後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【祈る という自然なる行為】
2011-05-30 Mon 10:33
東関東大震災関連のニュースを見ていて。
アクアマリン福島の復興を願う、沢山の支援者からのメッセージが画面に映し出されました。

その中で目立ったキーワード。それは

「早期の復興をお祈りしています」
「皆さんの健康がまもられることをお祈りします」
「早く皆さんの笑顔と会えることを祈っています」

…祈る?

日本人って、祈る民族でしたっけ?

【祈る という自然なる行為】…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 【信仰の祈り】 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
トポスキリスト教会――上野あおぞら教会
2011-05-25 Wed 14:01
トポスキリスト教会--上野あおぞら教会

毎週土曜日の午後2時(準備は1時)から、上野公園内 旧東京音楽学校奏楽堂の前にて、路上生活者・生活保護受給の兄弟姉妹に向けて礼拝を捧げています。

この教会には、辛い人生の荒波の中で、

現在生活の糧を得る術を失った方、
人間関係の中で受けた傷や痛みから、他人と関わるのに大きな困難を覚えられている方、
障害により就労できず、かつ家族・肉親と連絡が絶えてしまっている方、
家庭生活に耐えられずに家出して、戻るべき場所を失った方、
他に頼るべき人が見当たらない方、

そんな方たちもいらっしゃいます。

トポス教会_礼拝風景

トポスキリスト教会――上野あおぞら教会…の続きを読む
別窓 | 教会へ行く | コメント:9 | トラックバック:0 | top↑
【他人事 vs. 自分事】
2011-05-25 Wed 11:38
聖書の学びを続けていくと、信仰に目覚められる人と、全くどこ吹く風な人との境目が判然としてきました。

それは、「みことばをどこまで、自分に当てはめて読み込むことができるか」と言うこと。
「大昔の他人事(Hito Goto)としてではなく、現代に生きる自分事(My Issue)として、咀嚼できるかどうか」に掛かってきている。と言うことです。

【その男・Nick】
Nick Vujicicという宣教師(と言っていいでしょう)がおります。オーストラリアのメルボルン生まれ。自身も水泳・ゴルフ・サーフィン・釣りなどを楽しまれ、大学を卒業後、宣教のみならず、自分の生活の糧を株や不動産投資などで稼ぎ、かつ、その収益を病院や孤児院運営の支援金として拠出されている方です。

【他人事 vs. 自分事】…の続きを読む
別窓 | 「この世の真理」とは | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【やらされ・圧力】
2011-05-23 Mon 08:55
高校・大学が終われば勉強しないですむ。

ラッキー!

そう思っていた時期が、後藤にもありました。

同様に:
陸上部を引退すれば、走らずにすむ。
カラオケなんか行かなければ、歌の練習などせずにすむ。
日本に戻れば、英語で話さずにすむ。
かみさんが戻れば、掃除・洗濯をせずにすむ。

そんな甘い考えを持っていた時期が、ありました。

【やらされ・圧力】…の続きを読む
別窓 | 「この世の真理」とは | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【罪Sense inside】
2011-05-21 Sat 11:04
私たちの

「あ、悪いことした…」
「………申し訳ありません」
「(人様に顔向けできない)」

という罪Sense。一体いつ、どこでインストールされたものなのでしょう。

考えてみました。考えてみましょう。

子ども時代、母親の教育からでしょうか。
学校の道徳の授業?中学生日記?
友だちとの、それとない触れ合いと、傷つけあいから?

約束を破ったり、他人の秘密をばらしたり、
自分も失望したり、落ち込んだり。そんな原体験から?
内心では思ってもいない慰め・意欲を語って、
その真意を見透かされた時に?

世で成功している人の経験談から?
六法全書?法廷の審議から?
マスメディアの報道する「一般常識」や、善悪論争から…?

【罪Sense inside】…の続きを読む
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【あなたに 祈りを教えよう】
2011-05-20 Fri 18:56
妻との冷戦もあり、しばし私生活に乱れを覚えていたこの頃。
休みの日を一日無駄にして自己嫌悪、というのは誰にでもあることでしょうが、その苦味があまりにひどかった今朝のことです。

AM7:10、起床まであと20分の布団の中で、創造主である神に祈りました。

【あなたに 祈りを教えよう】…の続きを読む
別窓 | 【信仰の祈り】 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【他人ビジネス(Other people' business)】
2011-05-14 Sat 11:56
これまで著者は、東北関東大震災の被災地支援にボランティアとして携わってまいりました。現場にて、その折り重なった家屋の山を目の当たりにし、速やかな地域社会の復活を願う者の一人として、様々な方向性を思索してまいりました。その中で『かさばる木材くず・プラスチックくずの焼却・減容』を検討・調査し、移動式小型焼却炉による震災くず焼却を提案もしました。

