残念ながら、
茶坊主どもはその他諸々を、勿体つけてゴチャゴチャ言う。
根本が分かっていない証拠だ。)

ヘルパー業務のオムツ交換にも、奥義のような物がある。

その人の施工したオムツを見ると力量は大体分かるし、
試合開始後何分時点で、何をしているか。
どのタイミングで何を持って何処を歩いているか。
等でその方の練度は丸裸になる。

それは、何の道 Art でも同じだろう。
理を図り抜き、動線を突き詰めた挙動は、
やはり多かれ少なかれ似るからだ。


究極の土下座
<究極の土下座は…似ない>
【究極は 似る】…の続きを読む
別窓 | 「この世の真理」とは | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【光 突き抜け】
2015-11-19 Thu 19:44
暗闇の時代が来る。否、来ている。
苦難と絶望、争い、飢え渇きの時代が。

だが、主は仰せられた。

『時間の問題 Matter of time.』
だと。

見よ、
暗雲立ち込める空が、
いつしか太陽の光と熱の圧倒的な存在により、
分断され、消え尽きていくのを。

そうだ。
主なる神、我々の太陽は今も、この地を照らし、照らし続けている。

雲を突き抜けるその光

誠に、主にあって暗闇が吹き払われ、
明るく暖かな光がこの地を覆うのはただ、


『時間の問題』

なのだ。
【光 突き抜け】…の続きを読む
別窓 | 神さまってどんなかた? | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【羊の中の狼】
2015-11-13 Fri 22:02
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

別窓 | ジョーク集 | top↑
【矛盾の一つ】
2015-11-13 Fri 21:19
苦しんでいるからこそ
求めるこころが生まれる

【矛盾の一つ】…の続きを読む
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【重っさ】
2015-11-12 Thu 22:30
人は、かつて自分の持ったことのある重量までは、
そこそこ持つことができる。

自分の重量経験以上の物を持とうとすると、どっちか。
覚悟のトライか、さっさと無理だと諦めるか。

―――――

介護ヘルパーをやっていると、重量級のお年寄りをお世話することがある。

車いすからベッドへの移乗、
ベッドからポータブルトイレへの移乗、
病院にてレントゲン撮影台への移乗、など。…。

掛け声「一、二の三…!」でスロットル踏んだ瞬間に分かる、介助者の体を軋ませる重量。

それだけではない。
実際の数値としての重量はあるが、それ以外にも:

持ち易い・持ち難い(拘縮・脱力)、
長身・短躯、
まんべんなく重い・腰部重い、

などで、単に米袋10㎏ × 何袋分、と言えない難しさがあるのだ。


そんな中、超重量級のお婆ちゃんをベッド移乗などする際は、
持ってみた感触で<本気度・覚悟>を改めねばならない。

「これは絶対腰をヤる」という直観があれば、
即本気モードに切り替えねばならない。そんな感じ。

重い

【重っさ】…の続きを読む
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【最難関 二つ】
2015-11-08 Sun 22:25
ボロネーゼ⑥の復旧作業の中で、後藤が未経験ゆえに難関と思っていた箇所が二つ。

A. ベランダのサビ落とし・ペンキ塗りと、
B. 小型犬と思わしき小動物に引っかかれた土壁の処理。

貰った連休で何とか、形になってきた。

ベランダ_鉄部サビ
<見ての通り、このままだと大変印象が悪い>
【最難関 二つ】…の続きを読む
別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【エア失敗者】
2015-11-07 Sat 21:46
後藤が松戸のボロネーゼ⑥に携わり、日がな古ペンキを剥がしたりサビ止め・新ペンキを塗ったりしていると、ご近所の噂が耳に入ってきたりする。

今日も老齢の水道屋(自分の「業界的知識」「お客さん思いのエピソード」自慢がしつこい)と、
ご近所おばさんが駄弁っていた。

一頻り自己称賛が終わった後、老水道屋が声を潜めて言う。
「お隣さん(=後藤)、何か修理しているけど、不動産で下手な物件買うと痛い目見るからネ…。」
「実は私の息子も物件を買ったはいいが、屋根の雨漏りだの外壁だので、1,000万位掛かるって言われて困ってたヨ」

爺さん。言いたいことは二つある。

①何の予備知識もなく、勧められるままに表示価格で買えば、大抵バカは見れる。
爺さん、あなたは、自分の息子をバカに育ててしまったことの証人だ。
②1,000万の修繕であっても、築浅RC造で 路線価2億、
年間家賃収入2,400万みたいな規模なら、修繕1,000万の価値は十分ある。

要するに、自分の主張を支持するために、分かりもしない不動産の「失敗談」「不幸自慢」をするな。ということだ。
【エア失敗者】…の続きを読む
別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【人類最大の悲劇 が】
2015-11-07 Sat 07:14
「Adam's Fall」
=アダムの失楽園。つまり神さまに禁じられていた
善悪の知識の実を食べて、アダム夫妻がエデンを追われた顛末。

実に、アダム・エバ夫妻が善悪の知識の実を食べたことは、
否、神の言いつけを破り、
「自分も神と同じように賢くなろう!」
と欲したことは、
人類最大の過ち、不幸、悲劇…。と捉えられるべきはずの、
人類最初の「神への背信」だった。

そのお蔭で「罪(=自己中心)が人に入った」と言われる。


だが、それを指して、
「The Great Plan for Happiness」
と呼ぶ人がいる。

矛盾である。大いに矛盾である。

アダムの失楽
【人類最大の悲劇 が】…の続きを読む
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/