後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
中国の古典と 聖書
2010-06-29 Tue 01:53
(ご無沙汰しております。謝罪するのもオコガマしく…、何事もなかったようにまた日々更新を再開すれば、目に留めてくださる方もあるだろう、と開き直って---うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、---再びPCに向かいます。)

標題、昔自分は中国古典が好きで良く読みました。中でも貞観の治で知られる唐の太宗と、その右腕 魏徴のやり取りや、三国志、項羽と劉邦、中庸、老子、はては菜根譚に至るまで。人間の深奥に迫る旅を、聖書に触れる前から少しだけ始めていたのです。

そして最近になって、かつて読んだ「36計」の韓非子の、まとめ/解説本(人間学読本 男子 一日に百戦す---韓非子)を、ブックオフ大人買い(105円)コーナーで見つけ、拾ってきたのです。

その中で、「現代中国人による「韓非子」批判」という章があり、郭 沫若さんという方が書いている部分ですが、キリストの教えと比べ考えさせられることがあったので、筆を取ったわけです。
中国の古典と 聖書…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | Christianityってなんですか | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/