計画では①ダイオキシン抑制、②ごみ集積所で燃やすウェイスト・マイレージ(Waste milage)最小の効率燃焼、③被災者の雇用創出 などが語られ、一見理に適う計画であると思われました。アメリカ環境保護局(EPA)の許認可付、米軍、国連や欧州軍の使用実績もある焼却炉であり、事業計画としては「実現可能ではないか」と浅慮していました。

しかし、調査を進めるにつれ、「燃焼させる」こと自体の危険性が認められました。
我々が日常生活で目にする物の多くに、燃焼させることで揮発したり、地下水に浸透する有害物質、重金属などが含まれています。放射性物質と同様、食物連鎖を巡りめぐって最終的に人体に濃縮されることに変わりありません。しかも、それが多くの「現代病」の引き金になっている可能性を、思い知らされたのです。

また併せて、高度経済成長期と謳われていた時期に、どれだけ多くの「負の遺産」を我々が残したのか。そんなことも見えて参りました。本日は少し、その共有をさせて頂きたく。まずは、身近で・ショッキングな事例から。


【他人ビジネス(Other people' business)】…の続きを読む
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【いま苦しんでいる あなた】
2011-05-12 Thu 10:00
いま苦しんでいる あなた
あまりの喪失に 流す涙もなく
呆然と立ちすくんでいる あなた

いま悲しんでいる あなた
愛する良人を 息子を 娘を
父を 母を 亡くして
思い出ばかりを抱えている あなた

いま倒れている あなた
抜けた力が 入らず
今後 希望などあるものか と
虚ろな目で空を見返す あなた

「どうしてですか」
「なぜ私が」

【いま苦しんでいる あなた】…の続きを読む
別窓 | 神さまってどんなかた? | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【多くの奇跡物語】
2011-05-03 Tue 12:17
聖書の中には、奇蹟の御業の記述が多く残されています。

新約聖書では、主イエス・キリストが行なった癒しと赦しの奇跡が羅列され、特に初めて聖書を読む方にとっては:

「眉唾もンだ」
「聖書自体はいい話だけど、奇蹟なんて本当にあったの?」
「水がワインに変わり、死者が生き返るなんて、…やっぱりないのでは」

そうした疑問が持ち上がるかもしれません。

【多くの奇跡物語】…の続きを読む
別窓 | Christianityってなんですか | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【厳しい父性、愛なる母性】
2011-05-03 Tue 10:50
聖書に残る、創造主である神さまの御姿。

旧約と新約、つまり神との古い契約と、
主イエス・キリストの救いに対する信仰により与えられた、新しい契約。

そこに現れる神の『御性質』を今日は少しお話したいと思います。

【厳しい父性、愛なる母性】…の続きを読む
別窓 | 神さまってどんなかた? | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【土壌に蒔かれた種】
2011-05-03 Tue 09:31
聖書を読んだことのある方なら、主イエス・キリストの語られた『種を蒔く人のたとえ』をご存知だと思います(マタイ13:1~23、聖書からの引用下記)。

この話の中で、ある種は道に落ちて鳥に食べられ、ある種は岩地に、ある種は茨の中に落ちて、伸びることができませんでした。しかし、良い地に落ちた種は実を結び、100倍、60倍、30倍にもなったと言われます。

ここで考えて欲しいことは、『種を蒔く人』がなぜ、道路や岩地に出るほどに力投してしまっているのか?
茨(いばら)の地に落ちるほどに、種を蒔いてしまっているのか?そんなことです。

【土壌に蒔かれた種】…の続きを読む
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【マザーテレサの 祈り】
2011-05-02 Mon 09:52
『苦悩のなかにある時、
孤独な時、
問題を抱えている時、

このことを思い出してくださると励まされます。

忘れないで下さい。
あなたは神の手の中に居ることを。

そして、あなたが苦悩の中で、
もっとも苦しんでいるまさにその時、

神のまなざしがあなたに注がれているということを。

あなたは神にとって
かけがえのない者だと言うことを。』
(『祈り』 マザーテレサ、ブラザーロジェ著)
別窓 | 【信仰の祈り】 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【ローマの虚無】
2011-05-02 Mon 09:49
今日は、使徒行伝の最後、パウロがローマで向き合った/向き合おうとしていた、ローマ皇帝ネロの行いと人物像に焦点を当てて話してみます。

というのも、幸か不幸か、そこからキリスト教が

『ユダヤの一宗教』から
『世界的信仰』に生まれ変わっていくからです。

ただし、その過程で多くの殉教者と、イスラエル滅亡という痛ましい事件が起きました。

暗君ネロは、その悲惨 全ての原因では無いかも知れません。
しかし、多くの意思決定を行なった者である事には変わりないのです。

以下、簡単な年表を記載しておきます。
●AD54年:ネロ即位(~AD68)
●64年:ローマの大火、本格的なキリスト教徒の迫害開始。
 この頃、パウロ、ペテロら、ローマにて殉教したと考えられる。
●66年:ユダヤの反乱。
●73年:イスラエル滅亡、ローマの管理下に。
【ローマの虚無】…の続きを読む
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/