後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
上野 青空礼拝 トポス教会より 今週の自由詩人
2008-04-28 Mon 10:10
上野公園で毎週土曜、2時から礼拝と炊き出しの活動を続けているトポス教会。その場を借りて、”しもべ”こと ごとうは、上野の兄弟姉妹に「詩を書いて」とお願いしています。

(上野の兄弟姉妹は、皆さん非常にシャイです。頼むときはナンパと同じく、「一人ひとりに」「目を見て微笑んで」「誠心誠意頼む」のが鍵だと、最近気付かされました。)


今週は、こんな素敵な詩(証)の投稿がありました。皆さんに共有します。

ペンネーム 山之内 一豊の妻 さん(男性です) 宮城県 大崎市 46歳

「神はいつも 試練を与える。
雪や雨を降らせ ホームレスを悩ませる。
その都度、いやだ いやだと思う自分がいる。

日中はまだしのげる場所があるが
夜はどうしようもない。
特にお金の無い時は なおさらである。

神は喜びや感謝もあたえる。
ホームレスの私には 雪や雨が降らないことが
一番の喜びであり 感謝です。」

「私は去年の12月から東京(上野中心)で
ホームレスをしています。
アルミ缶を集めて得たお金と、炊き出しを利用しています。

私は東北の生まれですが、東京の冬も寒かった。
三月の桜も、見ることができました。

しかし、
今の私の本当の一番の感謝、喜びは
"キリスト教の御言葉と説教を聞く"事です。
礼拝(教会も含む)の場所に行くのに、にこにこして
自然に足が向いている事です。
楽しいです。

今では、アルミ缶を集める時も、祈ったり
賛美を歌ったりして行動しています。

一晩中動いて朝7:00までには
外神田の公園に戻っています。
行動範囲は、上野~新橋、麻布台、他。

一人で行動していますが、一度も怖いとか
トラブルに巻き込まれることなく
ここまでこれました。

そんな中、先日教会名は言えませんが、洗礼を受けました。
私は変わったような気がします。

今年の冬までには、宮城県に帰って
仕事をしようと考えています。
ホームレスをやめる決心がつきました。

家には帰れませんが、幸いに家族以上に
私のことを心配してくれている
人がいる。友人がいる。

私の帰りを待っていてくれる人がいる。

今すぐにでも帰ればよいのだが、
もう少し東京の一年間を経験して
冬までに帰ろうと思う。
もっともっと、上野公園での御言葉を聞きたい。

今の私は、死ぬのが怖くなくなりました。
いつもイエス・キリストがそばにいるから、
それを実感している毎日です。

最後に、私とキリストを出会わせてくれた方々
炊き出しをしてくれる方々に、感謝します。

ありがとう、ありがとうを言います。

そして、社会復帰した私を見てもらいたいです。

そして、遠くからだと思いますが、
落ち着いた頃には、微力ながら支援をしたいと思っています。」


トポス教会の働きは、まさに"水面にパンを投げるような"成果の見えにくい活動かもしれません。

しかし、聞く者の耳を開くのもまた、主だとすれば。
上野の兄弟姉妹の中にも、上記のような方々がたくさんいらっしゃることを、改めて気付かされるのです。

こうした素晴らしい上野の兄弟姉妹、また彼らを支えるトポス教会に、
読者の皆さまの祈りと、応援をよろしくお願いします。

ごとう ひでたか 拝
スポンサーサイト
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
上野公園の奇跡
2008-04-12 Sat 21:50
今日は上野公園でとても素敵な証を頂きました。短く共有させて頂きます。

上野トポス教会の青空礼拝について過去に話しましたが、最近そこで「上野 自由詩人 くらぶ」活動を開始しました。しばらく更新無いと思ったら、こんなことしてたのね。

これは今、ホームレスという状況にある上野の兄弟姉妹に、詩を書いて頂けませんか。そう呼びかけるものです。ルールはいたって簡単、

①自分の想いや感情、日々の気付き、悩みや後悔などを飾らずに書いて下さい。
②形式は一切問いません。
③オリジナル作品に限ります。

この発表をした日に、即興で素晴らしい句を書いてくださった方。それがTさんでした。

「吹きすさぶ 春の嵐の 野公園
我が子を想い 一人涙し」

この句を頂いてから、Tさんと私の間で、少しずつ会話が始まりました。
上野公園の奇跡…の続きを読む
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
【むき出しの 殺意】
2008-04-01 Tue 09:02
とあるホテルの玄関口で。
口論になった男性客の内一人が、ポケットから小型ナイフを取り出して相手の胸を突いた。

怪我自体は大したことはなかったが、

その刺突行為があまりに迅速、
かつ急所を狙った打撃であり、

そして何より

むき出しの殺意を伴って放たれた為、

相手はパニックを起こし、救急搬送された。


【むき出しの 殺意】…の続きを読む
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。